社会4

 私は、保育を考えるうえで、様々なアプローチから検証することにしています。そのアプローチは、時として難しく、直接保育に結びつくかはわからないときがありますが、それを試みよとするのは、純粋に興味が湧いてくるからで、自分の中では何となく考えていることと結びつく部分があり、納得してしまうことも多くあります。研究者たちも、社会間の相違を理解しようと、様々なアプローチを使っています。しかし、それらのアプローチは、一部の社会間で見られる一部の違いを理解する際には役に立つのですが、その他の現象にまで用いるのは適切とは言えないとジャレド氏は語っています。

 今まで考察してきたのは、進化論的アプローチと呼ばれているものです。このアプローチから社会の形態を見たときには、人口規模や人口密度が異なる社会では差を描き出すことができるほか、人口規模や人口密度が似た社会同士でも共通する様々な特徴を描き出すことができます。そして、社会の拡大や縮小に伴って現れる変化を推論し、ときに直接観察することができると言われています。そして、この進化論的アプローチに関連するものとして、適応主義的アプローチというべき手法があるようです。それは、社会の特徴の一部には適応性があり、その社会特有の物質的条件や物理的・社会的環境、人口規模や人口密度のもとにおかれた時に、その社会がより効率よく機能できるような変化するという考え方だそうです。この適応主義的アプローチでは、社会にはそれぞれ独自の歴史があり、おのおのがユニークな存在だと考えます。そして文化的信条や習慣は、環境条件に左右されない、かなり独立した変数だとみなします。

 社会間の違いを理解するためのアプローチには、もう一つあるそうです。それは、ある地域で広く普及している文化的信条や習慣の中から、局地的な条件とは明らかに関係ないにもかかわらず、歴史的にその地域で広まったものを見極める方法だそうです。このアプローチの例としてジャレド氏は次のようなことを挙げています。ヨーロッパではほぼどこでも一神教と非声調言語が普及しているのに対し、中国や隣接する東南アジア地域では多神教と声調言語が多いということです。私は、声調言語のことはよくわかりませんが、確かになぜ、日本を含めて中国や東南アジアの環境では一神教が本質的になじまなかったという点は疑問に感じます。

宗教や言語、その他の信条や習慣は、次にあげる二つのいずれかの方法で広まったと思われています。ひとつは、人々が自らの文化をたずさえて各地に進出する方法です。南北アメリカやオーストラリアに移住したヨーロッパ人が、ヨーロッパ言語やヨーロッパ風社会を現地で構築したことがいい例だと言います。もう一つは、人々が他の文化の信条や習慣を取り入れる方法です。たとえば、現代の日本人は西洋風の衣服を取り入れ、現代のアメリカ人は寿司を食べる習慣を取り入れたが、これは西洋の移住者が日本を乗っ取ったわけでも、日本の移住者がアメリカを乗っ取ったわけでもないのだとジャレド氏は言います。このことから、最初に書いたニューギニアの進化が少しわかります。その進化は、環境に適応していったわけでもなく、また、その地を他国が占領し、その国の文化に強引に変えさせたわけでもないのです。しかし、その変わってきた文化を考察してみても、伝統的文化に関する知識を獲得することはできません。そこで、ジャレド氏は、四つのカテゴリーに分類した情報源から得ることを試みています。