現代文明

 今年、園で「集団給食施設栄養改善知事賞」を受賞しました。これは、病院や企業で集団給食を行っているところに対していろいろな試みを行っているところが受賞するものです。今年度は、新宿では私の園1施設だけで、昨日保健所で賞状の授与がありましたので行っていきました。保健所からの推薦ですが、私の園から提案したのは、食育3本柱「栽培」「料理」「共食」の取り組みについてです。特に、その中の「共食」については、私の保育論にかなり影響を与えた、人類の育ちに必要な行為です。もともと、「家」という形態をとったのは、囲炉裏を囲んで、様々な年齢に人たちが集まり、みんなで話しながら食事をするということで、一家団欒の光景です。その中で、赤ちゃんは他者を理解しつつ自己を確立してきたというものです。

 その場が現在の多くの家庭では、ほとんど見られなくなり、母子間、または両親と子どもだけでの食事がほとんどになり、子どもがひとりで食事をすることも多くなってきたために、その弊害が様々なところに出てきてしまっています。そこで、様々な年齢の子どもたちの集団があり、様々な年齢ののいる大人集団がある保育園で、かつての一家団欒の光景を再現しようと「共食デー」を定期的に設けて、0歳児から大人まで、丸いちゃぶ台を囲んで食事をしているのです。受賞は、それだけではありませんが、今回のポイントの一つです。

 ファン・デグォン氏は、DVDの最後にたき火にあたりながらこんな話をしています。「現代文明は、自然の機能だけを奪い取り、その他は切り捨ててしまう。そもそもヒトは、火とともに人間になっていったと思う。現代世界では、自然と文明は対立関係にある。しかし本来、自然と文明を融合させるものだったはずだ。現代風の暖房は、家全体を温めるので人々が一か所に集まる必要はない。昔は家族全員、多いときには10人もの人が一つの火を囲んで語り合った。昔の共同体にはこの親密なコミュニケーションがあった。そしてそれを可能にしたもの、それが火だ。現代の文明も火によって始まった。だが、人間はその火を誤って使ったため、火によって滅亡へと追いやられている。」

 そういえば、私が子どもの頃は、ちゃぶ台を囲んで、みんなで丸くなって食事をしただけでなく、みんなでこたつにあたりながら、それぞれのことをしていた気がします。もちろん、一緒に同じ番組のテレビを見ていた時間もあるのですが、そう、長い時間は見ていませんでしたら、それぞれ何をしていたのでしょう。最初は、こたつの中は火が付いた練炭でしたから、それぞれの部屋にはなく、一家にひとつですので、みんなで同じこたつに入っていたのでしょう。

 現在、ファン氏はヨンクァンの山麓に仲間たちと食・住、エネルギー、そして教育の自給を目指す共同体を建設中だそうです。そこでまず、若者たちの学校をつくろうと思っているそうです。どのような学校を目指しているかというと、「そこではだれかが生命平和について教えるのではありません、まあ、先生が人間である必要もありません。私が思い描く学校では、若者たちが自立の方法を自ら身につけていく。その過程で、先生を自分で発見することが学生にとって最大の課題です。つまり、先生を見つけることが学びなのです。」と考えているようです。

ひとつの価値観を目指す国家の犠牲になったファン氏は、「多様な個性や、やり方が混ざり合った共同体としての秩序」を作り上げた社会を目指そうとしているようです。