未来

ジャレド氏が言う「昨日までの世界」を見てきましたが、私は、その世界は、国家社会になって久しい日本においては、「数時間前までの世界」の気がします。伝統的社会における文化を、日本はつい最近まで継承してきた気がします。最近まで、ニートなどという言葉などありませんでした。現代うつ病、アレルギー、除去食、アトピー、水最近までそのような言葉ですらありませんでした。それが、あっという間にアメリカ的、西洋的になってしまったのです。

もちろんそれは、現代化であり、発展です。素晴らしい、あたらしい社会を手に入れました。安心で安全な社会に暮らすことができています。随分とありがたいものを手に入れました。しかし、その中で、子育てという遺伝子を子孫に残すという行為までも、西洋化してしまったのです。ジャレド氏は、伝統的社会から学ぶべきものとして、少子高齢化社会を迎えた現代社会における子育てと高齢者の問題をあげているのです。そして、伝統的社会を見直すことによって、今、大きな問題に直面している日本やアメリカなどでは、あと30年か40年のうちに、持続可能なシステムを作らなければならないと警告しています。

彼の言う30年から40年後には持続的社会をきちんと構築しておかなければ、地球という存在自体をも危うくすることになるということは、その時の社会を支える中心的役割をする現在の乳幼児を、もっと大切にするということなのです。その乳幼児の育児を、ただ母親だけに押し付けたり、働いている母親のためのその子の入れものとして考えて数だけを作ろうとしている保育所であったり、保育、育児の仕方を、国家主義の西洋化のなかで考えられた方法を変えようとしなかったり、これらは、持続的社会を構築するうえで見直さなければいけないのです。

ジャレド氏は、これから親になる人に向かって、次のような選択肢に納得するかを考えてみるように言っています。「求められるたびに授乳する(現実的対応であれば)」「離乳を遅くする」「乳児に複数の成人とスキンシップさせる」「添い寝をする(堅めのマットレスかゆりかごを寝室に置き、小児科医と相談することが必要)」「乳児を抱きかかえ、正面を向かせる」「グループ育児を増やす」「子どもの泣き声にすぐに反応する」「体罰を避ける」「子どもに自由に探検させる(子どもから目を離さないように)」「異年齢の子どもと遊ばせる(小さな子どもにも、大きくなった子どもにも効果がある)」「できあいの“教育玩具”やテレビゲーム、その他のお仕着せの娯楽ではなく、自分たちで楽しむ方法を学ぶようにしてやる」

このような育児は、個人レベルではなかなか難しいと言います。近所や地域全体が変わらなければならないのです。評価すべき伝統的社会の特徴を実践するには、個人と社会の取り組みが必要です。しかし、こうした選択肢を真剣に考慮する価値はあると言います。伝統的社会を訪れて子どもたちに接した人々は、その独立心や情緒的安定性、社会的成熟度に感心するからです。

ジャレド・ダイヤモンド氏は、「昨日までの世界―文明の源流と人類の未来」という書籍の最後に「読者個人と現代社会全体が、私と同じように、広範囲におよぶ伝統的社会の人類の経験から、お互いに享受できるものを見つけ、取り入れることを願っている。」と締めくくっています。

未来” への8件のコメント

  1. 乳幼児期の大切さがどんどん広がっていき、本当の意味で社会に浸透していくといいなと思います。そのためにもまずは目の前の子ども達からですね。これから大人になり、社会集団を築いていく子ども達と関わることの重要性を改めて感じ、責任も感じますが、楽しさも感じます。「広範囲におよぶ伝統的社会の人類の経験から、お互いに享受できるものを見つけ、取り入れることを願っている」先人が残してくれた経験から生まれた知恵をしっかり受け継いで、参考にしていかなければなりませんね。誰かの意見を受け入れるだけの気持ちは常に持っていたいなと思っています。伝統的社会の人類から身近な人達と多くの人から享受できるものを見つけていきたいと思います。

  2. 本文の選択肢に納得するかは「個人レベルではなかなか難しい」といった指摘に、注目を持ってしまいます。個人と社会の取り組みがあって、初めて実践に移っていく傾向があるのであり、伝統的社会における特徴を、世界に幅広く伝えていく必要がありますね。地球存続の危機となれば、きっと人類はみな、祖先が生存戦略として行ってきた“協力する”といった行動を見直すでしょう。そこから、人類のさらなる歴史、第2章がスタートするといった感じでしょうか。30、40年後の30、40歳の方々は、笑って楽しく生きているでしょうか。生きる希望を見出だせているでしょうか。伝統的社会の伝承を生活に取り入れ、個人と社会が子どものために協力しているでしょか。それも、大きな問題に直面している現代社会に生きている私たち次第であるということを考えた時、不思議と胸の奥に使命感という名の灯火が、パチパチと音をたて始めるのです。

  3. 今回のブログで紹介されたジャレドダイアモンド氏の選択肢、これらは今後赤ちゃんやはいはいよちよち歩きができるようになる子たちにとってわたしたち大人がやらなければならないこと、私たちの拠り所としていきたいところ、と思います。各ご家庭でもこのブログを読んで、自分たちの子育てに役立ててほしいと思います。さしあたり、保育の専門集団をもつ私たちの園で、このことを常に確認して、自らの実践を客観化し評価していきたいと思うのです。私たちは給与から社会保険年金を差し引かれます。それは今の年金受給者の年金を保障するためです。やがて私たちも年金受給者になります。その年金保障してくれるのは私たちの目の前にいる乳幼児です。ニートやひきこもりとなって、あるいは生活保護者となって私たちの年金を保障してもらえなくなるなら一大事です。そうならないためにも、落ち着いて静かな乳幼児や小学生をつくらないよう、興味関心好奇心探求心のかたまりとなって自分の好きなことをやって社会に貢献できる人になるよう、子どもたちの主体性と自発性を伸ばす環境を構築できるよう、微力ながら私の使命を全うしていきたいと思います。

  4. とても大事な考え方に出会うことができました。そのことに感謝しています。こうした考え方が広く受け入れられるといいなあと思うのですが、今身の回りにあるものや起きていることだけに注目してしまうと、伝統的社会のもっているものの意味に気づけなくなってしまいます。過去から、他者から何かを学ぼうとするのであれば、じっくりと取り組んだ方がいいですね。早く効率的にとは対極の話なので、余計にそう思います。西洋化と伝統的社会のバランスについて、もっと敏感にならなければと思います。

  5. ジャレド氏があげる少子高齢化社会を迎えた現代社会における子育てと高齢者の問題。それはまさに、個人と地域の関わり合いの問題だと思います。
    伝統的社会から学ぶ良い育児を実践しようとした時、それは個人レベルでできるものではなく、地域の助けが必要になってくる。そしてそれは同時にその地域社会の貢献にもつながる。
    保育という考えが子どものみにではなく、いかに社会に貢献していけるかという所を深く考えさせられました。

  6.  ジャレド氏の著書「銃・病原菌・鉄」は日本国内でもベストセラーのようですが、「昨日までの世界」はどうなのでしょうか?なるべく大勢の方に読んでもらいたい本ですね。保育士、小学校の教諭等の養成学校の教材として取り上げるとか、厚労省、文科省の役人と政治家にも読んでもらいたいですね。特に「お母さん(がけ)が、三年間、だっこしほうだいな制度を作る!」と得意げな現首相にも読んで欲しいですね。

  7. まだ30年ほどしか生きていない私でも、急激に文化が進化してきたと思います。それはいい意味でも悪い意味でも捉えられます。インターネットの普及により、様々な事が可能になりました。その反面ブログにも書かれていますが、ニート、うつ病などの現代社会の大きな問題です。物事にはメリット、デメリットがあると思いますが、国の未来を考える上でデメリットというのは最小限に抑えることが大切だと思います。しかし、どうも最近は目先の事しか考えず、あとで大きな歪を生んでしまうような気がします。もちろん保育、子育ても同じです。ジャレド氏が選択肢を述べている項目は、確かに個人レベルでは難しいかもしれませんが、伝統的社会のようにお互いに享受できるようになれば、持続的社会を構築できるのかもしれません。

  8. 伝統的社会を実際に行っていくためには社会の構造自体を変えていくことが求められるとおもいます。そして、それにおける大人の子どもにたいする意識ももっと高くもっていないとできないことなのだと思います。自分のいる国家が続いていくためには今いる子どもたちの存在はとても重要になっている、当たり前のことがどうも自分自身含め、社会であまり意識していないように感じます。社会自体が便利になったぶん、今の社会は個人主義になり、あまり社会でのつながりを持つ必要がなくなっている部分があります。便利であるがゆえに本来のあるべき姿がなくなっているのは改めて考えていかなければいけないことですね。伝統的社会から読み解ける社会の在り方はとてもシンプルに人としての生き方が描かれているように思います。シンプルだからこそ、今の複雑な社会にはこういった基本となるものが求められているように思います。「 広範囲におよぶ伝統的社会の人類の経験から、お互いに享受できるものを見つけ、取り入れること」はまさにその通りのことだ思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です