職場環境

 日経新聞の中で、「性格スキルは幅広い学歴・職業で共通して重要であり、その欠如が職業人生の失敗に強く結びついている。」としたら、鶴光氏は、それはどのように高めるべきだろうかという課題について説明をしています。それは、ヘックマン氏らの研究では、すべてのスキルを形成する上で幼年期が重要だという確固たるエビデンス(科学的証拠)はあるものの、性格スキルは認知スキルに比べ後年でも伸びしろがあるので、青年時の矯正は性格スキルに集中すべきだと主張しているからです。

たとえば、真面目とか、忍耐強くとかいう性格は、かつての徒弟制度の中で、若者が大人と信頼関係を結びながら指導や助言を受けながら、その中で技術のほかにも、仕事をさぼらない、他人とうまくやる、根気よく仕事に取り組む、といった貴重な性格スキルを教えられてきたのです。従って、かつての徒弟制度のように、職場をベースにしたプログラムの中で性格的スキルを教えれば、ハンディのある若者に対し彼らが家庭や高校では得られなかった規律や指導を与えることができるのではないかというのです。実際、青年期の介入プログラムをみると、認知的・学問的な学びを中心としたものよりも、性格スキルの向上を狙ったものの方が効果が大きいことが明らかになっているそうです。

 鶴光氏は、こうした視点に立てば、世界的にみても若年者や未熟練労働者、失業者への教育訓練が必ずしも成果を上げていない理由も明白であると指摘ます。英財政問題研究会のバーバラ・シアニージ上席エコノミストによる08年の論文は、スウェーデンで失業者が新たな職を見つけるために最も効果的な方法は、民間に補助金を与えて常用として雇い入れるようなプログラムであり、企業外でのフルタイムの授業による訓練は何もプログラムを受けない失業者よりも就職確率がむしろ低下することを示した。これも実際に企業で責任を持って働くことが性格スキルの向上をもたらしたと鶴光氏は解釈しています。

 欧州では、現在、若年失業の問題が深刻ですが、徒弟制度に起源を持つ職業実習が盛んなドイツ、スイス、オーストリアなど国の若年失業率が低く、08年からの大不況でも、それほど若年失業率が上昇しなかったそうです。これも職業実習制度の持つ職場での性格スキル形成と関係がありそうだと鶴光氏はみています。

 どうも、徒弟制度は、技術的スキルを学ぶだけでなく、もしかしたらそれ以上に性格スキルを身につけていたのではないかというのです。鶴光氏は、「日本でも教育、職業訓練など幅広い分野において性格スキルの重要性を認識し、その向上を人材育成の柱の一つに据えるべきであろう。」と提案しています。

 まず、将来職業人生に大きな影響を与えるのは、認知的な学力よりも、性格の方が大きな影響を与えるということから、幼児教育が人生に大きな影響を与えるということがあります。しかし、この人生に大きな影響を与える性格スキルは、青年期以降でも向上することが可能であり、そのスキルは、企業外の訓練よりも職業実習でのほうが高い成果が上がることなどがわかっています。また、徒弟制度ではなくても、性格を育てるのは、家庭だけでなく、職場環境も大きな影響があるということです。

 悪い職場環境は、人を悪い性格にする可能性が大きいということです。

職場環境” への9件のコメント

  1. 大学時代には、アパレル・飲食・引っ越し・福祉と、計4種類のアルバイトを経験しました。それまで、アルバイトの経験がなかったので、お金を稼ぐとはどういうことか、働くことで何を感じるのか等を、様々な職種の中で体験できればなと思っていました。今考えると、早く社会の一員として認められたかったのでしょうね。そこでは、いろんな人の生き方に触れ、また、そのような方々とたくさん話す機会がありました。そこで感じたのは、職場によって人の性格や考えがまったく異なっていたということです。同じ職場内では、意見の食い違い等あるかと思いますが、アルバイトという立場で見たら、みなさん似たような考え方や性格の方々が集まっているように感じました。理念が一緒なので当然なのですが、職場環境によって性格が似てくることは、逆に「悪い職場環境は、人を悪い性格にする可能性が大きい」ということになるのですね。真面目さや忍耐強さといったものを見て感じていた時から、今は、それが自分ではできているのかと他人から見られているような意識を持っていなければいけませんね。

  2. 性格スキルが青年期以降でも向上するということ話がでてきて大変、安心しました。性格スキルのブログを読みながら、自分自身のことも考えていました。非認知的能力がしっかりしていない自分を反省しながら、ここからでもなんとか向上できないものなのかなと思っていたので、今日の内容を読んで、正直ホッとしました。性格スキルの向上は本当に私の課題です。職場環境に育てていただいているという思いは常にあります。働く前と、今とでは、こんな私ではありますが、変化を感じています。それは様々な人の中で働くという経験からの変化だと思います。現代では、徒弟制度のようなものから意図的に離れようとしているという感覚があるのかもしれません。個人の能力という部分に注目が集まっているようにも感じます。

  3. 園で子どもたちの遊びを見ていると、その没頭している姿に「真面目さ」「忍耐強さ」「協力」などの側面を感じることがあります。ふざけてブロックをやったり、集中しないで曼荼羅ぬり絵をしている、という姿はありません。集中して忍耐強く真面目に遊びに取り組んでいる園の子どもたちの姿はやがて大人になって仕事に就いた時に活きてくるのだろうな、と思いました。もちろん、就労の前の学習においてもしかりです。「性格スキル」というあまりなじみのない表現に、はたと気づかされることがあります。それは、良好な人間関係を保っていくためには「性格スキル」が必要なんだ。真面目さ・根気強さ・協力・思いやり・・・これらは豊かな人間関係構築のために必要不可欠な要素です。人の性格を悪くする「悪い職場環境」にはこれら要素が欠けていると思います。「仁」が存在しません。リーダーはこのことにいつも気を配る必要があるのだろうと今回のブログを読みながら思い考えました。

  4. 「性格スキル」は青年期であっても身につけることはできるんですね。どこかほっとしてる自分がいます。以前、藤森先生から「頭で考えるより、まず行動が大切」といわれたことを思い出しました。失業者の人にいかに企業外で授業をしたところで現場での実践より勝るものはないのだと思います。しかし、その現場が人を育てるということを意識していなければ、それだけの成果はでないのかもしれません。徒弟制度というのはある意味、目の前にモデルがいるのと同じことだと思います。子どもの育ちがそうであるようにいつの時代も目の前にモデルであったり、目標がないといけないですね。また、そこに向かうための理念であったりというものは不可欠なものではないでしょうか。どうも悪い職場といわれるところは大きな志を見つめるよりも手前の問題や結果に固執しているところが多いように思います。

  5. 徒弟制度で育つものにしても非認知能力についても、どちらもその効果が数値化できずにわかりにくい面があります。それに比べて認知能力やその訓練で育つものは分かりやすいため、それが広がっていったのはよく分かります。どう育っているか、どうつながっているかが分かりにくいものを信じるのは不安があるものですが、その不安から安易に逃げないことも大切なんでしょうね。性格スキルの向上を信じ、それを職場でも高めていくことが出来ると信じることから始め、成長スピードを安易に求めてしまわない心構えも必要なんだろうと考えています。

  6. 職場環境は人生の中でも重要な場所です。おそらく人生の半分は職場にいるわけですから、その職場が劣悪な環境であれば人生も性格も変わってしまいますね。おそらく日本の失業率もその辺りが影響しているのかもしません。または本人の性格スキルが育っていないのも大きな要因かもしれません。職人や落語などの師弟関係は技術的なスキルと学ぶと同時に様々なことを学ぶと思います。それこそ性格スキルを身につける環境のように思います。ブログにも書いてありますが、徒弟制度だけでなくとも家庭や職場でも性格スキルを伸ばす事は可能と書いてあるように、子どもはもちろん、仲間の職員同士が性格スキルを高め合うような環境が必要であり、作り上げていくことが大切です。職場の先輩の役割というのは、後輩にただ指導するのでなく、環境作りのような気がします。

  7. 日本の農業は、若者の農業離れやTPPといろいろ大きな問題を抱えていますが、一方、人の食を育む農業に強い思いを抱いて都会から田舎にやってくる若者もいます。地方の農業法人を支えているのはインドネシアなどの外国人労働者と大都会の若者というのも不思議な現象です。彼らの中には、農業に将来への夢を持つ者もいれば、都会での生活に疲れて自分探しにやってきた人もいます。地道な農作業はチームワークとか忍耐力という性格スキルを学ぶにはいい職場環境かもしれません。最近は6次産業と言って、生産(第1次)だけでなく、加工(第2次)や販売・流通(第3次)の数字を足し算した付加価値の高い幅広い事業を展開する会社や法人も増えています。石川にある「六星」という会社は、東京ドーム約26個分の農地で米や野菜を栽培し、「かきもち」や餅の製造販売を手掛ける“企業”です。全国から集まった若者が40人。これもある意味、徒弟制度のシステムを取り入れた古くて新しい事業体と言えるかもしれません。

  8. 私は小さい頃から頭が悪いことが少しコンプレックスでした。なので正直就職できるのかが不安でした。しかし現在の職場に就職できたことで自分自身がなにか良い方向に変わっているような感覚になります。まさに青年期以降でも向上することが可能でありというところに行き着くように思います。テレビなどでも職人や落語家の師弟関係は職人の技や落語をすぐに教えないと聞きます。やはりそれは技術的な面からではなく性格スキルなど様々なことを学んでからなのではないかと感じます。まずは人間という土台がしっかりしていないとできないという印象です。きっとそれは職場でも同じことがいえるように思います。私の職場にはたくさん良い先輩や同僚がいます。その影響はとても大きく職業実習に繋がるのではないかと感じます。今は勤めが長くなってきている分逆に後輩の方々にいい影響を与えられるように自分を見つめていかなければいけないと感じています。

  9. はっきりと徒弟制度いうものを体験したことはありませんが、仕事において先輩や上司からいろいろなことを教わるというものは近いものがあるのではないかと思います。私自身、仕事において初年度、2年目などに教わったことは忘れることのできないようなスキルにつながっている気がします。
    そういった形で自分の経験を振り返ってみると、小学校、中学校、高校、大学と環境が大きく変わり、新しく始まるときに気持ちも入れ替わり、「また新しく学べる!」という気持ちになった気がします。
    この感覚が、今回のブログにある青年期以降も性格スキルが伸びるといったことにつながるのでしょうか。
    自分のみではなく、他の後輩たちのため良い職場環境を目指していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です