ドイツ報告2013-14

 幼児教育では、具体的に子どもたちは何を学ぶのでしょうか?それは、どこに書かれてあるのでしょうか?もし、幼児教育が「学校教育」であるならば、その基本は、学校教育法に書かれてあります。そこには大きく分けて三つ書かれてあります。その一つ目は、「身近な社会生活、生命及び自然に対する興味を養い、それらに対する正しい理解と態度及び思考力の芽生えを養うこと。」であり、その2は、「日常の会話や、絵本、童話等に親しむことを通じて、言葉の使い方を正しく導くとともに、相手の話を理解しようとする態度を養うこと。」です。 そして、3は、「音楽、身体による表現、造形等に親しむことを通じて、豊かな感性と表現力の芽生えを養うこと。」です。

 また、幼稚園教育要領と保育所保育指針には、教育内容として5領域が書かれてあります。5領域とは、「子どもが、乳幼児期に身につけることが望まれる心情、意欲、態度などです。」と書かれてあり、「健康」(健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、自ら健康で安全な生活を作り出す力を養う)、「人間関係」(人とのかかわりを促し、その中で人に対する愛情と信頼関係を育て、人間尊重の心を培う)、「環境」(自然や社会の事象についての興味関心を育てる)、「言葉」(言葉への興味関心を育て、話したり、聞いたりする態度や豊かな言葉を養う)「表現」(表現活動などの体験を通して、豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培う)の5領域です。

 ドイツの「バイエルン」にも具体的に子どもたちが学ぶべきことが領域として書かれてあります。それは、「陶冶保育プランの中心となる陶冶保育領域」として書かれてあります。その領域は、「言語領域」「数学の領域」「科学技術の領域」「メディア教育の領域」「音楽教育の領域」「身体表現、スポーツの領域」の6領域です。これらを、日本の領域と比べてどう思うでしょうか。その違いがはっきり分かるのは、保育指針解説書の、日本の領域が五つに分かれている観点を読むとよくわかります。そこには、「教育に関わる領域は、保育士等が、子どもの発達をとらえる視点として5つに区分されています。」と書かれてあります。全く違いますね。

 このように、ドイツでははっきりと子どもたちが学ぶべきことが領域に書かれてありますが、その方法は当然、「バイエルン陶冶保育プランの基本方針」に書かれてあるように、「子どもの遊びの中での発達支援を中心に」ということになります。いくら「幼児期の教育の重要さが強調される中でも、遊びが教育学的基本」ということで「遊び」が強調されているのです。そして、「遊びと学びは、コインの表と裏」とし、「子どもが興味をいだき、答えを導き出せるように」という基礎を子どもに与えることができれば、新しい視界が将来開けると「バイエルン」には書かれてあります。

 そこで、ドイツの各園には、領域ごとのゾーンが設置されていて、子どもたちがそこにおいてある教具を子ども自身が自由に取り出し、自由に使い、それを使って遊ぶ中から学んでいきます。また、その領域の中から、各園で地域性、園児の家庭状況などから重点項目を決め、それを重点的に取り組むことにより、各園の独自性、特徴が出ているようです。

 そして、プランの要となるのは、幼児施設でも、保育者でもなく、子どもであるとし、各園がやるべきことは、保育内容の論議ではなく、常に保育のプロセスについて刺激を与え続けることが重要であるとしています。日本では、各園が保育内容まで独自性を出そうとしていますが、少し違うようです。