さまざまな積み木

積み木と言われるものが、フレーベルの考え方を基にしたものから、あたらしい形を提案したものなど様々なものが出回っています。それは、保育業者や、遊具製作者が、あたらしい商品を開発してそれを取り入れてもらうことで、子どもたちにあたらしい世界を体験してもらおうということです。しかし、なかなか子どもの心を引き付けるものは開発されません。それぞれに欠点があったり、同じようなものがあったり、子どもの発達にあっていなかったり、子どもの興味関心を引く魅力あるものでなかったりするからです。

その中で、割とヒットして、多くの園が取り入れている積み木の一種に「カプラ」という遊具があります。カプラ (kapla) はオランダ生まれのトム・ファン・デル・ブリュッヘンによって考案されました。カプラという名前はオランダ語の “kabouter plankjes” (小さな板) に由来しているそうです。この名前のように、カプラは、薄い板です。松の木から非常に正確な寸法で削られてできています。その厚さ、幅、長さ (117,4 mm) の比は1:3:15であり、この寸法はすべてのカプラシリーズで同じになっています。カプラの組み立てには、考案者の「きちんとした設計図などによって作る人の想像力を妨げたくない」という意向に沿って、他の部品は必要がなく、ただ木片の上に他の木片を積み上げて行くだけで複雑な構築物まで作ることができるために子どもたちに人気があります。

制作者のトムは、美術史を学んだ後、25歳で家具を復元アンティークショップをオープンします。しかし、彼は10歳のころからお城を建てたいという夢を持ち続けていました。そこで、彼は、夢を果たすために自分の店を売って、フランスの古い城を手に入れます。そして、それを修復するための計画を立てます。そのために、ミニチュアの城を作るために、木製の立方体で製作しようとしました。しかし、キューブは、屋根、床、まぐさなどの部品を再現することがあまりにも巨大だったことに彼はすぐに気づきました。彼は試行錯誤するうちに、厚さ、幅、長さの比が1:3:15ある木の板を使ってミニチュアを作ることを思いつきます。それが1988年にフランスから発売されたカプラです。

カプラは各国の玩具賞を受賞しています。また、フランスの教育省が推薦する教育ツールです。このように確かにカプラは素晴らしい遊具かもしれません。しかし、その素晴らしさは、子どもたちにとって魅力的なものであることがまず大切です。しかし、どうしてもこれを使ってほしいときには、その素晴らしさを説明しなければなりません。カプラ本社のHPでも、まずその説明から入ります。例えば、「カプラの使用は、留め具なしに、3次元空間内のアイテムを整理する機能を開発し、子どもが問題に関するその作用手段を発見し、改良することを可能にする。」とあります。これは、昨日の説明なのでわかるのですが、「カプラを使うことによって、幾何学、物理学、技術の基本的な概念の獲得を促進し、子どもを芸術、形やボリュームの宇宙、視覚芸術の世界へ導き、バランスと集中の感覚を魅了し、熱意をそそります。」となると、少しフレーベルの恩物の説明に近くなります。さらに、「発揮ロジックと想像力の両方を使用していると同時に、知的投影と反射や手先の器用さを必要とする複雑な構造を持っているために、知性と手の両方を使用します。そして、すべての年齢層に適している完全な遊具であり、しかしゲームが持つ生態学的な限界を克服し、進化論、建物などを統合するための優れたサポート言語表現である。」と書かれてあります。随分と理屈っぽい話になると、私はかえって冷めてしまう部分があります。

乳幼児において、子どもが熱中するものは、きっと、自分たちの遺伝子を子孫に残すために必要なことを理屈ではなく、学んでいる気がするのですが。