ドイツ報告2013-18

私が大学を出たかそこらのころに読んだ本に「都市の遊び場」(アレン・オブ・ハートウッド卿夫人著、大村 虔一/大村 璋子 訳)という本がありました。この本が、数年前に多くのひとの要望により復刻版が出版されました。この本の中で、私の脳裏に焼き付いているのは、たき火の上を飛び越えている子どもの写真で、子どもは、危険なこと、危ないことに挑戦ことも遊びにしてしまうというようなことが書かれてあった気がします。もう一度、それを引っ張り出して読んでみようと思っています。

第二次世界大戦のさなか、デンマークの造園家ソーレンセン教授は、専門の造園業から、都会では、子どもたちはどのような場所であそんでいるのかを長年観察した結果、子どもたちは、こぎれいな遊び場よりも、ガラクタのころがっている空き地や資材置き場で大喜びして、生き生きと遊んでいる姿に気がつきました。そこで、彼は、「冒険遊び場」を提案します。彼は、1931年に「都市と農村のオープンスペース」という本を刊行します。そこで提案しているのは、「子どもが古い車や箱や木材を使って遊べる適当な広さの廃材遊び場をつくってみるべきだろう。子どもたちがあまり乱暴に争ったり怪我したりしないように、多少の監督が必要であったが、そんな監督は必要でなくなるかもしれない。」というものでした。
bokenjanp
この提案に基づいて、1943年、コペンハーゲン市郊外に建築家ダン・フィンクがデザインし、初代プレーリーダー、ジョン・ベルテルセンと子どもたちによって、「エンドラップ廃材遊び場」が作られました。そして、大戦直後、未だ戦火の消えないヨーロッパで、幼児教育にたずさわっている人々が、国境を越えて子ども達のために協力する目的をもって、国際機関を創設しました。それが、OMEP(Organisation Mondiale Pour l’〓ducation Pr〓scolaire)と呼ばれている「世界幼児教育機構」です。

この初代会長であるイギリスの造園家アレン・オブ・ハートウッド卿夫人は、1945年に、この「エンドラップ廃材遊び場」を訪れます。彼女はこの遊び場に深く感銘を受けてその思想を持ち帰り、ロンドンの爆撃跡地に冒険遊び場をつくります。そして、ロンドン冒険遊び場協会長として世論を喚起して、冒険遊び場運動を隆盛させていきます。このように、彼女は、造園家としてイギリス造園学会副会長を務めただけでなく、イギリス保育学校協会副会長や、障害児ホリデイクラブ会長を歴任します。また、1944年に施設児童の生活を告発した単独キャンペーンで、1948年の児童憲章を実現して行きます。

このイギリスで力強い大きな流れとなった冒険遊び場づくりは、発祥の地、デンマークに逆輸入され、やがて1950?70年代を中心に、スウェーデン、スイス、ドイツ、フランス、イタリア、アメリカ、オーストラリアにも広がっていきました。現在、ヨーロッパ全体で1,000カ所程度の冒険遊び場があり、そのうち半数程度がドイツにあります。また近年になって、香港やカナダで、冒険遊び場づくりの新しい動きが生まれてきています。その一つであるミュンヘン市にある「冒険広場ABIX」に、13日訪れたのです。市内には、4か所の冒険広場がありますが、同じ趣旨で、同じ時期に作られた「モグラの家」という施設には、過去2度ほど訪れていますが、ここは、今回初めてでした。
abix

ドイツ報告2013-18” への7件のコメント

  1. 冒険遊び場という名前を聞いただけでもワクワクしてきます。自分の子どもの頃を思い返してみても、多少危険だとしても大人が扱っているものに興味を持ち、完成された場より手を加えることのできる余地のある場に魅力を感じていました。よく見かけるいかにもといった感じの公園よりも、山の中に入っていって壊れかけた小屋を見つけたときや、ちょっとした空き地に廃材が積んであったりする場所に惹かれるのは、今の子どもたちも変わらないと思います。町の中にそんな遊び場というか、無造作で寛容な空き地がなくなったんでしょうね。子どもという存在をどう受け止めるかという社会の問題でもあるんでしょう。

  2. 戦火の消えないなか、国境を越えて子ども達のために設立した「世界幼児教育機構」。なんだか胸がジーンとします。戦争をしてても、子どもの未来は特別であったようですね。そして、「エンドラップ廃材遊び場」に深く感銘を受け、ロンドンに冒険遊び場を作ったアレン・オブ・ハートウッド卿夫人の行動力。このような行動力が、世の中を動かしているのかもしれません。廃材の遊び場に監督者は必要でなくなる、そんな光景を私も夢見ていきたいです。こぎれいな遊び場よりも、ガラクタに魅力を感じるのはなぜでしょう。大人が使っていた物であるからでしょうか。使い古された物であるからでしょうか。それとも、人に忘れ去られた物を見つけ、再びその物に命を吹き込もうとしているのでしょうか。そこまではないのかもしれませんが、そういった“ガラクタ”は、創造力や冒険心を駆り立てることは確かです。

  3. 自分たちだけで、自分たちで考えて、工夫できる物があり、大人の監視がない(大人に存在を気づかれないように遊ぶこともありました)という世界は本当に楽しいですね。自分の子どもの頃を思い出すと、そのような世界を求めて、近所を遊び回っていたように思います。そのような場所が私たちの行動範囲内にはまだまだありました。都市ではない私たちの住む場所にも冒険広場のようなものはあったように思います。

  4.  私はいつもどこかで、安全・安心ということばに、疑問を感じています。もちろん安全・安心であることは大切なことなのですが、常に安全・安心だけの環境にいてよいのだろうか?と感じています。今日のブログで紹介された本に、「たき火の上を飛び越える子ども」の写真があるそうですが、子どもにはそういう経験が大切なのだと思います。特に火と刃物は、子どもの頃から、時に痛い思いをしながら扱い使い方を習得する方が、本当の意味での安全・安心だと思うのですがいかがでしょうか?

  5. 小さい頃によく遊んでいた場所はやはり公園が多いですが、時には少し危険な場所にも探検気分で行ってました。木材がたくさん置いてある場所、空き家、工事現場…今思うと大人に確実に叱られるであろう場所に行ってました。子どもながらに危険な場所というのを理解していても好奇心のほうが上回ってしまうので、冒険をしたくなるのかもしれません。子どもたちを見ていても、そう思います。大人からすると無理だろう、危険だろうと思う事を果敢に挑戦しようとします。ただ案外それは大人の思い過ごしで、やれてしまう事が多いようにも思います。冒険広場の写真が見れなくて残念ですが、過去のもぐらの家と言われると何となく想像できます。日本にも子どもの探求心、好奇心、そして創造力を満足させる施設があればいいと思います。

  6. 私の実家の近くに今はガレージになっていますが、昔は工事現場用の資材置き場がありました。今でこそ時効ですが、その資材置き場の有刺鉄線を潜り抜けてはその資材置き場に忍び込んで秘密基地を作っていたのを思い出しました。今思うと、危険なことをしていたなと思います。しかし、そこで大きな怪我をした覚えはありましせん。その代り、小さな擦り傷ばかり作っていましたが(笑)「こぎれいな遊び場よりも、ガラクタのころがっている空き地や資材置き場で大喜びして、生き生きと遊んでいる」という部分は実体験を含めとても共感します。だからといって、資材置き場に忍び込むのはとても危険なことなのでそこはなんとかしなければいけませんが、今回出てきた冒険広場という場所を作ることはとても今の社会には必要なことを学ぶ場になっているように思います。話を聞くだけでわくわくします。

  7. あまり積極的ではありませんが、今回のブログで紹介されたOMEP「世界幼児教育機構」に関わっています。とはいえ、その始まりを今回知ることができ、何とも感無量です。その組織の初代会長さん、英国の造園家、とあり、とても驚きました。OMEPといえば、今や大学等に席を置く学者の皆さんが中心になって組織運営がなされているからです。「幼児教育」には様々な分野の方々の関わりが必要なのだということがこの一事からもわかります。さて、「冒険広場」です。「現在、ヨーロッパ全体で1,000カ所程度」あるようですが、我が国にはあるのでしょうか。もしかすると、あるのでしょうね。今回写真で紹介されている「冒険広場ABIX」、これも何だか面白そうな施設です。「モグラの家」も報告によると面白かったですね。セミナーを通じてこの「冒険広場ABIX」の様子を知ることができるのでしょう。楽しみにしております。私も子どもの頃は今考えるとぞっとするほど危ない遊びをしていたような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です