偉大な旅8

 人類が世界に拡散していった「偉大な旅」は、その途中で様々な文化を開花させていったようです。特に過酷な環境は、フルに人類が受け継いできた生きる知恵を人々の生活に根付かせたようです。乾燥地帯であるエチオピアのコエグ族も、モノを蓄えない人たちのようです。では、将来に対する備えをしないのかというと、別な形でしているようです。自分たちの親族内ではどうしても食糧が足りないときには、村の同じ年齢集団の中で助け合います。それでも足りないときは、近隣の牧畜民の中にいるベルモを頼ると言います。「ベルモ」というのは、いわば「義兄弟」のような関係だそうです。

 コエグ社会で最も大切なことは、「モノをあげたり、もらったりすること」と「人々が集うこと」だと言います。こうしていつも人々の結びつきを強くしておきます。「人のネットワーク」を強固にすることが、将来の蓄えとなります。コエグ内では、人々は「親族集団」と「年齢集団」に所属しますが、こうした行為によって他の民族ともベルモを介したようにネットワークが作られます。「モノを蓄える代わりにヒトを蓄える」のが、彼らの生きる知恵なのです。

 今回、国立科学博物館で開催されている「グレートジャーニー 人類の旅」の企画者である国立科学博物館人類研究部人類史研究グループ員である篠田謙一氏は、関野氏が挑んだ日本人への道をこう説明しています。「DNAや化石の証拠から、現在ではわれわれ現生人類であるホモ・サピエンスは、およそ20万年前にアフリカで誕生し、6万年ほど前に出アフリカを成し遂げて世界中に広がったと考えられている。この学説に従えば、地球上に展開したあらゆる人類集団の起源の地はアフリカということになる。私たち日本人もアフリカで誕生したのだ。」

 ほんの10年ほど前までは日本人を含むアジアの現代人は、北京原人など100万年以上前のアジアに棲息した人類から進化したと考えられていました。しかし世界に展開した人類の歴史が従来説よりはるかに短いことが認識され、人類の世界展開のシナリオがDNAの系統が分析によって描かれるようになると、日本人の起源の地を問うことには、あまり意味がないことがわかってきたのです。

 現代では、日本人の成立の経緯を知るということは、その起源の地を探すことではなく、現代の私たちにつながる集団が、いつ、どのような経路を通って、なぜこの列島に流入したのかという問題を解明することだと認識するようになっているそうです。日本人の旅は、アフリカを出発した人類が成し遂げた壮大な旅路を一部を形成していると篠田さんは言います。

 人は、いろいろなことが解明されていくことで様々なことを納得します。それは、その人が携わっている分野から見て、非常に興味深いものでしょう。篠田さんは、人類史という観点から、アフリカから世界へ拡散したルートを知ることから、その民族の形成にどのような影響を与えたかということから、それぞれの文化の形成を知ろうとします。私は、最近、人類の誕生から、ホモ・サピエンスが生存戦略に成功し、誕生の地であるアフリカを出発して世界に拡散していくその途上で根付いていく文化を見ることで、人類本来の遺伝子を知り、その遺伝子を、次世代を担う子どもたちにどう繋いでいくか、何を繋いでいくべきかを考えることにとても興味があります。それは、その人類の遺伝子を、誕生まもない赤ちゃんから、幼児期にいたるまでの行動に直接感じることができるような気がしているからです。

 私にとっても、この人類の旅は、育児、保育を考える旅でもあるのです。