父母以外の養育者

ジャレド氏は、とても興味のあるところに注目しています。それは、父母以外の人間が、子どもの面倒を見る貢献度はどのくらいあるかという調査です。確かに、社会において母親、父親の育児分担は分かるのですが、最近の問題として、保育園に子どもを預けることを含めて、親以外の他人の育児参加を伝統的社会ではどのように行ってきたのか、それは、子どもにとってどのような意味を持ってきたのかを調べることは、とても意味あることのように思います。

狩猟採集民の小規模血縁集団では、赤ん坊が生まれて1時間も経たないうちに、その子のアロペアレンティングが始まるそうです。このアロペアレンティングとは、代理養育と呼ばれ、生物学的な親以外の人間が子どもの世話をやいたり、面倒をみたりする養育スタイルのことを言います。このような養育は、私がブログで紹介したように、人類が誕生したころからも、小さな貝殻を遺跡から発掘した時にも、それは、赤ちゃんをみんなで養育する証であることではないかと考えられているということを書きました。同様に、アカ・ピグミー族やエフェ・ピグミー族は、生まれたばかりの赤ん坊が、焚き火の周りでグルグルと人のあいだを手渡しで回され、大人たちも年長の子どもたちも、みな同じように、赤ん坊を手渡しし、ほおずりをしてみたり、そっとゆすってみたり、歌を歌って聞かせてみたり、理解できるはずもないのに言葉をかけてみたりするそうです。確か、NHKヒューマンでは、アフリカのクン族では、そのように赤ちゃんを手渡しながら首に首飾りを下げてあげます。発掘された貝殻はそのように使われたのではないかと思われているのです。

]赤ん坊が手渡しされる平均回数を実際に数えた人類学者の報告では、エフェ・ピグミー族とアカ・ピグミー族の赤ん坊の場合、一時間に平均八回いろいろな人に手渡されていたそうです。また、狩猟採集民のあいだでは、赤ん坊の世話が共同作業になっていて、母親と父親や親代わりの大人とが育児を分担していたようです。それは、父親や親代わりの大人とは、たとえば祖父母、おば、大おば、他の村人、年長の兄弟といった人たちです。これに関しても、人類学者が実際に人数を数えてみると、数時間という観察時間のあいだに、アカ・ピグミー族の赤ん坊は7,8人に面倒をみてもらっており、エフェ・ピグミー族の生後四カ月の赤ん坊は14人に面倒をみてもらっていたそうです。そして、この面倒を見た仲間のことを「家族」といったのです。この調査報告は、他の報告とも合致します。また、人類の生理学的特徴が裏付けます。

特にその時に大きな役目を担ったのが、祖父母です。ジャレド氏も、狩猟採集社会では、父母と一緒に、乳幼児が食料の調達に同行することはあまりないので、赤ん坊や幼児は祖父母と一緒に野営地に残り、父母が心おきなく食料探しに専心できるようにしているといます。そして、父母が出かけている間は、農耕民族と違って、夜になったら帰ってくるというわけではなく、数日の場合もあれば、数週間にわたる場合もあったようです。親、特に母親から離れて育児された子はどうかというと、こんなデータがあります。子どもの体重増加をみると、東アフリカのハヅァ族では、祖母が子どもの身の回りの世話などをしている場合と、そうでない場合とでは、祖母が養育に関与している子どものほうが体重増加のペースが速いそうです。

これも、以前から主張していることを裏付ける話です。

父母以外の養育者” への6件のコメント

  1. 現在は病院で出産することが多いので、生後すぐにいろいろな人に抱かれるということは少なくなっているような気がしますが、私の場合は母親の実家で生まれたようなので、おそらく生後まもなく祖父母はもとより叔父叔母、親戚縁者ご近所の方々から抱っこされていたのだろうと推測されます。生まれて1週間くらいたった私の息子が母親と共に退院して母親の実家に戻った時には同様のことが行われていたので。そういった意味では、親以外の育児参加者が周りに大勢いたということでしょう。祖父母の役割の大きさは私自身が実感しているところです。父母は朝から晩まで働いていましたから私を含めた兄弟姉妹は祖父母と共にいる時間が長かったと思います。保育園に通うようになっても送り迎えは祖父母であったように記憶しています。現在の保育園で祖父母の方々の送り迎えを目にすることがあります。育児は親だけで行われていないのだということを実感する瞬間です。

  2. 私が幼い頃は実家の目の前のお宅のおばあさんに毎日のようにお世話になっていました。成長してからも毎日のようにおばあさんの家に行っては何をする訳もなく過ごしていました。血の繋がった関係ではありませんでしたが、私にとっては祖母の変わりの様でもあり、一緒にいると安心する存在でした。ピグミー族は多くの人に面倒を見てもらっていたのですね。数時間のうちに7、8人ということからも考えると、乳児保育における担当制というものが浮かんできます。情緒が安定、信頼関係の構築、些細な変化を見逃さない…などと言われますが、やっぱり違和感を感じてしまいます。実際に経験したことはないですが、それでも違和感を感じてしまいます。

  3. 藤森先生がずっと主張してこられたことはいろんなところで明らかになっていくんですね。もともと人間はこういう存在だったことを忘れて、母親だけが育児をするものだといった空気を生み出してしまうことは、本当に怖いことですね。日本に限ったことではないのでしょうが、子育ての形=生活の形が片寄ったものになってきているんだとしたら、できるだけ早く本来の形に少しでも近づいていくように、そして難しいようであれば保育園のような場がその機能を果たしていく、そんなことが当たり前になっていくように動いていかなければいけませんね。

  4. このような話を聞くと、いかに現代の子育てが養育者に無理な負担を与えているのかということを感じてしまいますね。エフェ・ピグミー族の赤ちゃんに関しては、14人もの養育者に面倒をみてもらっていたのだと知って、驚きを持ったのと同時に、同じような光景が保育園の中からも感じることができるのではと思いました。一人の赤ちゃんに対して、担任でない職員でも抱っこをしたり、その職員間を笑顔があふれる雰囲気の中、手渡しされていく姿に伝統的社会を感じました。『そして、この面倒を見た仲間のことを「家族」といったのです』という言葉は、子育ては社会(家族)でするものだと再確認させてくれます。

  5. 父親が育児に参加する時代になり、母親だけが育児をする時代は終わりに近づいている気がします。それと同時に夫婦だけでの子育ても難しくなってきていると思います。保育園の保護者を見ていても祖父母の存在はとても大きく思います。地方ではどうか分かりませんが、都会では祖父母の送り迎えが多くなってきました。それは仕事が忙しく、なかなかお迎えに行くことが困難という理由もあると思います。ただ子どもの育ちから考えると、とても良い影響だはないでしょうか?以前、藤森先生の話しの中で語彙力が高まるのは祖父母の方が親よりも多いですし、知識も豊富です。私も幼い頃は祖父母と過ごす時間が多かったですが、色々な、話しを聞いた思い出があります。データでも祖父母の存在が赤ちゃんの体重に変化があったと実証されています。現在、体重の変化があるか分かりませんが、少なくとも精神的な意味では祖父母の存在は私にとって大きかったです。

  6. 今回のブログを見ているといかに今の大人と子どもの関係が昔の子育てにおける環境と違うことを求めているかということがわかります。伝統的社会の子どもたちは生まれたときから人とのかかわりが始まります。伝統的社会ではいろんな大人たちや年長の子どもたちと生まれてからすぐに始まっており、そのころから人と関わる能力は必要になってきます。今の社会では母子関係で完結することが少なくはないですし、赤ちゃんのころから関わる集団というものはどんどん少なくなっているように感じます。今、社会で課題になっている「コミュニケーション能力」というものが伝統的社会には小さいころから培われているということは言うまでもありませんし、この育児の仕方は今の社会ではもっとも求められているようにも思います。体重の増減など、伝統的社会を知ると決してコミュニケーション能力だけではなく、人間の生き方や持っている能力は人とのかかわりにおいて最大限引き出されるのではないかと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です