組み合わせ

フレーベルが積み木としての恩物を考えるうえで基本的な形を取り上げた理由は、子どもに内在する自発性と探究心を導き出すものとして考えられた形ですが、それは、自然の中には存在しない形でもあります。しかし、この積み木は、自然物では行わない、子どもたちの興味を引き出す作用があります。それは、積んだり、組み合わせたりする作業です。それは、積み木独特の目的である、積む、並べる等子どもの単純な活動によって、それぞれの組み合わせを通して、多様な形の物をつくり出すことができるということです。そのために、形だけでなく、その大きさ、また、違う形でも、ちょうど組み合わさるような大きさにしてあります。それによって、子どもの興味を持続的に刺激するので、子どもが自発的に活動し、表現し、創造できると考えたのです。

第三恩物である「立方体」は、形としては、第二恩物で子どもたちは触ったり、経験しています。そこで、その立方体を取り出し、すべての面をニ等分して、8個の立方体にします。それは、立方体を分解することの導入でもあり、分解と統合、部分と全体の関係を知らせます。
3onbutu
フレーベルの思想の中には、「分離」と「統一」という考え方があります。それは、自然物を恩物として使わずとも、もともと人間と自然は統一されていたものであり、それを再度恩物によって統一を試みたのです。「自然と人間を再び統一までに導くところのこの精神は、もしもわれわれ人間がまず最初に自分自身と、次には相互に、そして個々人として、さらに家族の中において、社会生活および民族生活において、ほんとうに融合すべきであり、またすることを欲するならば、そしてまたわれわれが、われわれ自身を人類のなかにおいて、また人類とともに一個の統一的なものとしてまず第一に感じ、次に認識し、そして最後に意識的に生活すべきであり、することを欲するならば、この統一の精神は、あたかも生暖かい春風のように、子どもの生命の上に広がり、それを統一するにちがいないであろう。 統一のこの精神は、早くから人間の生命を照らし、そして温めるであろう。」と言っているように、恩物によって、具体的に「分離」 と 「統一」を体感するために子どもたちのために考えられたのです。

ですから、恩物を子どもに与える時には、まず、8個の立方体があるのではなく、1個の立方体が分解されて8個になることを気づかせます。また、1つの立方体が前後・左右・上下に分解できることも気づかせます。その全体から1つを取り出すと、全体の形が変化します。そして、たった1つ足りなくても全体はもとの形にもどらないことを知ります。そして、取り出したひとつは、全体は小さいのですが、もとの立方体と同じ形ということに気がつきます。そして、残りの小さい立方体は、みんな同じ形で、同じ大きさであることを知らせます。その小さないくつもある立方体を使って模倣あそびに発展させていきます。初めは、下の4個はそのままで、上の4個を両手で動かしながら、模様を連続的に変化させて遊びます。

このように、積み木において子どもたちが自然とやるであろう行為を、順に子どもたちに提示していくことで、理解させようとすることで、批判が起きたのでしょうね。