使用範囲

 レゴが新しい教育ツールであるブロック「マインドストーム」を開発したことで、中国で人気が出ました。しかし、現在では、世界中で小学校から高校の間で導入が広がり、過去15年で世界60カ国の5万以上の教育現場で導入されているようです。日本でも、小中学校はもちろんのこと、東京大学や京都大学、明治大学など6000校で採用されているそうで、もはや、おもちゃではなく教材としてレゴが使われているのです。また、子どもへの教材どころか、大人が買っても楽しめるところから、アメリカでは、大人もこぞってこのマインドストームを買っているようです。

 多分、レゴを組み合わせて、何かの形を作るものとだけ考えていたら、思いつかなかったかもしれません。また、開発部にいる人たちだけでは思いつかなかったかもしれません。2006年に発売されたロボット教材「インドストーム」は、その制作過程を可視化し、熟練のレゴファンの集団を改良の作業に参加させたのです。そして、その作業が進むにつれ、レゴファン集団の数を増やし、最終段階では、100人ほどのファンを参加させて最終的な修正や変更をさせたということです。社内だけでの閉塞された社会で、いくら頭を絞ってみても堂々巡りをする可能性があります。そんな時に、いろいろな人の意見を聞くことは大切です。また、実際にそれを使う人の意見を聞くことも大切なことです。それを、レゴ開発では、使用者の意見を聞くだけでなく、その人たちも交えて開発していったのですから、人気が出るのは当然と言えるかもしれません。特に、レゴのようなおもちゃには、熱烈なファンがいるわけですから、彼らの方が、社員よりもよほど商品に精通しています。したがって、この取り組みは、熱烈ファンが商品開発に参加するという新しい取り組みのせいかとも言えます。

 このように開発された商品ですから、その利用者の幅は広がります。その甲斐あってか、このレゴの教育プログラムは、学校などの教育を超えて、企業の研修現場でも広く使われるようになりました。日本でも導入している企業は230社を超え、マインドストームを使ったロボコンに参加する企業も多くなりました。レゴ社の日本人向けの宣伝文句では、「マインドストームで、論理的な思考力や、創造的な課題解決力、プロジェクトマネジメントスキルなど、日本人が苦手とする表現力やプレゼンテーション力を培うことができます。」と訴えています。

 また、この教育プログラムとしての利用は、もっと広がっていくようです。ずいぶんと前から、宇宙飛行士を選ぶ試験にも使われているようです。2009年に行われた宇宙飛行士の候補者選抜試験にマインドストームが採用されたそうです。その課題は、グループごとにいくつもの課題や難題を克服しながら最終的にロボットを完成させるというものです。この完成にいたるまでの過程を見ることで、チームワークやリーダーシップ、さらに不測の事態が発生した際の対応力などを判断できるということで採用されているようです。

 このような商品は、もはや私たちが持っているレゴのイメージを越えています。しかし、ブロックとして自在に組み合わせることができるというレゴの基本的な機能は失っていません。実際にその作品を見ると、よりその実感をします。ということは、真の機能を失わず、その機能を熟慮した結果生み出された商品なのです。

 ただ、私たちが子どもたちに与えようとするブロック、積み木とは離れてしまっていることは事実です。

使用範囲” への7件のコメント

  1. 小中学校や大学、企業にまでレゴは広がっていっているのですね。熱烈なファンの方を商品開発に参加させたというのはファンの方達のレゴに対する愛着も高まっていくのかもしれませんね。宇宙飛行士の試験にも活用されているのには驚きました。レゴ社の日本向けの宣伝文句に論理的思考、課題解決、表現力などを培うとあり、多くの企業がレゴを採用しているということは会社で働く人々のそれらの力が不足しているのでないかということを考えてのことになるのでしょうか。だとするとレゴを使って楽しくそのようなことを学ぶというのもいいのかもしれませんが、企業そのものの雰囲気も気になるなと思いました。確かに私も含め、課題解決や論理的思考、表現力などに自身がない人はおられるのではないかと思います。しかし、そんな時にいろいろと考えながら、悩んだり、失敗しながらも前向きに仕事に取り組むことのできる環境があれば、それらの力がゆっくりではありますが、なんとなく掴んでいけるものでもあるのかもしれません。利益が第一の企業にとって、失敗は損失につながるのかもしれませんが、そんな雰囲気も大切なのかなとも思いました。もちろん、保育の現場で私たちがそれらの力を培うためにできることはたくさんあるので、丁寧に考えていきたいと思います。

  2. レゴファン集団を、商品開発に加えるという試みは、いったい誰がどうやって思い立ったのでしょうかね。そういった新しい発想を、私も身につけたいと日々感じています。商品は、作り手の思いそのままに受け手が受けて感じているというのは、なかなかないのかもしれませんね。そこのずれを、修繕する作業が“レゴファン集団の加入”でもあったのかもしれません。また、宇宙飛行士選抜試験にも導入させたという点にも、興味があります。漫画「宇宙兄弟」にも選抜試験のシーンがありましたが、わざと人間関係をこじらせるための「グリーンカード」と呼ばれるものがあり、その状況下で一人一人がどんな行動をするかをモニタリングしている様子が描かれていました。「チームワーク」「リーダーシップ」「対応力」が判断できる『マインドストーム』。これからも、社会からの需要は増えていきそうですね。

  3. 教育版レゴのサイトを見て、初めてどのようなものか理解できました。確かにレゴの要素は残っていますが、なるほどこういうものなんですね。商品開発に熱烈なファンを加えた取り組みなんかは、企業のあり方としておもしろく感じます。そしてそれが利用者の幅を広げていったのもよく分かります。このような取り組みに関しては、やはり企業はすごいですね。例えば保育園はどのような方向にどう進んでいくのか、そしてそれをどう打ち出していくのかといったことに関して、企業の取り組みも参考にしていくことも時には必要かもしれません。と、ここまで書いて改めて教育版レゴのサイトを眺めてみたんですが、ここまで変わってしまったことに個人的には寂しい気もします。

  4. レゴ社が開発した「マインドストーム」、たかがレゴ、されどレゴ、といった感じをまずは受けますね。「過去15年で世界60カ国の5万以上の教育現場で導入されて」いて、その導入先が「東京大学や京都大学、明治大学など6000校」と言われると、「レゴ」に対するイメージを完全に修正しなければなりません。従来、「レゴ」は子どもの積み木類、という認識しかなかったわけですが、これは大きな誤りであることがわかりました。なぜならレゴの進化系の「マインドストーム」は「ブロックとして自在に組み合わせることができるというレゴの基本的な機能は失って」いないからです。どうやらこの「自在に組み合わせる」ところがキーワードのようです。この基本部分を残し、現代という時代が提供するパソコンと連結させ、「発展」させる。この考え方を私たちは大切にしていきたいですね。

  5. 私が想像している以上にレゴの「マインドストーム」が世界中で広がっているのですね。確かにレゴの熱烈なファンを交えての開発すれば人気が出るのは必然ですね。よくコンビニの商品でも消費者の声を参考にしたり、ユニクロは顧客の苦情をあえて求めていました。やはり現場の声というのがどの業界でも大事なんですね。
    ブログにも書かれていますが「マインドストーム」は子どもに限らず様々な場所で活躍をしていますが、ブロック、積み木という印象から離れていますね。何かに特化してしまうと、その反面、本来持つ機能を失ったり、離れてしまうのは仕方ないのでしょうか…。

  6. 大学や企業など、「マインドストーム」と言われるレゴにいろんな参加がされているんですね。最近おもちゃ屋でもレゴを見るとただ組み立てる私の知っているものより、モーターがついているものなどすごく種類が多いので驚いています。一つのプロジェクトとしてレゴが使われているというのはなかなかすごいことですね。そこでは役割やコミュニケーションなど、さまざまな能力が必要とされるでしょうし、レゴというものはやはり根本はおもちゃです。楽しみながらこういったプロジェクトを通して、コミュニケーションを図るというのが企業のねらいなんでしょうね。しかし、ここまでレゴの能力を昇華させたところには驚きますね。基本的な機能は失わず、より発展させる。そのためには元の機能を熟慮していなければならない。大切なことです。企業ですから、多方面からのアプローチやマーケティングが必要なのだと思います。しかし、本来のブロックとしての目的からは離れているように個人的にはその寂しさはやはりありますね。

  7. 日本でもマインドストームはかなり入ってきているようですし、企業の研修現場でも使われているのですね。そして、「宇宙飛行士の候補者選抜試験にマインドストームが採用されたそうです。その課題は、グループごとにいくつもの課題や難題を克服しながら最終的にロボットを完成させるというものです。」というところでとても驚きました。k.taka さんのコメントで宇宙兄弟の話がありましたが、私も読んだことがあったのでイメージできました。一つの問題点にチームで話し合い自分の役割や得意分野を活かしながら問題解決していくシーンが印象的でした。こういったブロックと積み木では確かに根本的な意味が変わってきてしまいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です