若者

 日経の記事の中で、人材コンサルタントの常見陽平氏が、働く凄さを伝えようということを提案しています。現在、としない若者が増える一方で、前向きすぎて空回りする若者も問題になっています。彼らのことを「意識高い系」と呼び、警鐘を鳴らしていま。

 「意識高い系」は、こんな特徴があるそうです。「就職難を受け、就活突破を目指し学生自身が団体をつくる例が増えた。そこにベンチャー起業家が招かれ、熱く仕事を語る。学生はあおられ、感動し、『仕事で自己実現しなくちゃ』『仕事は面白くないとダメ』『いっぱい稼がないと』と言い始める」そんな彼らは、「ビジネス書、歌、漫画や小説と、ただでさえ『自分こそ主人公だ』と若者をあおるものがあふれている。社会人になると自己啓発本や自分磨き系ビジネス誌を買い、デジタル機器をそろえ、異業種交流会や勉強会に足を運ぶ。これでは収入は増えず、仕事ができるようにもならない」

 このような様子は、いろいろなところで若者に見られる、ある種の行動のような気がします。それは、若者らしい、積極的で物おじせず、いろいろなことを学ぼうという姿勢です。しかし、その行動に首をかしげることがあります。どうも、最近あちらこちらにグループで旅をしているお年寄りに似ている姿を見ることがあります。積極的に、見聞を広げようといろいろなところへ行くことを計画します。しかし、その旅の途中では、もう次にどこに行こうかと相談が始まります。まず、出かけて行って、何がしたいのか、何を学びたいのかわからずに、行くこと自体に目的があるようです。ですから、行って満足、計画を遂行して目的達成なのかなと思ってしまうのです。それと同じようなことを若者に感じることがあるのです。研修で何を学ぶというよりも、研修を受けることだけが目的になり、次の研修は何にするかを研修を受けながら考えます。このような就活は効果があまり期待できません。頑張っているのに、なかなか報われません。

 そんな時にこんな助言をしています。

 「すごい人にならなければという幻想が膨れ、不安になっている。(米アップル創業者の)スティーブ・ジョブズにあこがれプレゼンテーション技術を磨くが、実際のビジネスでは地道な商談で受注が決まる。ちゃんと企画書を書けるよう古典を読んで日本語を磨いた方がいいのに」

 このようなことは、多くの知識人が言っています。世界で数人しかいない人に自分もなれると思って目指しますが、もう少し自分らしさを磨いたほうが他から重視される存在になります。英語を必死に学ぶよりも、きちんと日本の文化が語れるようになった方が、外国では尊重されます。しかし、最近の環境が、若者を迷わせているようです。

 「ネットも不安に拍車をかける。ネットでは同世代の活躍が大きく取り上げられる。また、ネット検索では確からしいものが上位にすぐ出る。ふだんからこれに慣れると、常に最短距離で正解を得ようとする癖がつく。実際はまだスマホやフェイスブックを使っていない学生も多い。しかもツイッターもフェイスブックも若者には飽きられ始めているように見える。学食で聞いていると、学生の話題は昔と同じように単位や就活や夏休みだ。ネットを武器に若者が社会を変える、といった話は大人も若者もうのみにしない方がいい」

 若者文化に精通していると、さも知ったようにいう人がいますが、実は、その奥にある物は違うようです。もっと、大人も自信を持った方がいいようです。