ドイツ報告2013-16

 保育士の資格は、現在、試験でも取得できます。その中で実技の試験科目は、「音楽」「絵画制作」「言語」の中から二つ選ぶようになっています。この内容は、子どもたちに指導する内容でしょう。そうすると、ドイツでの領域の考え方からすると、考える部分があります。

 まず、日本ではかなり重視する「絵画制作」が領域の中にありません。それは、どうしてでしょうか?その分野について、「バイエルン」にはこう書かれてあります。「芸術に積極的に取り組む子どもたち」の中に分類され、そこに、「美学、芸術、カルチャー」と「音楽」が位置付けられています。日本では、絵画制作や音楽は「表現」に位置づけられています。ですから、「感じたことや考えたことを自分なりに表現することを通して, 豊かな感性や表現する力を養い, 創造性を豊かにする。」ことが目的になります。ドイツでは、まず、「五感を通しての学びは小さな子供にとっては陶冶の基本である。」としています。ということから、「最初の芸術、美学的経験はまさしく手でつかむことが、観念上の把握という形につながっていくことである。」として「美学、芸術」をとらえます。

 人類は、どうして「芸術」を生み出すようになっていったのでしょうか?また、赤ちゃんには芸術を生み出す力はあるのでしょうか?ゲオ術の存在が確認されたのは、旧石器時代の芸術作品があります。それは、1万8000年前の壁画で有名なスペイン北部の「アルタミラ洞窟」です。ここには、岩の凹凸を巧みに利用して洞窟の天井に何頭ものバイソンが描かれています。この壁画は、地元の地主親子によって発見されたのですが、あまりに芸術的なため、旧石器時代のものとは認められませんでした。それは、当時の学界では、はるか昔の原始人に、これらの現代美術とそん色ない絵を描くだけの知能はなかったという考えが支配的だったからです。

 しかし、その後様々な洞窟から同様な壁画が発見されたのですが、ここに書かれてある動物が遠い過去に絶滅した動物であること、旧石器時代の遺物を含む地層に覆われて存在していることなどから、旧石器時代のクロマニョン人による洞窟壁画であることがほぼ確定しています。

 では、クロマニョン人は何を描いたのでしょうか?動物、ヒト、抽象図形などのようですが、人に関わる壁画として圧倒的に多いのは、「手形」だそうです。これは、ドイツで多くみられた手形による装飾とは関係はないかもしれませんが、なんだか不思議な気がします。

 他には、数はそれほどないそうですが、ヒトと動物が合体したような半人半獣の絵や、いくつかの動物が混ざっているものがあります。それらは、動物のマスクをかぶったシャーマンとみなされていましたが、今は、想像上の生き物を描いた可能性が考えられています。

 この人類が芸術を表わし始めたころに関係はないと思いますが、ドイツの幼児における絵画は、まず、「子どもは頭の中に絵を描いて考える。」という「Kinder denken in Bildern」が重視されます。それは、「好奇心、自分で創造することの楽しみや意欲は子ども時代の人格形成のモーター(原動力)となるものである。」ということに根拠を持っています。

 ドイツにおけるバイエルンは、人類の成り立ちからは考えていない気がしますが、私は、何となく、そんな気がするのです。