桃から豆

 昔話には、深い意味があります。例えば、最近映画になった「かぐやひめ」伝説にも、ずいぶんと深い意味があるようです。また、「桃太郎」の話にも深い意味があります。最近、桃太郎が最後に鬼が島から鬼の宝物を持って帰るという部分を取り上げて、他人のものを取り上げるのは泥棒だということで、鬼が盗んだものをもとに返すという設定にしたりしています。

 しかし、そもそもなぜ、桃から生まれなければならなかったのでしょうか?桃から生まれて桃太郎が、なぜ、鬼退治に出かけたのでしょうか?平安時代、天文暦学の道に精通し、さまざまな奇跡を起こした陰陽師・安倍晴明を祀る晴明神社の境内には、「厄除桃」があるそうです。桃は、陰陽道では魔除け、厄除けの果物とされているからです。桃は、不思議な果物です。

 中国では古くから「長寿」の効力があると思われてきました。それは、桃の実だけでなく、中国では桃の花びらを浮かべた水を飲みますが、それは花びらが流れてくる川の水を飲んだ者が三百歳まで生きる事が出来たという古い話からきているようです。また、世界の果てに大きな桃の木が生えていて、木の上の番人が、隙間から悪い鬼が入ってくるのを取り締まっているなどという話もあり、邪悪な物は桃を嫌うと考えられていたようです。これ以外に、桃はその形・文字・実の成り方などから「豊穣」や「多産」をも意味すると言われています。

 日本では、どうでしょうか?古事記や日本書紀に桃が出てきます。イザナギが亡くなったイザナミをたずねて黄泉の国に行ったところ、あまりの醜さに驚いて帰ろうとしたところ、イザナミは、八種の雷神と千五百の黄泉つ軍に追わせます。いろいろなものを使って逃げようと、やっとあの世とこの世の境にある『黄泉つひら坂』にたどり着きます。「そこには一本の桃の木が生えており、まだしつこく追ってきている軍勢に、その桃の実を三つ取って、ぽんぽんぽんと投げました。すると不思議なことに黄泉の軍勢たちは皆、桃を嫌ってザーッと逃げ帰りました。命びろいをしたいざなぎはその桃に向かって、「わたしを助けたように、この国で苦しい目にあって悩んでいる者がいたら、これからも助けてあげなさい」と言い、この邪気を払う桃の木に『おほかむづみの命』という名をさずけられたのでございます。」とあります。

 この神話から、「桃=魔除け」と言う思想が日本にもあったことがわかります。ですから、厄(邪気)である鬼を追い払うのは、桃から生まれた桃の精でなければならないのです。実際に、桃は漢方では欠かせないもので、種子は「桃仁(トウジン)」と言われ、血液の循環を良くし、血栓の形成を防いでくれる働きがあるといわれています。消炎・抗菌・鎮痛等の効果もあってよく婦人薬には処方されるそうです。また、桃の実は、肌に潤いを与え美容に良いとされています。葉の方も、乾燥させてお風呂に入れれば、アセモや湿疹に良いとされ、日焼け後の肌の赤味を抑える働きもあるようです。このように、中国では、桃の木には、体の中の悪いものを取り除く力があるとされています。それが日本にも伝わって、ひな祭りの時に、桃の花が使われるようになりました。

 室町時代になると、それまで悪魔を払う力があるとされてきた桃への信仰がすたれ、変わってでてきたのが大豆でした。そして、武家社会の発展、これに続く庶民の文化の発達により豆による追儺が広がります。そして、節分に豆を撒いて悪魔を祓う事は、江戸時代になって盛んになります。豊かな蛋白質を有するのが大豆を炒ったものを「鬼打豆」と称し、節分に豆を撒いて悪魔を払うようになったのです。

桃から豆” への8件のコメント

  1. 桃から大豆へ、これはまさに日本史です。公家政権から武家政権へ、そうした歴史の流れを見て取ることができますね。黄泉の国からやっとこさで戻ってきた伊弉諾命が桃の実を投げて追手を振り払う話、思い出しました。その時は何とも思わなかったのですが、こうして今回のブログで厄除け桃について故事来歴をを教えてもらうと桃の効用についてあれこれと思案できます。桃と長寿、といえば西洋世界にはシャングリラで知れ渡っている「桃源郷」です。この世の極楽、長寿の村。どうやら桃も東アジア世界を結びつける果物ということがわかります。しかも、桃の花はひな祭りに、桃の実は桃太郎に、結実します。もっとも桃の実は夏冷やして食べるとこれがまたうまい!甘さと涼を同時に頂けると果物です。実にありがたいですね。しかし、室町時代になると、桃に取って代わって大豆となりますが、これはもう禅宗の影響でしょう。この頃からお豆腐がよく食されるようになりました。お坊さんたちの精進料理には欠かせない高たんぱく食品のお豆腐。当然、大豆から出来ています。桃に代わって大豆が登場する経緯もなんとなくわかりますね。桃から豆へ、の変遷、今回のブログでよくわかりました。

  2. 桃太郎が、桃から生まれた桃の精であることに意味があると同時に、鬼という厄を払うには、桃はうってつけの存在であったということですね。桃には「魔除け・長寿・豊穣・多産・美容・消炎・抗菌・鎮痛」など、多くのいわれや効能があるとされ、まさに重宝されてきた様子がうかがえます。邪気を払い、不老長寿をもたらす果物は、ほかにあるのでしょうか。そんな桃よりも、社会の変化とともに需要が高くなったのが「大豆」ということで、鬼を払う点とうまく結びついたのが、現在「節分」の行事となって伝承されてきていると認識できました。伝承行事といわれるものも、決して同じやり方が続いているのではなく、その時代に関連する物が影響して、少しずつ姿・形式が変わってきていることが読み取れます。恵方巻きという文化も、今の時代によって何かから変化したものであるのかもしれないと感じました。

  3. 桃は中国では長寿や邪悪なものを払ったり、日本でも魔除けの役割があったり、漢方などにも用いられていたのですね。桃の役割の多さに驚きます。鬼を払うのは桃から生まれた桃の精でなければならないというところから桃太郎の物語がきているのですね。ちゃんとそのような意味があるのですね。昔の人が物語や風習に思いを込めていたのが伝わってくるようでもあります。追儺から節分へと庶民の文化に変わっていたのですね。桃は当時からやはり高価なものだったのでしょうか。当時の人々からすれば桃よりも大豆の方が手に入りやすかったのですかね。豆を「魔目」と考えるあたりも発想の柔軟さを感じたりします。

  4. 桃太郎の話しを聞いても特に思うことはありませんでしたが、こうしてブログに書かれて、じっくり考えると不思議ですね。確かになぜ桃なのか?そして鬼退治・・・確かに話しの流れとしては面白いと思います。どうやら中国では桃は長寿であったり、厄除けと果物の中でもとても重宝されていたようですね。自宅の近くに桃源郷というお店があります。また何かで聞いたことがあるのですが、調べてみると桃林に囲まれた静かな土地、理想郷と書かれてあります。ブログに書いてある桃についての内容と何となくリンクしている気がします。それだけ桃は不思議な力を持っているのですが、桃は少し高価な印象です。皆さんがコメントされているように、簡単に手に入りやすい大豆に魔除けとしてシフトしたのかもしれませんね。

  5. 食べられる果物は少ないのですが、その少ない中で特にお気に入りなのが桃です。ここで書かれているような効果については全く知りませんでしたが、とにかくあの味には魅了されています。昔から大事にされてきたように、あの実には何か不思議な力があるのかもしれません。今はその味や甘みに商店があたり、収穫するよりスーパーなどで買うだけの人の方が多いんでしょうか。実際になっているところを見ることなく、書かれているような力をそこに見いだすことは難しいかもしれないですね。今後はこうした物語が登場することは少ないのかもと思うと、少し寂しい気もしてきます。

  6. 私は果物中で一番好きです。印象としては非常に甘くて食べやすい果物という印象です。そんな桃が数多くの役割を果たしていたということを知ると、なるほどと驚くことばかりでした。可愛らしい形の割に昔から『魔除け』として用いられていたのですね。そんなことを知ると素朴な疑問としてあったなぜ桃太郎は桃なのだろうという思いが解決できすっきりします。神話に出てくる登場人物や物に対して深く考えず出て来た物を素直に受け入れてきましたがこうして掘り下げていただくと様々な意味があることを知ることが出来ます。他の神話でも何気なく出て来ているものでもきっと意味があって使われていると思うと奥深さを感じますね。

  7. モモや大豆など、歴史や神話の中で登場する野菜や果物にも、諸説ある中、いろんな意味合いがあるんですね。桃も「桃の節句」などに登場しています。なぜ、桃と一度は思ったのを思い出しました。何か意味があるとは思っていましたが、まさか、魔よけの意味があるとは知りませんでした。過去に読んだ「本当は怖い日本の民話」というのにも、桃太郎は川から流れてきた桃を食べたおじいさんとおばあさんが若返り、子どもを産んだのが「桃太郎」だったらしいです。時代は江戸になり、桃から大豆になったというのは驚きです。その時代によって、魔よけに使われるものが変わってきたんですね。

  8. 桃に「厄除け」「長寿」といった力があるとは知りませんでした。「桃太郎」でなぜ桃から鬼退治ができる強い赤ちゃんが生まれてくるのかというのわかりました。桃源郷というものも、桃の「長寿」といった
    意味が関係しているのですね。
    室町時代以降に武家社会の発展、庶民の文化の発達により桃から大豆へと変化したのも初めて知ったのですが、確かに今でも高級な桃から比較的手に入れやすい大豆へと変化していったのはわかる気がします。
    健康でいたいと思う気持ちはいつの時代も同じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です