なつかしい銀座

 最近、東京駅周辺、銀座が盛況です。一時、新宿、渋谷、池袋に押されていましたが、かつての丸の内、八重洲、日本橋、銀座がにぎわっています。ただ、多くは私たちの世代が中心ですが。この賑わいは、丸の内側でいえば、数年前から、東京駅周辺のブランド通り、新丸ビルをはじめとした新ビルの建設、東京駅のリニューアル、

KITTEから見た東京駅

KITTEから見た東京駅

そして、最近は中央郵便局が「KITTE」というあたらしいショッピングビルに変わりました。kitteまた、八重洲側でいえば、エキナカのリニューアル、大丸のリニューアルがあります。また、少し足を伸ばして有楽町の方へ行くと、各地のご当地ショップがあります。

 そんなわけで、私は、最近は妻と買い物に行くときはもっぱら東京駅周辺とか銀座へ行くことが多くなりました。そんな時に、ちょっとお茶するとか、食事をするときには、どの店に行っても混んでいます。そこで、少し前に銀座に行った時に、なつかしい風月堂に行ってみました。思った通り、あまり混んではいず、多くの客は年配層が多かったです。

 風月堂は、1753年(宝暦3年)に、初代大住喜右衛門が“大阪屋”を屋号として菓子屋を営んだことが最初です。ここの菓子はよほどおいしかったのでしょう、1789年(寛政初年)には、老中松平定信より「御定用・御菓子調進」を命じられています。定信はよほど気に入ったのでしょうか、1812年(文化9年)に、格別な知遇を以て商号に“風月堂清白”の5字を選授し、その後、屋号を風月堂としました。

もう一店、私が子どもの頃、親によく連れて行ってもらったレストランが銀座「不二家」でした。先日は、久しぶりに銀座不二家に行ってみました。私の子どもの頃、日曜日になると外食をしていました。大体は、浅草の釜めし、焼き肉、両国の桜鍋(馬肉のすきやき)、銀座の不二家でマカロニグラタンでした。どうしてそんなに外食したかというと、家に南京虫(今は、トコジラミといいます)が多く、それを駆除するのに、家の窓に目張りをし、バルサンをたいたのです。バルサンは、火をつけると家じゅうに煙が充満し、その効果が表れるまで家を留守にしなければならなかったからです。各部屋に置かれたバルサンに煙にまかれないように父親が火をつけて回るのをドキドキしながら待っていました。

 不二家で食べたマカロニグラタンは、今のようにチーズがとろけているのではなく、ゆでたマカロニと玉ねぎ、海老、マッシュルームなどを炒めて、色付かない様に炒めた小麦粉のルーを牛乳やブイヨン等の出し汁で溶き延ばして煮詰めた白いソースであえたものでした。それと同時に頼んだのがメロンソーダでした。この「天然ソーダ水」は、不二家から生まれたものです。

もう一つ、不二家というとパフェ、フルーツポンチ類がありますが、アイスクリーム・サンデー、アイスクリーム・ソーダなどのメニューを不二家が取り入れたのは、創業間もない大正時代からだそうです。その中でも、アイスクリーム・サンデー、アイスクリーム・ソーダは不二家が元祖といわれています。そして、ソーダ・ファウンテンで天然ソーダ水を売り出した不二家は、アイスクリームを合わせたアイスクリーム・ソーダを作り出しました。

あたらしい町に生まれ変わった銀座にも、私の子どもの頃に行った店も残っています。