形の神秘

 いよいよ今年も残りあと数時間になりました。年末になるとこのブログで取り上げる内容はいつも同じような内容になってしまいます。それは、年末というのは、何とも言えない独特の雰囲気があるからでしょう。今は、1歳年を取るわけでもありませんし、借金がチャラになるわけでもありませんし、お店が一斉に休みになるわけでもありませんので、年々、新年という意識を持つ条件はなくなってきているはずですが、不思議ですね。年が変わることに、何か神秘的なものを感じます。

 新年を迎えるときのいろいろなしきたりは、その神秘さを表わしています。フレーベルが形に神秘的なものを感じたように、正月に関することで、形に意味を込めたものもあるようです。フレーベルが恩物の1番目にした球ではありませんが、丸い形には神秘的なものを感じたようです。例えば、鏡餅は丸い形をしています。

 もともと日本人は米が大切な食べ物でした。ですから、米に関する行事が多く残っています。そこで、稲に関して、稲魂(いなだま)とか穀霊(こくれい)という言葉があるように、人間の生命力を強化する霊力があると考えられてきました。この稲や米の霊力は、それを醸して造る酒や、搗き固めて作る餅の場合には、さらに倍増するとも考えられました。そんなことから、餅が古くから神妙な食べ物であったことを物語る伝説は、奈良時代に編纂された「豊後国風土記」や「山城国風土記」でも見られます。餅を弓矢の的に見立てて射ようとしたところ、その餅は白鳥となって飛び去り、人びとは死に絶え水田も荒れ果てたという言い伝えが書かれてあり、白餅は白鳥に連想されており、決して粗末に扱ってはならないもの、神妙な霊性を宿すもの、と考えられていたのです。
そして、宮中の正月行事では、新年の健康と良運とさらなる長寿を願う意味で、歯固めの祝いと餅鏡つまり鏡餅の祝い、とがセットになっていました。年齢という言葉に歯の字が含まれているように、健康と長寿のためには丈夫な歯が大切だと考えられていたのです。

 そんな大切な米から作られた鏡餅のその形は、その昔、鏡餅は年神様の依り代ですから、ご神体としての鏡をお餅であらわし、三種の神器の一つである“知”をもって世の中を治める道具とされた銅鏡の形の鏡は丸い形をしていたので、それをあらわしていると言われています。また、元禄8(1695)年に出版された「本朝食鑑」に「大円塊に作って鏡の形に擬える」との記載があることから、鏡餅は拝み見るべきものである鏡の役割をしているということで丸いと言われています。また、心臓の形をあらわしているとか、満月のように丸い形が生命力を表すとか、また丸く円満な人間の霊魂をかたどっているなどと言われていますが、同時に、年神様の神霊が宿る聖なる供物でもあります。それを大小二つ重ね合わせるのは、月(陰)と日(陽)を表しており、福徳が重なって縁起がいいと考えられたからとも伝えられています。

また、鏡餅の飾り方にも形の神秘性が使われています。鏡餅は、一般的には、三方(折敷に台がついたお供え用の器)に白い奉書紙、または四方紅(四方が紅く彩られた和紙)を敷き、紙垂、裏白、譲り葉の上に鏡餅をのせ、昆布、橙などを飾ります。また、正月に飾るシメ縄や玉串にも、ひらひらした切り紙がついています。これは、紙垂(しで)といい、様々な形のものがあります。この形は、落雷があると稲が育ち豊作なので、紙垂は、邪悪なものを追い払うという意味で雷光・稲妻をイメージしているようです。

形の神秘さは、自然の中のものから見出していることが多いようです。

形の神秘” への7件のコメント

  1. 少し前にお餅をお供えしてきました。きれいな丸いお餅で、あのお餅を持つと不思議と丁寧に扱わなければと思ってしまいます。丸い形にはそれだけで何か力を持っているのかもしれません。お供えするごはんもきれいな丸い形です。気をつけて身の周りを眺めてみると様々な形があることに気づきます。昔から続いているものは特に、その形に意味を見出しているものが多いと思われます。丸に限らず三角や四角も、その形に何を見出してそこにあるのか、そんなことにも少しは敏感になってもいいかもしれません。あと少ししたら鐘撞きの準備が始まります。大晦日、そして新年を感じやすい環境にあることには感謝するべきなんでしょう。周りに対しても自分に対しても、謙虚であることは必要だなあと感じる今年最後のブログでした。
    今年も1年間大変お世話になりました。来年も引き続きたくさん学ばせていただきます。もちろん謙虚な姿勢を忘れずにです。来年もよろしくお願いします。

  2. 餅が神秘な食べ物であったこと、鏡餅が三種の神器の道鏡をあらわしているのでないかということは知りませんでした。よく目にする鏡餅ですが、そのような意味があって飾られていたのですね。お正月の飾りでもまだまだその意味が分からないものはたくさんあります。縁起が良いということや厄払いという役割のものが今でも多く残っていることから、当時の人達の理解できないものに対する敬意や恐れのようなものを感じたりもします。現代の私たちにもその気持ちはちゃんと受け継がれているようです。丸い形の物は手にとってみたくなります。キレイな丸い石を手の中でずっと転がしていたことを思い出しました。今でも丸い石ころを見ると手にとりたくなります。不思議な感じです。今年からブログにコメントさせていただき、私にとって多くの刺激、学びを頂いた一年になりました。たくさん学んだことをしっかり実践していきたいと強く思った一年でもありました。年が変わってもこの思いを途切れるものではなく、継続させていきたいと思います。遠く離れた土地からではありますが、ここで、こうやって多くの学びを与えれくださった藤森先生には感謝をしながら一年を締めくくりたいと思います。来年もまた、よろしくお願いします。

  3. 田舎にいて、家族でNHK「紅白歌合戦」を観ています。今は、ブログを読むために紅白は一休み。「形の神秘」、まことに人智を超越しながら、人間世界を規定しています。一昨日搗いた餅は鏡餅となって大晦日の本日、神棚にお供えしました。二礼二拍手一礼の形をもって鏡餅をお供えします。「二礼二拍手一礼」という形式は、その意味をわからずとも、私たちの神式の祈りの形です。
    まことに神秘の形です。お幣束は人形から神様の形ですが、注連縄の紙垂は「落雷」で、豊作祈願の象徴、ということです。当臥竜塾ブログは最後の最後まで学びの宝庫です。さて、本年2013年は1年あまりのお休みを終えてブログへのコメントを再開できた年です。いつまた「お休み」になるかわかりませんが、とりあえず、来年1年も若い人たちと共に当ブログへのコメントができるように、心身の調子整えていきたいと思います。次は2014年1月1日のブログを心待ちにしております。藤森先生、読者のみなさん、何卒、良き新年をお迎えになられますように。

  4. アップに気づかず、ブログのコメントも年を越えてしまいました。さて、今年の鏡餅ですが、残念ながら今年も喪中になっているので、なかなかここ最近は鏡餅を飾ることができずにいます。鏡餅といっても、さまざまな由来があるんですね。その原料になっている穀物の由来から、銅鏡や月などの言い伝え、なににしてもその神秘性というものを鏡餅というものに感じます。鏡餅というもをただ漠然と正月に飾るものとしてみていましたが、その佇まいはどこかめでたいと思わせる雰囲気がありますね。これは日本の文化が染み付いている証拠なのかもしれません。昨年もたくさんの学びがありました。新年もどうぞよろしくお願いします。

  5. 鏡餅やしめ縄など、新年を迎える準備には自然の中にある形が影響しているため、神秘さを感じることがあるのですね。自然な形というのは、どこか不規則な規則性をもっているように感じます。そんな自然に対して、新年という清らかな始まりに、一年を通しての感謝の気持ちを込めた先祖の方々は、当たり前のように自然と共存していたことを感じさせてくれます。ひょっとしたら大掃除も、自然の恵みが今後も舞い込んできますようになどといったことがあるのでしょうか。数々のならわしに込められた、日本人が大事にしてきたものを知ることが、自然とのつながりであれば、高齢者や伝統から得る学びに対して、より積極的にならなければいけませんね。ということで新年を迎えてしまいましたが、今年はこれまでに得た知識に様々な実践を加え、人としての経験値を高めていきたいと思います。このブログからは、藤森先生の人間性や価値観、そして生き方を感じています。どんな恩返しができるか考えるのですが、なかなか答えがでません。僕はまだ、コメントを書くことしかしていませんが、次に出来る自分の役割を見つけるため、今年もお世話になります。どうか、藤森先生を始めコメンテーターの皆さんが、今年も健康でいれますように…。

  6. 年末は自宅でも保育園でも新年に向けて飾りつけが始まりますね。毎年の事なので当たり前のように準備などをしているので、改めて装飾について知ることができました。鏡餅に関して言えば、以前子ども達の前で鏡割りをした際に自分なりに調べてみました。ただ鏡餅を飾る白い紙、紅白の四角い紙など、ブログに書かれているように豊作を祈願したり、陰と陽など自然の中から伝わってきているものなんですね。

  7. 鏡餅は読んで字のごとく「鏡」をイメージしているのは知っていましたが、他のものにも一つ一つそのような意味が込められていたのですね。昨年に保育園でも餅つきをしました。その搗いたお餅で鏡餅を毎年作るのですが、どうしても年が明けるころにはカビてしまっていたので今年は何とかしてカビさせないようにとみんなで考えました結果、今年は無事にカビることもなく飾ることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です