就学前から高校

 バラック・オバマ大統領は2013年2月12日、二期目就任後初めての一般教書演説を行いました。その中で、就学前教育について触れています。昨日のブログに引き続いてこのように演説しています。「ジョージア州やオクラホマ州のように、最も早い時期の子どもたちの教育を優先する州では、生徒たちがより該当学年の読みや計算をし、高校を卒業し、仕事を持ち、より安定した家庭を築くことを期待できるように成長することを研究が示しています。私たちはこれがうまく機能するのを知っています。だから、機能させてどの子どもたちも人生のレースにおいて早くも後ろのほうからスタートすることがないよう確実にしましょう。子どもたちにその機会を与えましょう。」

 オバマは、きちんと研究データに沿って政策重要項目を挙げています。日本では、なかなか研究データを根拠にした政策、また、子どもの権利条約を批准したことの反映など対応が遅い気がします。たぶん、アメリカと違って、手順に手間がかかるのでしょうか?しかし、そのうちに子どもたちは大きくなり、社会に出たときにその結果としてのひずみが出てしまいます。教育は、結果がのちに出てくるものであるだけに、その対応は急がなければなりません。オバマは、演説をこう続けています。

 「また高校卒業証書が子どもたちを良い雇用への道につかせることを確実にしましょう。現在、ドイツのような国々では、私たちのコミュニティカレッジにおける一つの技術学位と同等の力を持った高校生を卒業させることに焦点を合わせています。したがって、これらのドイツの子どもたちは、高校を卒業するときにはすでに雇用の準備ができています。彼らはそこにある雇用のための訓練を受けてきているのです。今ニューヨーク公立学校、ニューヨーク市立大学、IBMが提携した、ブルックリンのP-Techのような学校では、学生たちは高校卒業証書とコンピューターとエンジニアリングの関連学位を持って卒業しています。私たちはこのような機会をすべてのアメリカの学生に与えることが必要です。」

 オバマは、研究データを使うだけでなく、海外における成功例をきちんと検証し、良いところは真似をしようとしています。「日本は日本だ」と言わずに、何が良いことなのかを見極める力があるのです。そして、ただちに施策に反映します。日本では、検討会を何にもわたって行われることが多いようです。

 「だから四年前、私たちはRace to the Top(トップへの競争)をスタートさせました――ほぼすべての州により賢明なカリキュラムと、より高度な基準を発展させることを自覚させる競争です、すべてを私たちが毎年教育に支出する分の1パーセント程で。今夜、私はハイテク経済の要求のためのより良い卒業生を備えるように、アメリカの高校を再設計する新たな挑戦を伝えます。私たちは大学と雇用者たちとの新たなパートナーシップを発展させ、科学、科学技術、エンジニアリング、数学に焦点を合わせたクラスをつくる学校に報酬を与えます――それらのスキルは今日の雇用者たちがたった今、そして未来にあるだろう雇用を埋めるために探しているものです。さて、さらに良い高校と並行して、ほとんどの若者はよりいくらか高度な教育が必要でしょう。より多くの教育を受けたなら、より良い仕事を得て中流階級へ進む傾向があるというのは簡単な事実です。」

 一般教書の中で、教育に言及している部分の分量は、それがいかに大切なことであるかを示しています。特に、就学前教育について、女性の社会進出というような理由からでなく、子どもの視点から話しています。日本でも、待機児対策を、もっと子どもの視点から語ってほしいものです。