積み木

フレーベルというと、キンダーガーデンという幼稚園創始者としての業績は誰でも知っています。また、フレーベルの恩物という教育遊具が、幼児教育に使われていることは何となくしている人は多いかもしれません。しかし、具体的に何が恩物で、フレーベルはどうしてそれを恩物として考えたかは、あまり深く語られません。しかし、それを知るには、フレーベルの思想自体を学ばなければなりません。それは、昨日少しふれましたが、ずいぶんとその解釈は難しくなります。それは、モンテッソーリの考えた教具についても言えます。

確かに、フレーベルが考えた恩物は自然界にはない完全な形をしているものが多いです。ですから、どうしても形式化していきやすく、アメリカにおけるデューイらの経験主義、児童中心主義の教育運動から見ると、批判の対象になりやすいのです。しかし、その批判も、経験によるだけでなく、科学・技術・芸術の体系を年齢にふさわしい内容と方法で習得していくこと、ものごとの本質についての学習も必要と唱える本質主義により批判されていきます。

そんなこともあり、当時、日本では倉橋がフレーベルの恩物を思想から切り離して、独立した遊具として用いたのです。それが、積み木として取り入れられていったのです。この機能が生かされるのが、フレーベルが考えた「第3恩物 立方体の積み木」「第4恩物 直方体の積み木」「第5恩物 立方体と三角柱の積み木」「第6恩物 立方体と直方体の積み木 」でしょう。確かに立方体や三角柱や円柱のような積み木にある形というのは、この自然界にはないものですが、子どもはそういった幾何形態を、舐めたり、手で持ったり、握ったり、投げたり、目で確かめたりしながら、積み木遊びを通して、からだ全体で色々な形とその関係を経験していくという機能を取り出したのです。

これらの形について、無藤氏は面白い分析をしています。「正円、正三角形、正方形が基本であるということについては、たぶん根拠がないだろうと思います。これは進化論的な話ですが、10万年前なりのホモ・サピエンスですけれども、その人類が正方形とか正三角形とか正円、あるいはその立体物としてのボールとか、立方体とか、そういうものを身近に持っているか、あるいは見つけられるか、あるいは生産できるか。10万年前といったら旧石器時代ですから、黒曜石だとか固いものを割って斧の刃になるとか、そういうのはありますが、それは幾何学的な意味ではきれいな形をしていません。つまり、われわれの図形認識というものがこれらをベースにしているということは、進化論的に非常に考えにくいわけです。」

多分、そんな考え方からシュタイナーでは積み木は、自然物である木の枝、小石、貝殻などを使います。オーストリアにあるシュタイナー園に行くと、ブロックゾーンには、そんな自然物が置かれています。ただ、たしかにそれらは自然の中、森の中などにある物ですが、それを見た私の園の職員は、「これらを使って、子どもたちはどうやって遊ぶのだろう?」と不思議がります。それは、私の園にもそういった自然物を置いたことがあるのですが、子どもたちはそれらを使いこなせませんでした。その園の園長先生に聞いたところ、それらは、並べて模様を作るとか、その形を何かに見立てて遊ぶということでした。それを積み木のように、いくつか使って何かを作ったり、積み上げては遊ばないようです。
sizennbutu1sizennbutu2
では、無藤氏の言った古代の人類において、子どもたちはどうやって遊んだのでしょうか?私は、たぶん、シュタイナーの園のように模様を作ったり、何かに見立てていたように思います。それともう一つ、それらを投げて遊んだ気がします。

では、フレーベルは積み木をどう考えたのでしょうか?