スキル

 心理学者が、性格スキルなどのスキルを長年研究してきましたが、その中で、「ビッグファイブ」という分類が広く受け入れられています。このビッグファイブは性格的スキルをよりきめ細かく定義するためのものです。ヘックマンとカウツの論文にある物を整理すると、それは、どういうものかというと、まず「真面目さ」の定義は、「計画性、責任感、勤勉性の傾向」であり、側面として、「自己規律、粘り強さ、熟慮」であるとしています。ふたつめとして、「開放性」があげられています。その定義は、「新たな美的、文化的、知的な経験に開放的な傾向」であり、その側面として「好奇心、想像力、審美眼」があげられています。三つ目が、「外向的」で、その定義が、「自分の関心や精力が外の人や物に向けられる傾向」とあり、側面として「積極性、社交性、明るさ」があげられています。4つ目が、「協調性」で、定義が「利己的ではなく協調的に行動できる傾向」で、側面として「思いやり、やさしさ」とあります。最後の五つ目が、「精神的安定性」として、定義は、「感情的反応の予測性と整合性の傾向」とあり、側面として「不安、いらいら、衝動が少ない」とあります。

  これまで政策現場や経済学ではこれらのスキルは見過ごされてきたのですが、ヘックマン氏らはこれまでの多くの研究を引用し、性格スキルが学歴、労働市場での成果(賃金など)、健康、犯罪などの幅広い人生の結果に影響を与えることを明らかにしているのです。そして、ビッグファイブの中では、特に「真面目さ」が様々な人生の結果を最も広範に予測しているといっています。しかし、平均的に見ると、もちろんIQが重要であり、仕事が複雑になればなるほどIQの重要性は増してきますが、「真面目さ」の重要性は仕事の複雑さとはあまり関係なく、より広範な仕事に対して有用だと指摘しています。すなわちIQ は、仕事の種類、内容によって変わってきますが、真面目さは、どんな職業においても重要であるということのようです。以前、紹介しましたが、日本の文化の中で「M」で始まる言葉を職員と探したところ、「MAJIME」が多く出ました。日本人のイメージが強いのでしょう。

 スイス・チューリヒ大学のカーミット・セガル助教は13年の論文で、米国の8年生(中2)で問題行動(不登校、遅刻、宿題未提出など)があった人は、テスト成績を基に学力の影響を排除しても、26~27歳時の賃金が相対的に低い傾向を指摘しました。学歴の影響を統計的に取り除いても、すべての学歴レベルで同様の傾向があったそうです。一方、8年生の標準テストの成績と賃金の相関は、高等教育以上の学位を持つ者に限られていたのです。これは、当たり前のように思いますが、すでに、中学2年生の時の素行が、将来にかなり影響するというものです。それを、きちんとデータで表したのです。ただ、これはアメリカのことですので、日本では少し違うかもしれません。
 スウェーデンのストックホルム経済大学のエリック・リンキスト助教とストックホルム大学のロイヌ・ベストマン助教の11年の論文では、心理学者がスウェーデン軍の兵士に入隊時に面接して把握したデータを用いて分析しました。失業者や低賃金労働者はそれ以外の者と比べて性格スキル、認知スキルとも低かったのですが、性格スキルの方がより影響していたのです。

職業によると思いますが、採用するときに、成績がいい子よりは性格の良い子の方を採用する方が多いかもしれません。しかし、育てている最中は、やたらと成績のことを言うことのほうが多いかもしれません。

スキル” への8件のコメント

  1. 性格的スキルをより細かく定義したビックファイブは「真面目さ」、「開放性」、「外交的」、「協調性」、「精神安定性」からなると聞いて、自分は…と考えてしまいました。真面目さは確かに様々な場面で力を発揮してくれそうです。中学校の時に読んだ元阪急ブレーブスの福本豊さんも野球解説書の中で「努力に勝る天才はなし」と書いておられました。それを読んだ13歳の私はまだしっかり意味も分からずに「なるほど〜」と感じていました。今だに覚えているので、当時の自分の何かとリンクしたのかもしれません。「真面目さ」の定義に『「計画性、責任感、勤勉性の傾向」であり、側面として、「自己規律、粘り強さ、熟慮」』とありました。それを支えるのは自分たちが主体的に物事に取り組めているかということも大切になるのでしょうか?大人もやらされているより、主体的に活動することの積み重ねで物事にも積極的に取り組んでいけるような気がします。あまりよくない環境にも耐えるというのは粘り強さとはまた違うようにも感じたりします。「真面目さ」をどう子どもたちと関連させていくのか、将来に影響するこの時期に関わっている私も真面目にそのことを考えていかなければと思います。

  2. 性格スキルのビッグファイブのうち、印象に残ったのが「開放性」でした。定義には「新たな美的、文化的、知的な経験に開放的な傾向」とあるように、自分を解放することで新しい何かを得ることができると感じられました。逆に、自分を解放しなければ新たな経験はやってこないということにつながる気がします。何かに挑戦する時は、うまくいかなかった時のためにどこか自分を守ろうと、制御してしまう部分があると思います。しかし、それではスキルアップにはならないのですね。自分自信に偏見な禁止事項を作らず、何事にも制御されず、結果のすべてを受け入れ、そんな自分を許し「開放性」することが重要であると感じました。世の中の事象は、性格スキルによって表出されることが多く、その大部分に「真面目さ」が影響し、そして、ビッグファイブのバランスが「個性」として現れているのだろうなと思いました。

  3. どうも「真面目さ」が「からかい」の対象となることがあります。私が学生の頃からその傾向はありました。今はどうなのでしょう?ところが、この「真面目さ」は今回のブログでも指摘されているように、どんな職業においても基本的に求められるている「性格スキル」です。では、この「真面目さ」とは何か?「計画性、責任感、勤勉性の傾向であり、側面として、自己規律、粘り強さ、熟慮」とあります。これらは社会で成功していく上で必要不可欠なことです。大人の社会では最も重んじられる性格スキルですが、子ども時代はどうでしょう。今回、性格スキルの5つの項目があげられていますが、「真面目さ」、「開放性」、「外交的」、「協調性」、「精神安定性」が子ども時代の日々、意識するしないにかかわらず、場面場面で経験されていっているような気がします。そして、大人となった時、それら5つの中でも「真面目さ」が日本人の美徳として称揚されるのだろうと思うのです。非認知能力の現れである性格スキルのビッグファイブ、企業が社員採用の際の目安にする意味がよくわかります。IQについてはその能力発揮の場はさまざまですが、EQとなる性格スキルはどんな場でも必要なものでしょう。今回も良い学びを得られました。

  4. ビッグファイブとして挙げられていることを繰り返し読んでしまいました。どれも大切なことだと感じます。ずっと教わってきたことで「真面目さ」や「素直さ」がありますが、これはどんな場でもまず最初に必要なことだと思っています。その1つが性格スキルの最初に挙げられていて、これはやはり重要なことなんだと確認できました。「真面目さ」というだけではそれがどのようなものかイメージしにくいのですが、定義の「計画性、責任感、勤勉性の傾向」、そして側面としての「自己規律、粘り強さ、熟慮」は分かりやすいです。これ以外の項目についても具体的な指針として自己の振り返りに活用するといいかもしれませんね。

  5. 職場に出れば出るほど、教科などの認知的なスキルよりも、今回出てきたような「性格スキル」というものが求められているように感じます。そのうちの「ビックファイブ」はヒトを見ていくなかでたしかに重要視するところですね。過去の成績や素行からその人が将来受ける賃金に影響があるというのは正直驚きました。そして、その反面やはりその教育における責任はかなり大きいということも同時に感じます。とくに前回の性格スキルが乳幼児期の影響が大きいということを聞くと、今の自分のいる職場の重要性はかなりのものだと思います。目に見えて評価できるものではないだけに、追及していかなければいけない事柄ですね。

  6. toshiさんコメントの冒頭にも書いてあるように「真面目」が「からかい」の対象というのは私も感じます。私自身、小中高と少なくとも真面目ではなかったので、先生によく注意されていました。ただここでいう真面目と不真面目の違いとはどういうものなのか?考えてみました。カーミット・セガル助教の論文での不登校、遅刻、宿題未提出が賃金が低いというのは驚きました。確かに真面目よりは不真面目の方がいいかもしれませんが、私個人の考えとしては、環境が人を大きく影響すると思います。その人の良いところを引き出す環境であれば、不真面目だった子どもでも逆転は起きるであろうし、真面目でも、悪い部分が出てしまう環境だと悪い印象になってしまうように思います。ただ「ビッグファイブ」が揃っていれば、自分の能力を100%引き出せる環境をみつけることができるのかもしれません。

  7. 「ビックファイブ」具体的に書かれているのでわかりやすく感じます。いずれも学校の授業ではあまり教わることのできない内容だというのはすぐにわかります。内容を見て、保育園などの集団生活をしていると自ずと近いことを学んでいくように感じます。日々集団の中にいることで遊びの中から多くのことを経験し吸収しているのではないでしょうか。そう考えるとまた今の職業は大きな責任をおっているように感じます、また、勉強ができない分このビックファイブが発達している人は多くいるように感じます。私の友人は先生に大変お世話になっていた学生時代から急激に成長し考えもまともで自立していった人がいます。反対に頭が良かった人は少々平凡な生活をしている印象です。どちらがいいことなのか判断しずらいところですが…。『真面目さ』はより広範な仕事に対して有用し、どんな職業にも重要となると自分自身の足りないところがそこだと思っていたのでより見つめ直していきたいと思います。

  8. 仕事において「ビックファイブ」が大きく関わるというのはわかる気がします。人を雇うような立場に立ったことはありませんが、一緒に働く仲間として、「ビックファイブ」の「真面目さ」や「開放性」、「協調性」などといったことはとても大切で、それがあるからこそ、お互いを認め合ったり、助け合うといった「チームワーク」が生まれ、いい仕事ができると思います。
    経営など人を雇う立場にある人は、「ビックファイブ」をいかに考えるか。逆をIQといったことばかりを見ていると、「チームワーク」とれず、バラバラの仕事になってしまい、結果的にいい仕事ができなかったり、仕事自体がなくなってしまったりと、まさに研究が示すような失業や低賃金といった結果になるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です