添い寝

 次に、ジャレド氏は、「添い寝」について考察しています。母親と赤ちゃんが一緒に過ごす時間の長さは授乳頻度によります。したがって、間隔をあけて授乳する動物の場合は、乳児は、授乳時などのごくわずかな時間を母親と一緒に過ごすだけです。私は、逆に授乳間隔は、母子の距離を少しずつ離していくことではないかと思っています。基本的に授乳は、母親がするものであり、どんなに母子が離れていようが、畑で仕事をしていようが、授乳のときにはわが子のところに戻ってきて、わが子を抱きしめ、子どもをこちらに向かせ、胸に顔を押し付けて授乳します。どんなに働いていても、授乳のときには唯一母子の関係でいられるのです。そして、その間隔が次第に開き始め、離乳食になると、他の人でも食事を与えることができます。そんなことから、私は、母乳が出ていなくても、せめて離乳期までは赤ちゃんは母親のもとで育てることができる保障をしてあげてほしいと思っています。

 ジャレド氏は、現代の西洋工業化社会における、大人(主に母親)と赤ん坊の時間の過ごしかたは、赤ん坊と母親がいつも一緒にくっついていない、というウサギやアンテロープのパターンを踏襲していると言います。西洋国家社会においては、母親(だれか別の大人)が、ときどき赤ん坊を抱え、食事を与えたり、一緒に遊んだりはするが、母親と赤ん坊が常に行動を共にするわけではないというのです。日中はゆりかごやベビーサークルの中にいることが多く、夜はベビールームのベビーベッドのなかで、一人で眠ることが多いことを憂えています。

 このように、大人と赤ちゃんが添い寝をしなくなったのは、直近の数千年の話ではないかとジャレド氏は思っています。狩猟採集民の母親と赤ん坊は、ふつうは同じベッドやマットの上で隣合せて眠りますが、これは、高等霊長類の母親と赤ん坊の関係において見られる特徴と同じであると言います。実際に90の伝統的境を調査してみると、母親と赤ん坊が同じ場所で寝ていない例は、一つとして見つかっていないそうです。このことについて、ジャレド氏はこう言います。

 「母親と赤ん坊が別の場所で寝る習慣は、最近になって発明された方法であり、しかも、この方法のせいで西洋人の親たちは子どもの寝かしつけに苦労させられているのである。アメリカでは、小児科医の推奨によって、両親と赤ん坊が同じベッドで寝てはいけないとされている。親の寝返りで赤ん坊を押しつぶしたり、親の体温の影響で赤ん坊の体温が上昇したりする危険があるという理由である。しかし、人類の歴史を見ると、ほんの数千年前までは、ほとんどすべての赤ん坊が実質的に母親と一緒に、そしてふつうは父親とも一緒に、同じ場所で寝ていたのである。」

 日本では、数十年前まで、いや今でもほとんど赤ちゃんは両親と同じ場所で寝ている家庭が多い気がします。それは、畳文化ということもあって、いわゆる「川の字」になって寝るというスタイルが普通でした。それが、椅子の生活に変わり、ベッドで寝るようになってから、日本でも添い寝が減ってきているようです。私たちが子どもを育てる時は、いわゆる川の字になって寝ていましたが、押しつぶすなどは決してありませんし、授乳のとき以外は、いくら川の字といっても同じ布団の中で寝るわけでもありませんので、体温が上昇するということもありませんでした。変な理屈を考えたものです。

 そのほかにも、母親と赤ちゃんとの関係で私が常々おかしいと思っていることがあるのですが、それは、日本的な発想だと思っていたのですが、全く同じことをジャレド氏も思っているようです。

添い寝” への6件のコメント

  1. 「せめて離乳期までは赤ちゃんは母親のもとで育てることができる保障をしてあげてほしい」と私も思います。基本赤ちゃんは母親と一緒に過ごし、一日のうちの数時間は保育園のようなところで他の赤ちゃんと過ごす、ということにならないのですかね。大人たちは面倒なことをやりたくないのか、あるいは事の本質がわからないのか、生後43日目より保育園利用、しかも利用用件は親が産休明けで、時短勤務かもしれませんが、フルタイム勤務がベース、どうも普通に考えてもおかしい、と思います。欧米の親と赤ちゃんが「添い寝」をしない、というのは私も初めて聞いた時わが耳を疑いました。「親の寝返りで赤ん坊を押しつぶしたり、親の体温の影響で赤ん坊の体温が上昇したりする危険」???西洋人はわが子を押しつぶしてしまうくらい自分本位なのですかね?親の体温で赤ん坊の体温が上昇?西洋人どれだけ体温が高いのですか?「添い寝」を一緒にしない西洋のほうが長い人類史と現代の世界地域からすると何だか異常に思われます。わが家族も夜寝るときは「川の字」でしたね。息子を真ん中にして・・・懐かしいですね。

  2. アメリカでは小児科医の推奨で、赤ちゃんと同じベッドで寝てはいけないことになっているのですね。なんだか理由も子どもと親との関係ということには着目していないような感じですね。思い出せば、私が小学生の頃に放送されていたアメリカのドラマ(フルハウス)の中で、幼い子どもが一人でベッドで寝るシーンがありました。私も幼いながら「こんな小さな子でも一人で寝るのか。アメリカという国は」と思ったのを覚えています。その頃から違和感というか不思議な感覚はありました。一人で寝るというのは寂しいものだと思います。誰かが隣にいればやはりどこか安心します(もちろん、安心する関係を築いている人との場合ですが)。一緒に寝ないことでのいい影響というのがあまり想像できませんし、それが一緒に寝るよりもいいという結論にはなかなか結びつかないように思います。

  3. 「母子の距離を少しずつ離していくこと」が大切だという見解は、とてもしっくりきます。子どもの成長と、母子との距離は比例していくのではないかと感じます。それは“安心感”の獲得基準というか、安心度合いによって成長に影響をきたすと思うからです。子どもながらに、一日で一番“孤独”を感じたのが「夜」でした。目を覚ましてしまえば真っ暗闇。耳の奥に突き抜けるほどの深い静けさ。そのような恐怖にも似た孤独を感じながらも、これらを払拭してくれたのが、隣に寝てくれていた“家族”の存在でした。年を重ねるにつれ、その恐怖感や孤独感は自分でコントロールできるようになっていきました。それは、一緒に寝ることで得た安心感のおかげであると思っております。

  4. 親の寝返りで赤ん坊を押しつぶしたり、親の体温の影響で赤ん坊の体温が上昇したりする危険があるというのは全く考えなかった理由です。赤ちゃん考え出そうと思えばいくらでもこうした理由は出てきそうですね。子どもが大きくなると、今度は寝相の悪い子に顔を蹴られたりして親の睡眠が妨げられるから良くないとか、赤ちゃんの話ではないですが、そんなのが出てくるかもしれません。一日の生活を考えたとき、子どもと一緒にいられるときはどうしても限られてくる人も少なくないと思います。一日中一緒でなくてもいいから、○○のときと△△のときは一緒にいてあげる方がいいですね。と、このくらいの言い方の方が一緒の時間を大事に過ごせそうな気がするんですが。

  5.  幼稚園までは父と母と一緒に川の字になって寝ていました。おそらく物心がつくまえから一緒に寝ていたと思いますが、親が大人の温度や寝返りで潰してしまうなど、考えていないように思いますし、私もいずれ親になると思いますが、子どもを押しつぶすようなことは決してないと思います。ただ実際に添い寝の文化が失われているのを聞くと、西洋やアメリカの文化がいかに入っているかが分かります。恥ずかしい話ですが、小学校にあがって離れて兄と同じ部屋で寝るようになりましたが、それでも寂しい時は親の場所か祖父母のところに行っていました。いつでも一緒に寝れるという安心感があれば、自然と子どもから親との距離を離れるはずです。それを無理にベットで離れて寝るなどしてしまうと、かえって安心感が得られなくなり、不安定になってしまうように思います。

  6. 確かに日本では赤ちゃんは両親の間に入って、川の字になって寝るというのが日本での一般的なもののように思います。その反面、海外の場合はベットで、しかも、両親の寝ている部屋と違う子供部屋で寝かされていることも多くあるように思います。その映像を見るたびに母親は夜泣きのたびに大変だなとおもうことがありました。赤ちゃんは離乳の期間まで母親ができるだけ見るようにするということは私も賛成です。また、母子の関係も少しずつ開けていくということもわかる気がします。ここで感じるのがあくまで「選択肢は子供にある」ということです。あくまで子供に負担がないようにする考え方は大人主義のいまの社会ではもう一度見直されなければいけないように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です