結婚、離婚

江戸時代は、私たちが思っている以上に少子化であり、その対策を幕府や各藩が行っていることにびっくりします。また、当時の都会である江戸では、今の東京に見られる現象と同様なことが起きていました。それは、有配偶率、特に男性の有配偶率の低さです。縄目氏の調べたところによると、幕末江戸各地の男性の有配偶率は、5割程度となっており、農村部の「皆婚」ぶりと比べ極めて低いものとなっているようです。現代の東京と比較しても男性の有配偶率は大差がなかったというのです。最近の少子化の原因として大きく上げられる結婚しない男性ということがありますが、江戸時代において江戸各地では、同じことが起きているのです。住民の職業を見ても日雇稼、棒手振等の不定期就労者が多く、昔も今も江戸(東京)は独身者と非正規雇用が多い街だったと縄目氏は指摘します。

また、最近は、離婚が多いという話もよく聞きますが、明治以降の推移をみると、明治初期・中期の離婚率が現代より高かったことがわかります。明治民法施行(明治31 (1898) 年)以前の日本の離婚率の高さが推測されるのですが、江戸時代の離婚率は、どうだったのでしょう。縄目氏は、陸奥国下守屋村と仁井田村を例にとっています。それによると、平均普通離婚率は4.8 に達しているといいます。これは現代の米国を上回る高水準なのです。また、武家の離婚率も高かったと推測されています。また江戸時代は、配偶者との死別に伴う再婚も多く、夫婦が一生寄り添うという家族のイメージは、離婚率が低下し、平均寿命が延びた明治以降に形成されたものだと縄目氏は、指摘しています。

そういうわけで、江戸期の人口と家族について言えば、1家族4人程度の直系家族、低かった出生率、人口の減少、都市部での高い未婚率、現代より高い離婚率− 江戸期の人口・家族を巡る状況は、ある意味で明治∼昭和前期より「現代的」な側面があったとさえ言えるのではないだろうかと縄目氏は考えています。

では、明治から昭和中期にかけてはどうだったのでしょうか?明治中期から1920 年代にかけての高出生率・高死亡率の「多産多死」の時代がやってきます。そして、1920年代から戦中を挟み1960年代までの「多産多死」から「少産少死」への「第一次人口転換」の時代を迎えます。そして、1970 年代から、人口置換水準を下回る少子化の進行による「第二次人口転換」の時代が始まり現在まで続いてきているのです。

第一次人口転換では、戦後日本において想定されてきた、夫婦が2~3人程度の子どもを生み、また夫婦何れかの親と同居する場合もあるという 「標準的」 家族像が、江戸期に成立した直系家族を出発点としつつ、出来上がっていきます。数字的に見てみると、明治初期の出生率は比較的低かったものの、 明治中期以降高い出生率を維持し、 1920(大正9)年には普通出生率が36.2 とピークに達します。この年の出生数は200 万人を突破し、1873(明治6)年の出生数(約80 万人)の2倍半に達しています。この結果日本の人口は同時期に3,481 万人から5,596 万人へと2,000 万人以上増加しており、正に人口爆発といっていい急増ぶりを示しています。一方、死亡率も高く、普通死亡率は一貫して20 を超えている。 この時代が多産多死であったことがわかります。

この傾向について、縄目氏は、農地の生産性に縛り付けられていた江戸時代から、工業化の時代を迎え、生活水準が向上し、出産を抑制する必要が少なくなったこと、医療・衛生・栄養等の改善等により平均寿命が伸びたこと等を考えています。しかし、私は、出生率と、戦争は大きく関係していると思います。特に日露戦争で一般庶民において多くの犠牲者を出し、そのために多産が奨励化されたということがあるように思います。それは、ある意味で兵隊という労働力を多く必要としたからです。しかし、縄目氏は、戦争の影響については触れていませんが、どうなのでしょうか。

結婚、離婚” への7件のコメント

  1. またまた思っていたのとは違う数字の動きが出てきました。こうしてきちんと調べてみないと分からないことばかりです。工業が発展し医療も進んできたおかげで人口が増えたのはよくわかります。話の中身からは逸れてしまいますが、今はより人手がかからない仕事が増え、そして医療もかなりの技術が出てきていて、人口が増える要素は十分にあると思うのですが、現実を見ると減ってきています。適正な人口に向けて緩やかに動き出しているのか、それとも農業などの第1次産業が変化してきていることが原因の一部になっているのかなど、あれこれ考えてしまいます。戦争について触れられていますが、戦時中は確かに莫大な人数が必要となったはずなので、出産を抑制することはなかったともいますし、政府の思惑とすればどんどん増えて欲しかったと思います。影響は私もあると思っています。そこで今に目を向けてみると、出生率は低く、なので若者も少ないわけですが、それなのに徴兵制だとか戦争ができるようにといった話がぽつぽつと聞こえてくるのはどういった流れなんでしょうか。明らかに流れとしてはおかしいと思うのですが、何かがゆがんでしまっているんでしょうか。不思議でなりません。

  2. 想像していたことと全く違いました。高い離婚率、未婚率や低い出生率などはまさに現代と繋がる所がありますね。これには驚きました。人口などは増え続けているという印象がありましたし、昔の夫婦は一生を添い遂げていたものという勝手な印象をどこかに持っていたので、意外でした。歴史というと将軍や戦などという政治のことばかりに目がいってしまいますが、人々が歩んできた歴史や生活を知ることで現在を見ることができるのかもしれませんね。少しだけ考え方も変わってきまして、「結婚」というものの重みや責任というものが以前よりは少し想像できるようになってきました….いつまでも…あ、関係ない話になってしまいました。

  3. 現在、我が国の人口は1億2700万人余りです。大正20年が約6000万人ですから、約100年弱後には人口が2倍超になっていることがわかります。おそらく日本の歴史において現在の人口数は歴史的多さということが言えるのでしょう。「少子化」と叫ばれていますが、実は人口だけはおそらく過去最多を記録していることになるのでは。いずれにせよ、やはり明治大正昭和のパラダイムではもはややっていけない時代に私たちは突入しているのだと思います。「江戸期の人口と家族」に明治大正昭和より「現代的」側面があるという縄目氏のご指摘には興味深いものを感じます。察するに、生活文化の「爛熟期」という共通項があるのかな。「出生率と戦争」との関係については、なかなか判断が難しいのかなと思いますが、明治6年から大正20年以降はさまざまな意味で多産を可能にする生活文化状況が現出したのだと思います。多産でありかつ多死でもあったが、それでも人口は増え続けていく。結果として戦争も可能となったのでしょう。昔なら昨今の若者人口の減少は戦争を不可能とするということもあったのでしょうが、今やコンピュータの時代です。それほど人手がなくても派手な戦争ができる時代になっています。誠に恐ろしいことです。

  4. 「現代的」な江戸時代の様子。今すぐにでも社会の教科書に載せてほしいものです。歴史と聞くと、どうしても自分に関係のないことだとずっと思ってましたが、藤森先生のブログに出会って、人や物の歴史から意味や傾向を捉え「〇〇だから〇〇をする」といったような、物事に意味を持たせる、意味をもって物事に取り組む姿勢を学ばせてもらっています。当然のことなのかもしれませんが、その当然に疑問を持って調べたり、実践してみることで、新たな発見や見解を得ることができます。今回の江戸時代の出生率の低さや未婚率、離婚率には驚きですね。“昔はすべて多産”であるという私の概念を覆してくれました。それらには、社会の動きが大きく関係しているということですね。詳しくは分かりませんが、現代の外交関係からも、争いを誘発させる各国の流れは、少子化から多産に移行した江戸時代に似た雰囲気を感じてしまいます。

  5. 確かに江戸時代が少子化というのは驚きます。幕府や各藩も少子化に対して何らかの対策を練っているという、いかにも現代の政治と似ている部分があります。また少子化の原因として、男性の結婚率が低いということが江戸時代でもあったのですね。更には離婚率に関しても江戸時代では現代のアメリカを上回り、明治初期、中期では現在の日本よりも高いというのは驚きました。ここも勝手な想像で昔の人は武士の精神みたいな物を受け継いで、離婚はしないと思っていました。人口の推移や当時の少子化などの話しを聞くと、その当時の背景が見え、どの時代も抱えている問題は今も似ているのですね。

  6. 江戸時代の庶民の生活状況を見ているとその問題が今の社会ととても似ていることにとても驚きます。しかし、ここで私が疑問に思ったのが最後に出てきた「戦争」や「戦」の影響です。江戸時代、確かに戦火は少なかったのでしょうが、その分、薬や病気など、または戦火のあとの影響など人口に影響することなどがたびたびあったのではないかと思われます。しかし、今の社会ではそういったものはないが、人口はますます少子高齢化になってきています。昔に比べて、健康で長生きそして、「死」というものを昔ほど意識せずともよくなった時代でも、同じように離婚率の増加、少子化、未婚率の増加などがあります。似ているところもありますが、やはり今の日本のこの状況はどこかとてつもなく重要な原因があるように感じます。

  7. 「江戸期の人口と家族」驚くべき内容です。この時代に寺子屋など、教育の水準が高かったと認識していますが、なるほどそれこそハリス氏の見解のように、親が重要でないということを指し示しているのではないかと思えてきます。教育と家族の関係性、教育と子ども社会の関係性が時代によっても普遍であるならば、見守る保育 Fujimori methodは未来へ続く保育であるというだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です