ブラック

「厚生労働省は一昨日の17日、若者の使い捨てが疑われる「ブラック企業」対策のため、今年9月に実施した集中取り締まりの結果を公表した。」というニュースが流れました。今回調査対象とした5111社のうち、82・0%にあたる4189社で、賃金不払いや違法な時間外労働といった違法行為が確認されたそうです。

今回調査した5111社のうち122社は、離職率が産業別の平均より高く、いわゆるブラック企業の特徴に近いとして抽出し、残りは、労基署などに苦情や相談があった企業などから選んだということです。違反の内訳では、「労使の合意を超えて時間外労働させる」などの労働基準法違反が43・8%(2241社)と最多でした。「正社員の多くを管理職として扱い、時間外の割り増し賃金を支払っていない」などは23・9%(1221社)、「給与や休日などの労働条件が明示されていない」も19・4%(990社)ありました。業種別の違反割合では、飲食店などの「接客娯楽業」が87・9%でトップで、タクシーなど「運輸交通業」が85・5%だったようです。

 就活の学生さんたちにとっては、ブラック企業であるかということが、重要なポイントのようです。そこで、それを見抜く技を教えるコンサル会社も多くみられます。学生を送り出す学校でも、丁寧に就職指導を行っているところもあります。厚労省の調査ではありませんが、あまりにブラック企業が多いとなると、学生さんたちは、就職後何をしたのか、将来どうしたいのかという人生設計よりも、ただ、ブラック企業でなければどこでもいいというように考えてしまうようです。ですから、公務員希望が増えるのかもしれませんね。区役所の職員を見ると、特に専門職でないかぎり、どこに配属されるかわからず、配属されたところで一生懸命とやる人が多く、どうしても幼児教育をやりたいとか、老人福祉をやりたいということで就職するのではないような気がします。もちろん、それは本人の重点項目なので、何を観点にそこに就職するかは本人の自由ですから、それがおかしいというよりも、そのような人が職員なのだと思ってしまいます。

 また、保育園や幼稚園に就職する人にとって、何がブラック企業で、何がホワイト企業であるかは、何によって決めるのでしょうか?もちろん、公的資金を入れているために、監査があり、就業規則や契約内容は調べられますから、基本的には、あまり劣悪な職場環境ではありませんが、最近、保育者のなり手が少ないのは、学生さんたちから見てブラック企業の要素があるのかもしれません。

 「2014年度卒新卒就職人気企業ランキング(楽天株式会社)」の評価項目と、就活生がイメージするホワイト企業の特徴は、「若いうちから活躍できる」「仕事が面白そう」「経営者やビジョンに共感できる」「成長性が高い」「雇用を守る(解雇しない)」と挙げられています。また、就活生がイメージするブラック企業の特徴としては、「経験が浅くても大量の仕事を与えられる」「サービス残業が多い」「理念や行動指針を押し付ける」「人材不足による激務」「勤続年数に見合わない低賃金」などがあげられています。

 この内容は、必ずしも黒白つけられるものではなく、その環境によって、ホワイトにもなるし、ブラックにもなるのです。今は、インターネットで情報を簡単に集められる時代ですが、ぜひ、自分の目で見て、体験して選んでほしいと思っています。