ドイツ報告2013-20

 一昨年、ドイツで「森の幼稚園」を視察しました。ドイツに行くと言えば、「森の幼稚園に行きますか?」と聞かれるほど有名です。2001年時点では、その数はドイツ全土で300以上にものぼり、バイエルン州だけでも30の森の幼稚園があるそうです。しかし、視察してみてわかったのは、日本が持っているイメージと大きく違うことでした。まず、森の幼稚園は、園舎がなく、森が園舎だということですが、そのような園は日本にもあるのですが、日本では認可されません。ドイツでは、認可されています。それは、どうしてかというと、ドイツでは、森の中で、バイエルン州の陶冶プログラムである「バイエルン」に沿って、きちんと保育しているからです。領域である、数も、科学も、メディアもやるのです。日本では、森の中で身体を使ってアスレティクのようなことをすることが中心ですが、そんなに崖をよじ登ったり、高いところから飛び降りたり、丸太を渡ったりするようなことはしません。そして、園舎がないと言っても、全くないのではなく、一昨年訪れた「森の幼稚園」では、トレーラーハウスを園舎代わりに使って、室内活動もしていました。もちろん、素材は自然物が多くを占め、五感を使っての森の中での自由遊びが中心ではあるのですが。

 今回のドイツ視察では、「森の学童クラブ」を訪問しました。ここは、小学校1年生から4年生まで16名を、3名のスタッフでみています。長期休みになると、子どもたちは25名になるので、スタッフはあと2名増員されるそうです。設立はとても新しく、昨年の2012年2月に作られました。「森の幼稚園」を卒園した子どもたちの保護者の要望で、設立されたそうです。ここでは、基本的に、雨の日も雪の日も森の中で過ごします。ただし、宿題をやるときと雷雨の時だけ建物内で活動します。
morigakudo
 日課は、学校(地域の4校)が終わると、スクールバス(利用料2ユーロ)かタクシーでこの森に来ます。そこは、きちんとした建物でした。そして、宿題をやり、ケータリングの昼食(スープ、サラダ、メイン料理で1食3.5ユーロ)です。食器を自分で棚から出して、食べ終わると、食器を食器洗浄機の中に入れます。そして、森に行く服装(長袖・長ズボン)に着替えます。次に森の中の様々なポイントである写真を見て、自分が行きたい場所の写真の上に石を置きます。そして、17時?17時30分に帰宅します。

 ここにおける子どものイメージは、「子どもは、独自開発の俳優です。」ということで、「それは創造的な演技をする人で、活動的な人です。」そして、「すべての児童は、ユニークで、個人的な責任を負います。」「子どもたちは本質的に興味津々です!」などが書かれてあります。 そして、基礎として「安定した自己のアイデンティティを開発する 」「正の自己概念、自尊心と自己認識の獲得 」「自信、自己愛と喜び 」「自分の倫理観と信念を開発する 」「好奇心、開放性、想像力、創造性と創意 」「自信を持って、自分の感情や自分の体を使う」「性別特定の役割行動への対処」「フラストレーションへの抵抗と寛容」「メディアにより、有意義な余暇時間を開発するためのスキル」「シェーピングおよび社会的変化との積極的な参加 」が揚げられています。そのほかにも、「社会的スキル」や「財産や自然スキル 」も身につけることが目的とされています。

 日本でも、これから学童クラブがいろいろと課題を抱えてきます。託児ではなくある教育機関としての役割を考えていかなくてはならないでしょう。