アロペアレンティング

人類のそれぞれの年齢期のなかで、人類しかない期として「青春期」と「老年期」があると言われていますが、その中で「老年期」は、子どもの世話を両親が狩猟採集や農耕などの仕事に出かけて留守の時にするためにあるのではないかという説が有力です。それは、伝統的社会においても祖父母が子どもを見ることが多いようです。このように親以外に子どもを養育することを「アロペアレンティング」と言いますが、もし祖父母がいなかったりする場合は誰が子どもを見ていたのでしょうか。

そんな時には、おばやおじがアロペアレンティングに関与し、重要な役割をはたしている伝統的社会も多いとジャレド氏の調査では、たとえば、カラハリ砂漠のなかで暮らすバンツー系民族の社会において、少年にもっとも強い影響を与える成人男性は父親ではないそうです。それは、母方の伯父、すなわち母親の長兄なのです。他の狩猟採集社会には、兄弟姉妹が長じて成人し、子どもをもうけたあと、互いの子どもの世話をしあう慣習が多くでみられるようです。子ども同士のあいだでも、年長の兄姉が年下の弟妹の面倒をみます。この傾向は、とくに農耕民や牧畜民のあいだで顕著であり、とくに年上の姉たちは年下の弟妹の面倒をみます。

次の調査も、私が普段話している「共食」についてです。みんなで食事をする「共食」は人類の特徴あり、その中で赤ちゃんは他者理解をし、自己を確立していくと言われています。ジャレド氏によれば、南米ペルーのアマゾン地域で暮らす先住民ヨラ族の子どもの場合、食事をする回数の全体の半分は、自分の両親とではなく、自分の家族以外の家族と一緒に食事をしているそうです。日本でも私の子どもの頃は、一家団欒で食事をしていました。それがいつの間には母子だけの食事になり、しだいに孤食、個食になり始めています。

他にもアロペアレンティングの例があります。小規模社会のなかには、子どもひとりでの外出がしだいに長期間になり、しまいには、あの子は養子縁組をしたことにしよう、と結論づけるような社会もあるそうです。たとえば、アンダマン諸島人の社会では、9~10歳を過ぎた子どもが生みの親と同居している例はめずらしいといいます。たいていの場合、子どもは、その年ごろになると、近隣集団の家族と一緒に暮らしはじめます。そしてその時間がしだいに長くなり、その家庭にいつきはじめたころに、養子縁組の約束が交わされ、ふたつの近隣集団の友好関係の維持に一役買うことになるようです。

またアラスカのイヌピアト族の小規模社会では、養子縁組があたりまえのようにおこなわれているといいます。とくに先住民族イヌピアト族の集団内では盛んである。現代の工業化社会では、養子縁組はおもに養子と養父母の親子関係の絆が大事にされます。ごく最近までは、生物学的な両親と完全に絶縁するためと称し、生物学的な両親がどこのだれであるかさえ、明らかにされることがなかったといいます。イヌピアト族の社会における養子縁組は、現代の工業化社会のそれとは異なり、二組の親をつなぐ絆であると同時に、二組の集団をつなぐ絆としての役割もはたすのです。

この養子縁組は、日本でも最近まで、多く行われていました。それは、家系を絶やさないためということもあったようですが、子どものために親以外の他人に子育てを頼んだということもあったようです。偉人の伝記を読むと意外と養子に行ったという人が多いのに驚きます。

アロペアレンティング” への6件のコメント

  1. 9〜10歳を過ぎた子が生みの親と同居しているのは珍しいというのには驚きました。養子というのはなんらかの事情がある場合に、という印象が強いので、養子というのが当たり前に行われている社会があることは知りませんでした。歌舞伎の世界での養子の話はよく聞きます。しかし、主役級の役がもらえないということもあるようで、なんだかそれを聞いた時には寂しくなったのを覚えています。歌舞伎に詳しい訳ではないのですが、坂東玉三郎さんの演技を一度は見てみたいと思っています。話が全然関係ない所にいってしまいました。子どもは様々な人と関わる方がいいということを分かっていたのでしょうね。だからこそ、養子も当たり前のことであり、子どものためのものだったんでしょうね。

  2. アロペアレンティング、私が生まれ育った地では、親以外の人々によるペアレンティングが行われていました。私も弟妹も同様に祖父母を中心とするアロペアレンティングの恩恵を受けておりました。親あるいは母子関係が重視されるに至ったのは、西洋的家庭環境の導入と大家族から核家族への移行によるものだと思っております。それから、もうひとつ、「西洋的家庭環境の導入」の際に西洋人たちが多く信奉しているキリスト教の影響すなわち「聖家族」「聖母子」の影響もあるのかなと考えてしまいます。私が子どもの頃はアメリカのホームドラマが結構放映されていたような記憶があります。お父さんとお母さん、娘と息子、といった家族形態。将来の家庭像をそこに求め、そして「マイホーム」という夢を実現させることが団塊の世代から私たちの頃までの一種の家庭パラダイムだったような気がします。今回のブログでは、小規模社会のアロペアレンティングが紹介されておりましたが、我が国においてもつい最近までこのアロペアレンティングが行われていたと言えるでしょう。偉人はだいたいアロペアレンティングの経験が確かにありますね。

  3. 「アロペアレンティング」という言葉は初めて聞きました。祖父母だけでない、近隣集団が子育てを手伝うことが当然のような伝統的社会。そういったところでは、「共食」も「異年齢」も自然と行われていたのですね。現代社会に置き換えてみると、他の子を自宅の食事に招き入れることはできても、自分の子どもを“社会の子ども”と位置づけ、他の家庭に任せたり、ましてや子どものためを思って養子縁組をするといったことはなかなか考えられない社会であると感じます。“自分だけの子ども”という意識が強いということでしょうか。もちろん、自分の子どもであることは間違いないのですが、社会の一員である意識を感じることができるシステムが欲しいですね。

  4. 養子縁組が一般的だったことは日本でもあったことなんですよね。それがいつの間にか親が子どもを育てるのが当たり前、それ以外はもってのほかで可哀想なことというイメージが定着してしまっているかもしれません。いろんな事情があると思うのですべての養子縁組が望まれる形ではないのかもしれませんが、他者と共に暮らしていくことに対してもう少し理解を示す必要はあるのかもしれないと思いました。それを推奨するという意味ではなく、子どもにとって親以外の存在がどれだけ重要かを見直す、という意味でです。そういう時期になってきていると思うんですけどね。

  5. 祖父母が身近にいない場合は叔父叔母が面倒見る場合は近くにいないと難しいですが、それが難しい場合はやはり、子ども同士で面倒を見合うのですね。やはりここでも人同士の繋がりを大切にしていることを感じます。また驚くことは、養子縁組が気軽に行われていることです。男性としては、なかなか勇気がいることのように思います。またブログにも書かれているように、養子の場合は本当の親を知らな場合が多いでしょうが、イヌピアト族のように2つの家族を繋ぐという発想はありませんでした。とても新鮮に感じますし、それだけ集団を大切にしていることに、少し感動しました。親が育てるのはもちろん大切ですが、親ではない人とも関わり様々な考え方を学ぶことも大切なことです。

  6. 養子縁組というのは今の時代でこそ、それが行われることがあまり聞かれませんが、昔の場合、家系を絶やさないために養子縁組が行われることは少なくなかったでしょうね。また、乳母がいたりと決して実子と両親が一緒にいるような社会だったかというと決してそうではなかったのだと思います。子どもを他家に送ることで子どもに社会経験をさせるだけでなく、親同士の絆を持たすということは以前のブログで「おしん」の話が出たときにありましたね。親だけではなく、子どもを取り囲む社会がどれだけ大切であるかということがわかります。とはいえ、親としては自分の子どもを手放すことはとてもつらいことでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です