フレーベルにおける関係性

フリードリッヒ・W・フレーベルは、新教育運動の原理原則である「自発性、主体性」をペスタロッチに学び、幼児教育は自発的活動を助成することこそがその目的であると確信します。そこで「Spiel-gabe」を創造し、後に最初の幼稚園となった「幼児、児童のための作業教育所」を開設しました。その時の施設は、どのような空間で、何歳の子がいて、室内はどうなっているのかはわかりませんが、それが幼稚園と訳され、今の日本での幼稚園の原型を作ったということには、少し疑問を持ちます。

なぜなら、ドイツの幼稚園で、「現在、異年齢で保育をされていますが、年齢別と比べてどうですか?」と聞いたところ、「フレーベルがキンダーガーデンを作った時から異年齢で保育をしていましたし、その時から保育室はコーナーで構成されていましたので、幼児教育で、年齢別に構成された子どもたちに、先生が前に立って一斉に保育をしたということはありません。」と言われました。

また、何歳から保育をしていたかということは判りませんが、フレーベルは、子どもたちの活動する様子を観察していく中で「子どもは生まれた時から創造的であり、全てのものとの密接な関係をもちながら、物事の相互の関係や、他の人との関係について知りたがっている」と言っているように、生まれながらからの教育の必要性を訴えています。そして、乳児のころから環境との関係を持ちながらいろいろなことを学んでいくと考え、特に人との関係において、母親だけの関係ではない、他の人との関係の必要性も考えていたようです。

また、「子どもは自分で感じたことや内面的なものを、外に表現しようとする力をもっている」と考えました。フレーベルは、外の環境にある物をそのまま取り入れて、それを使って創造力をつけていくと考えずに、子どもの心の中にある基本的な形の物を与えるべきと考えます。そのためにまず、子どもは身体や四肢や感覚や精神などの最初の発達にもそれにふさわしい養分が必要であり、まずはハーモニーや調和、 リズムやメロディや動的なもの、音や歌に好みを示すといっています。やがて、子どもはある一個の対象物を必要とするようになるというのです。「それによって子どもが自分自身で自己活動的に、さらに進んで、かつもっと完全に発達することのできる、そういう対象物を必要とするのである。」と考えます。

つまり、「人間の本性は、内に生きているもののために、人間の内的なもののために、およびそれを外的に表現するために、一個の対応する対照物、すなわち彼に対立しているが同一である対型を要求するのである。」と考え、「子どもに最も好まれる遊びの対象物は、子どもが自分のうちに最も多くの、そして最も満足をあたえる観念や想像や空想を、たとえ最も不完全な輪郭や表現においてであれ、あたかもそれらを自分の内と外に実際に見るかのように生き生きと呼び起こすことのできるようなものである。」とします。そのために、外界の事物を、きわめて不完全な形ではあっても、つねにまとまった一つの全体として見たり、実際に表現したりすることは 「単に自己の内だけで形成する空虚な生活、もしくは単に概念を形成する空虚な生活に比べて、表現遊びや、表現によって目覚まされ、表現に結びついている想像遊びに対し、高い価値、子どもを強くし発達させる価値をあたえるものである。」としているのです。

そしてそれらを、子どもたちの遊びの中で、興味をもったものを正しく理解し、より自由に表現させていくためには、全ての形や、色や数のことを正しく認識させなければならないと考えました。そして、その遊びと表現を助ける役目をもつ遊具とは、基本的な形体をもつことが望ましいと考えたのです。こうして考えられた恩物が、「立方体」「直方体」「三角柱」なのです。