就業前教育

日経新聞1月20日朝刊に面白い記事が掲載されていました。そのタイトルは、「就業支援は「性格力」重視で」という内容で、鶴光太郎(慶大教授)が寄稿したものです。

 安倍晋三首相は年頭所感で防衛、憲法とともに人づくりに触れ、日本の未来を切り開くための人材育成について、「終身の計」と、中国の『管子』を引用して重要性を強調しました。首相官邸のHpに年頭所感が掲載されています。そこには、就業支援が、アベノミクスの3本目の矢である成長戦略の中でも、とりわけ重要な課題であることを言っています。その時に、中国の春秋時代、名宰相と呼ばれた管仲の言葉を引用しました。そこには、「一年の計は、穀を樹うるに如くはなく、十年の計は、木を樹うるに如くはなく、終身の計は、人を樹うるに如くはなし。」と書かれてあります。そして、「目先の課題への対応も重要ですが、十年先、百年先の日本の未来を切り拓いていくことも、忘れてはなりません。そして、そのためには、小手先の対応ではなく、将来のあるべき姿を見定めた、真の改革が必要です。」 ― 中略 ― 人づくりこそは、「終身の計」。日本に生まれたことに誇りを持ち、高い学力と豊かな人間性を兼ね備えた人材を育んでいく。そのための教育再生を、着実に実行してまいります。」

 この管子の一節は、「一年之計莫如樹穀 十年之計莫如樹木 終身之計莫如樹人」というものです。この安倍さんの年頭あいさつを踏まえ、日経では、鶴光氏が「人づくりは就業前の教育と、就業後の人材育成を一体として進めるべきであろうが、学校教育は1点を争うテスト重視への批判とゆとり教育失敗の間で右往左往し、就業後の人材育成や職業訓練も、その土台である日本的雇用システムの変容や揺らぎの中で明確な軸を失っているように見える。予算や法律を変えればたちどころに人材育成が進むというわけでないところに難しさがある。」と言っています。

 幼児施設の課題は、「就学前教育」ということがよく論じられますが、「就業前教育」を人づくりとして大切であることと捉えることの必要性を思います。その意味から教育を捉えてみると、テスト重視とゆとり教育との揺らぎに問題が見えてくることを指摘しています。では、人材育成を考える場合、スキル(技能)に注目すればよいかと問題提起をしています。しかし、鶴光氏は、「様々な仕事に応じて必要なスキルは異なるし、一つの仕事でも多様なスキルを用いるのが普通だ。このスキルをどう身に付け、伸ばしていくか。経済学ではこれまで働いている企業でしか通用しない「企業特殊的スキル」、どの企業でも通用する「一般的スキル」に分けたり、技術進歩との関係でスキルを論じたりすることが多かった。しかし、こうした枠組みだけで喫緊の人材育成の問題を解明していくには限界がある。」と述べ、これにも疑問を呈しています。

 「その中で、教育と労働の問題を統一的に考えるのに有益な考え方を提供しているのが、2000年にノーベル経済学賞を受賞した米シカゴ大学のジェームズ・ヘックマン教授らを中心とした「非認知能力」の役割を強調した研究である。」と言っています。このジェームズ・ヘックマン教授という名前を聞くと、反応してしまいます。私は一時期、彼の説をよく講演に使っていたからです。

 ちょっと、鶴光氏の話からそれて、ハックマン氏の説を眺めてみたいと思います。