「ハレ」の体験

現代は、「ハレ」と「ケ」の区別のない時代ともいえます。または、区別が明確でなくなったともいえます。正月は特別な日でなくなってくると、その日を楽しみに待つということが薄らいできます。私の子どもの頃は、「もういくつねると、お正月」と歌いながら、お正月が来るのを指折り数えて待っていました。すると、日本古来からの文化としてのお正月が「ハレ」の日でなくなると、人は年始のけじめを意図して、「ハレ」の日をつくろうとします。そこで、それほど信仰心がなくても、その地の鎮守様ではなく、大勢が有名な神社に初詣に出かけます。お正月の箱根駅伝が、高いテレビ視聴率を稼ぎます。何かで、お正月を感じようとします。

子どもたちも、日常生活にいろいろな楽しみが多いために、お正月だけに許される遊びがあるわけではなく、お正月だけ大人が遊び相手になってくれるということもなく、同じような遊び方をします。東京では、すでにそんなことはなかったのですが、以前、夏休みに田舎に行った時に、子どもたちが一生懸命花火をやっている姿を見ました。聞いてみると、夏のお盆の間しか花火をしてはいけないので、やっと解禁になったということで、必死になって1年分やっていると聞いたことがありました。「ハレ」の日の楽しみな行事としてやっているのでしょうね。

そんなことがあり、人間はこんな時代でも「ハレ」を求めるものです。連休になると、どこかに行きたい。ボーナスが出たらこんなものが買いたい、今度の休みには、おいしいものを食べに行きたい、など計画します。しかし、訪れる先には、どんな「ハレ」があればいいのでしょうか?ボーナスでなければ買えないものは何があるのでしょうか?おいしいものは、どんなものでしょうか?人間の欲望はきりがありません。かつての「ハレ」が「ケ」になると、新たな「ハレ」を見つけようとします。次第に刺激の大きいもの、その時代に必要なものを求めていきます。それが、人類の進歩、発展、様々な発明をしていくエネルギーになってきたのかもしれません。これからも人間は新たなる「ハレ」を求めてつぎつぎといろいろなものを作り出していくでしょう。

しかし、同時に、かつての「ハレ」も見直し、大切に引き継いでいくことも必要です。それが、文化なのです。冠婚葬祭、年中行事、しきたり、それらを大切にし、それらの「ハレ」を待ち望む子どもたちの姿を大切にいなければなりません。私の園で、集団給食改善都知事賞を受賞したのは、食育3本柱として「栽培」「料理」「共食」であるとし、これらは人間しかしない営みであり、その一つの効果は、「待つ」力であるということの提案です。かつて、子どもたちにとって「ケ」の毎日の中で、「ハレ」の日は、待つ力を育んできたのかもしれません。それは、生きる目的になったり、毎日のハリであったりします。

「栽培」とは、日本では、稲は夏に田植えをして秋には刈り取るまでを言います。刈り取るということは、田は枯れた状態と同じです。これがケガレです。稲を刈り取った後に行われるのは豊穣祭です。五穀豊穣を神様に感謝するお祭りです。このお祭りがハレなのです。この祭りを大人も子どもも待ち焦がれます。それは、祭りが楽しいだけでなく、育てていた稲が実を結び、収穫があるからです。それを待ち、祝うということが生活リズムなのです。このリズムは、日本では四季が織りなしていきます。園で、栽培をしています、クッキングをしています、みんなで食事をしていますということではなく、子どもたちに「ケ」と「ハレ」の体験をさせることに意味があるのです。