キッチン

 歯の役割を整理すると、「切歯」(動物では「門歯」とも呼ばれる)は、食べ物をかみ切ります。その中で、「中切歯」は、平べったくて、根は円形です。「側切歯」は、中切歯とよく似た平べったい歯です。その隣が「犬歯」で、食べ物を切り裂きます。その歯は、先が尖っていて、顎の動きの基本になります。その隣から臼歯が並んでいて、食べ物をすりつぶします。その1番目が第一小臼歯と呼ばれ、上の第1小臼歯は特に重要で、下顎固定の役割をします。第2小臼歯は、かみ合わせの安定を保つ歯と言われています。第1大臼歯は、食べ物を噛むために最も重要な歯です。第2大臼歯は、上下とも12歳前後に生えてくる歯です。第3大臼歯は、「親不知」とも呼ばれ、生える時期や生え方に個人差がある歯です。

 この中で、第1大臼歯(奥歯)は、永久歯の中で一番大きく、噛む力も一番強い、噛み合わせの基本になる大切な歯です。しかし、むし歯になりやすい歯でもあるため、生えてきたら積極的なむし歯予防が必要です。人間は、これらの歯をもって様々な食べ物を飲み込みやすく、消化しやすくしてきました。

 「キッチンの歴史」(ビー・ウィルソン著)の中で、人間の歯のうち、下の門歯と上の切歯との噛みあわせは、古代人と現代人では、大きく異なると書かれてあります。この本に書かれてある学説によれば、畜肉などの硬い食品を咀嚼するとき、テーブルナイフを巧みに使って細分する習慣ができて、はじめて上歯が下歯に被さるという、いまの構造ができあがったというのです。人間の歯の変化は、何の肉を食べてきたのかというのではなく、何を使って食べてきたかという問題だというのです。

 道具の発明とその使用によって、人間の体は変化してきたようです。西洋史家である樺山紘一氏が日経新聞に批評を書いています。この部分について、彼は、「これが本書の真骨頂。世上、溢れるほどのグルメ本は、食事の内容に注力している。だが、ここは料理や食事の方法だ。どんな道具や器具を使うか。そのために、どんな改良や工夫がこらされるか。頻繁にあてられる言葉によれば、料理のテクノロジー。」と批評しています。

 樺山氏は、この観点から、食行為を考えてみています。「調理に利用される焼き石と焼鍋、金属釜と陶器鍋。あるいはすりこぎとミキサー、そしてパン焼き窯と電子レンジ。ことなるテクノロジーの適用による変化・改革は、たしかに食事の情景を決めてきた。食事に援用される器具・道具の如何もその応用問題だ。テーブルナイフにくわえて、スプーンやフォークの登場と改良が、変化をうながしたことは、周知のとおり。さらにはフォークか箸か、または素手かによっても、食事の全様相がちがってくるだろう。」どうも、私が目次から考えたことが書かれてありそうです。

 樺山氏は、さらに「こうして料理文化に、ことなった系統や流派がうまれた。もうすこし現実味のあるところならば、食事をスローフード運動でしっとりやるか、モダニスト料理でスマートにやるか、ということでキッチンの違いも歴然。人類の料理史をとおして、食べるほうからではなく、作るほうから観察してみよう。テクノロジー全史としてみると、じつに斬新である。古代技術と現代の高度技術とが、意外にもおなじ平面で比較できることも、驚きである。というわけで、この本はかなり難解な問題への挑戦とみなしたい。とはいえ、洒脱(しゃだつ)なユーモアと料理を作る側の経験知によって、よくも読みやすい一書にしあげたものだ。訳文が、こころよいリズム感をかもしだしているのもなかなか。」と評しています。

なかなか面白そうな本です。

キッチン” への10件のコメント

  1. 歯については巷間8020などと言われ、大切にすることが奨励されてきましたが、特に20代不摂生この上ない暮らしをしてきた私は、そのつけを30代後半からこの方支払う破目に陥っています。実に情けないことではあります。今では、少しでも歯の痛みを感じたら即歯医者に行くようにしています。去年、かかりつけの歯医者に行ったら当ブログのコメンテイターの一人に偶然お会いしました。若いうちから丁寧に歯のケアを行う、実に感心感心。さて、調理器具や食事の道具から人類のテクノロジー史を見てみる、何とも楽しそうです。この「キッチンの歴史」から人類とは如何なる存在かもみえてくるような気がします。食という行為に焦点を当ててみた時、どのような光景が私たちの目の前に展開するのか。料理法の相違は私たち人類の文明の奥行き?のようなものを示してくれるようにも思われます。「なかなか面白そうな本です。」、私も同感です。明日以降のブログから調理器具や食事の道具の様々なことが学べると思うとワクワクします。

  2. 「人間の歯の変化は、何の肉を食べてきたのかというのではなく、何を使って食べてきたかという問題だというのです」このような視点もあるのですね。確かに言われてみればそうなのですが、なかなか気がつきにくい視点であるようで、おもしろいです。第2大臼歯が12前後で生えてくるということにも驚きました。そんなに後になって生えてくるものなのですね。「お、なにやら奥歯が生えてきたぞ」というような感覚がなかったので不思議な気がします。この間、歯医者さんに親不知が4本あるということを指摘されたので、今後のことが少し心配な今日この頃であります。「訳文が、こころよいリズム感をかもしだしているのもなかなか。」とありました。先日、同時通訳の方のドキュメントを見ましたが、日本語の表現法をとにかく大切にしているということが伝わってきました。的確に相手の思いを伝えるために必要なことを感じるようでした。話は逸れてしまいましたが、ますます本の内容(解説)が楽しみになってきました。

  3. 人体でもっとも硬い部分である歯。頑丈に作られ、歯のひとつひとつにしっかりとした役割が存在しているのですね。歯を調べてみると「高齢者への調査で、歯が多く存続しているほど活動的である事がわかっている」と書かれてありました。どのような活動性であるかは不明ですが、意欲・精神面・運動などと、歯は心と体両方に関連しているのかもと感じました。また、食事の際、“よく噛んで食べること”を促されます。それにも、咀嚼の刺激と心のつながりがあるようにも感じます。そして、食べ物ではなく、歯や道具から「食」を考えることもできるのですね。「食」というと、どうして食材や栄養などと考えてしまいがちですが、道具の変化と人間の体が変化していく様子を思い浮かべたらなんだか面白くなってきました。

  4. 小さい頃歯並びが悪く長期間に渡って矯正をしてきました。今では矯正をする必要がなくなったのですが歯医者さんから以前歯並びの重要性の話をしてくださったことを思い出しました。その歯医者さんは歯並びが噛み合わせに関わってきて噛み合わせが悪いと健康面にも支障が出るとおっしゃっていました。今日のブログで歯の一本一本に役割があることを知り、その役割を噛み合わせが悪いことにより発揮できないことが人間の身体にも影響してくるのではないかと思いました。
    最近歯科医院の数が多過ぎるのではないかという話を耳にします。よく比較されるのが歯科医院の数とコンビニの数です。人が生活していく中でコンビニは無くてはならない存在です。そのコンビニと同数もしくはそれ以上ある歯科医院。それだけ歯が重要だということが伺えます。人が生きていく中で最も必要不可欠な食。その歴史から浮かび上がる歯と食器の密接な関係性にとても興味が
    湧いてきました。

  5. 確かにおもしろそうな内容の本です。食事を内容からではなく作る方から眺め、そこから人間の変化が読み取れるというのはあまり考えた事のなかったことです。人間の歯の形状が変わってきたのは何を食べてきたかによると思っていましたが、どんなものを使って食事をするかが影響してきたということには驚かされてしまいます。でもよく考えるとそれもなるほどと思えてきます。台所事情は国によって文化によってずいぶん違っている事を写真なんかでも気づかされます。日本の台所はあらゆるものが進化していると思っていますが、反対にシンプルな器具のみを使っている国もあります。ではそこの食事は美味しくないかというとそんなことはなく、実に美味しいという体験を何度もしてきています。何に重きを置いているか、そんなことも台所から見えてくるかもしれません。本の内容からは逸れてしまっているかもしれませんが、自分の体験してきた台所を思い浮かべ、そこでいただいた食事も思い浮かべ、なんだか楽しい気持ちになりました。

  6. 食事を何を使って食べてきたか?により人間の歯の形が変化してきたのは面白い発見です。私の勝手なイメージで人類は最初は顎が出ていて、下の歯が、上の歯を被さっている状態から、食べ物の変化で自然と今の形になってきたと考えていました。道具という環境により人間の体は進化してきたのですね。藤森先生が保育を考える上で人類の進化からよく話されますが、今回のブログは料理道具から人類の進化を見ることができます。一見、保育と料理道具を並べるとリンクしない気がしますが、人類の進化から考えるという点ではリンクするのですね。

  7. 食するものからではなく使っている物からという考えは思いつきませんね。口に入れてからが問題だと思っていたところが口に入れる前の調理道具でどんな食材に変化していき歯にどんな影響を及ぼしたかという視点というのに驚かされます。日本の料理は繊細できめ細やかな印象があるため、キッチンには様々な調理器具が多い印象を受けます。そういった視点でキッチンを想像するとでなんだか幅広い楽しみ方ができますね。このブログを読むことで様々な視点から物事を見れるというのはとてもおもしろいですし、勉強になります。保育に対しても様々な視点を見つけ、発見出来る力をつけていきたいと感じます。

  8. はっきりとは覚えてはいませんが、言われてみれば発掘等で見つかった骸骨の歯は被さるというよりもきっちりと重なっているイメージがあります。 スプーンやナイフといった食の環境に合わせて、体のつくりを柔軟に変化させてきた人類。そして、体のつくりよりも変化させやすい人の意識も、現代の環境に合わせて変化してきてる。
    環境が人に及ぼす影響の強さと人が柔軟に進化していくすごさを感じます。

  9. 「人間の歯の変化は、何の肉を食べてきたのかというのではなく、何を使って食べてきたかという問題」というのは今まで考えたこともありませんでした。きっと肉ばかりを食べる生活を続ければ歯は次第に鋭く牙のような歯になるのでしょう。逆に草や葉っぱばかりを食べる生活になれ歯はすりつぶすのに適した歯になるのでしょうが、それは考えたことがありました。しかし「何を使って」というのが面白いですね。これは藤森先生が講演の際におっしゃっていた人間の特徴である「料理」につながる最初の行為だったのではないのでしょうか。

  10. 人の進化はどちらかというと身体に出てくるものではなく、「食文化」といったように外からのものがほとんどである。と思っていたのですが、その食文化が人の歯の形を変えるきっかけになっているというのは不思議な感覚です。「歯の進化は何を食べてきたか、ではなく、何を使って食べたか」人独特の視点ですね。それだけ、ひとはいろんなものを発明してきたということに驚きます。そして、それが人に大きな影響を与えた。その発明に至る人の探究心や好奇心、向上心や「便利」ということに対する工夫。「食」ということからも人の発展や発達が見えてくるのはとてもおもしろいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です