調理食品

通常、副食物として供される食品である惣菜は、煮物や焼物、揚物、蒸し物、和え物、酢の物などがありますが、それは、主食を単品だけでは味気ないところに彩りを添えるということもありますが、栄養学的な側面からも意味あります。それは、主食だけでは得られない栄養を補助する働きもあるからです。そのような惣菜に、最近ある変化が起きています。

それは、惣菜を家で作らず、買ってくる家庭が多くなってきているのです。すでに江戸時代でも、調理済みの惣菜を行商・屋台で販売する煮売屋という業態がすでに存在していたそうです。しかし、本来は家庭で作ることが主であった惣菜は、晩婚化にともなう単身者の増大、核家族化や専業主婦の減少、またバブル景気時からのグルメブームなど社会的な変化にともなって、購入するようになってきたのです。そして、新たな言葉も生まれました。それは、大手広告代理店が命名したのですが、家の中で調理し食事をすることを「内食」、調理されたものと食事の場所の両方を提供する「外食」、持ち帰り惣菜のことを、内食と外食の中間であることから「中食(なかしょく)」という造語をつくったのです。それによって、皮肉にも、一時若干すたれ気味だった「惣菜」という言葉が新たに使われだしたのです。

この中食は、様々なところで非常に多く提供されています。惣菜の商品は、精肉店のコロッケを始め、家庭でも手間のかかるオーブン料理、主に昼食用に利便性の高い弁当や惣菜パンなどが主流でしたが、しだいに揚げ物、煮物、サラダなども需要が高まってきました。スーパーマーケットでは惣菜売場の見直しがさかんになり、コンビニエンスストアでも多様なニーズに応えられる品揃えが図られました。デパ地下といわれるデパートの地下は、1日中たいへん混雑しています。このデパ地下における付加価値商品として、煮物、揚げ物、漬物、豆料理、佃煮、サラダなどのほか、様々なお弁当も売られています。昨年末、偽装で大騒ぎをして知ったのですが、かなり高額のおせち料理の売れ行きがいいようです。それは、デパートだけでなく、スーパーやコンビニも同様で、今年の正月は都内ではほとんどの店が1日から開いていました。一昔前は、年の瀬に買い込んだ食材でおせち料理を準備して、松の内はそれを食べていたのですが、今は1年中、24時間開いている店が多く、正月気分も無くなってきました。

これらの惣菜の普及により、食卓の変化が起きています。総務省の家計調査は約20年間の食卓の変化をよく表しています。2人以上の世帯でみると、キャベツや白菜などの「生鮮野菜」を12年に買った量は90年を16.7%下回ったそうです。また、「生鮮魚介」も34.4%減、塩ザケなどの「塩干魚介」も38.3%落ち込んでいます。1世帯あたりの人数が減った影響があるかもしれませんが、昨年の7~9月でみても生鮮野菜の購入量は前年同期を1.0%下回っているそうです。

 それに比べて、弁当やおにぎりなど「調理食品」の12年の購入額は90年に比べ31.2%伸びています。なかでもサラダと冷凍食品はそれぞれ約2倍となり、電子レンジで素早く調理できて種類も増えた冷凍食品の人気が目立っていると言います。カレーやハンバーグなどの素材になる「生鮮肉」が1.3%減ったのを見ると、家庭で作るのから、できたものを買ってくるようになったことがわかります。

調理食品” への8件のコメント

  1. 20年前に比べ、生鮮野菜、生鮮魚介などの購入がそんなに減っているということに驚きました。働いていて、時間がない人や料理が苦手な人にとっての出来合いの惣菜はとても助かるものではあるんだと思います。私も大変、お世話になりました。調理せずに食べることができるのはとても便利です。ですが、だからこそ、意識しないと気がつけば出来合いの惣菜ばかりな食卓になってしまうのかもしれません。いいところもありますが、やはり惣菜ばかりだと寂しいような気がします。私は調理はほとんどしませんが、作ってもらったおかずからは「あの人はこういう味付けが好きだからこうしよう」というような人の思いが感じることがあります。惣菜ばかりだとなかなかそういうことはないのではないでしょうか。特定の人に向けて作られた料理はいいですよね。私も少しずつ料理、調理の機会を増やしていかなければと真剣に思っているこの頃であります。

  2. 園の年間テーマが「季節」であることの意味の重大さを今回のブログを読んで改めて認識した次第です。1年、24時間、お店が開いていて、旬に関わりなく、さまざまな食材、料理が棚に並べられている現状を省みると、家庭で味わえない旬を園は子どもたちに提供し保障する必要あると感じます。我が家は恵まれているなと感じるのは、豪華ではなくても手作りの「おせち」が元日の朝から我が家の食卓を彩ります。また、コロッケや餃子、とんかつや八宝菜など惣菜の定番も家で作ったものを頂けます。時々、コロッケなどを買ってきますが、やはり家のコロッケにはかなわないなと思います。質の良い食材を手に入れることができるので、スーパーやコンビニに足を運ぶ必要もありません。無駄な買い物をしなくてすみます。それにしても、データで示された減少傾向は今後どんな問題を生み出すのでしょうか?何とも不気味な減少数値です。

  3. 「中食」、面白いですね。外食と内食の中間を求める食変化は、一見両者のいいとこ取りをしたようにも映りますが、実際はどうなのでしょうか。調理時間の短縮が目的だとしたら、調理時間を減らすためには一役買っていると思います。その一方で、調理することでは“段取り力・節約・行程を見る”などといった利点を感じます。何よりも、そこには食べる以外の目的が多く存在しているようにも思います。本日、ちょうどデパ地下に行く機会がありました。そこでは、私からすると値が張るものが、どんどん買われていく光景が見られました。いわゆる「中食」する人で賑わっていたのだと今気づきました。気づいたのは、高級なものが多く取り揃えてあるおかげか、珍しい食材や、貴重なものが多くある印象でした。私の隣にいた人は「“京芋”の取り置きをお願いしていた◯◯です」と店員さんに言っていました。京芋という単語を聞いたのは初めてだったことと、取り置きをしているくらい貴重なものであるのだろうなと想像ができました。多少値が張っても、珍しいものや貴重なものは「贈り物」という需要もあるだろうなと思いながら、デパ地下を散策していました。

  4. 私が住んでいる市のスーパーには切り身でない魚がまだまだ売られていて、これは全国的に見ても珍しくなりつつあることだと聞きました。家庭で調理をする機会が少ない地域とそうでない地域ではスーパーに並ぶ食材の形にも違いが出ているようなので、これは機会があれば観察してみたいと思っています。また惣菜の中に郷土料理が並ぶことがあるのも特徴とのことです。外食産業がほとんどない地域なのでまだまだ「内食」の習慣が多く残っているのでしょうが、今後は「外食」や「中食」の割合が増えてくると思います。その時をどう迎えるか。何もせずに迎えるのは避けたいと思っています。

  5. まずブログを読んで驚いた事は生鮮野菜、生鮮魚介などを購入する家庭が減っていることです。と言うのもスーパーに行くとお客さんで賑わい、繁盛していると思いきや…。そう言われてみるとレジで並んでいる時に前の人のカゴを見てみると、惣菜が高い確率で入っているのを見ます。確かに惣菜は美味しいですが、個人的な意見として、料理をする楽しみがあれば惣菜に頼らないと思います。ただ都会だと夫婦共働きの状況だと料理が好きでも時間が無いため惣菜に頼ってしまうのかもしれません。ただ惣菜により日本の行事までも影響しているのは少し考える必要があります。近い行事でいうと節分ですが、どこのコンビニでも恵方巻の予約を行っています。お節料理も同様ですね。「和食」が世界遺産に登録されたことは喜ばしいですが、その反面、行事食を自宅で作らず、購入してきた行事食を食べているという現状は見直す必要があると思いました。

  6. 惣菜を買ってきてお家で食べるのが「中食」初めて聞く言葉でした。私はあまり冷凍食品が好きではないのでなるべく避けていたのですが、最近夕食を取る際、冷蔵庫の中にある物だけで食事をしようと思い冷凍食品の野菜を食べてみることにしました。すると意外とおいしく感じたのが正直な感想です。共働きで忙しい夫婦や家族には便利なのでしょうね。最近は冷凍食品で騒がれていることもありましたが…。時代が変わるにつれ便利になりますがその分寂しさが大きいように感じます。行事食も母が一生懸命作ってくれた物は小さいながらも感謝していた覚えがあります。今スーパーでは恵方巻きの予約を張り切ってしているのを見てなんだか寂しくなりました。そう考えるとやはり見直していきたい気持ちになりますね。

  7. 最近のスーパーでは惣菜が充実してるところが多いですね。近くにある大型ショッピングセンターではその惣菜コーナーの面積は売り場の4分の1以上だったりします。その反面、生鮮食品の売り上げがここまで落ち込んでいるというのは驚きです。最近、包丁を使わなくても料理ができる世の中で、野菜もカットされているものがあったり、特に揚げ物なども惣菜がある分、家で作ることも少なくなっているのだと思います。家庭で食事を作る姿を見なくなっているということが藤森先生の講演でもしばしば出てきますが、こういった現状は時代であるとしてもさみしいものです。だからこそ、保育園など子どもを預かる場所はどうしていけばいいのか、どう考えていくべきなのかを考える必要がありますね。

  8. 私もたまにデパ地下を歩くことがあるのですが、本当にいつ行っても混雑している印象があります。確かに行ってみるといろんな惣菜が売っていますし、その中にはテレビなどでも紹介されているようなテナントも入っていますね。テレビで紹介されるのもそうですが、ディスプレイが本当に美味しそうに観えるのがすごいですよね。先日、無形文化遺産に登録されたのにこのまま料理をしなくなってしまうと「和食」どころか日本が滅んでしまうのではないかと心配してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です