人形考2

 子どもが遊ぶ人形と言えば、世界では、「ヴァルドルフ人形」が有名です。この人形には、目鼻がありません。他人の表情は、目鼻、特に目やまゆ毛、口などで表します。しかし、この人形は基本的に目鼻をつけないのは、表情をつけないためです。目鼻をつけるときは、色鉛筆でうすーく小さく描くだけで、やはり表情はあまりつけないようにします。なぜ表情をつけないかというと、その人形で遊ぶときの子どものその時の気持ちを受け止められるようにということからです。これは、シュタイナーの教育理論に基づいて作られているのです。

 しかし、かつて子供たちが遊んだ多くの人形には目鼻がついていませんでした。それは、宮本さんの「子供の世界」に書かれてあります。「商品としての人形の入手できないところでは、子供たちは竹・トウモロコシの皮・紙・草などを用いて人形を作る。たいていは姉様人形で、伊豆の島々ではクサノ、東海地方ではオカンジャケといっている。竹を小さく割ったり草で作った人形には、髪形だけで顔はないが、子供たちはそれで十分美しい女を頭に描くことができた。」
 顔のない人形は、その時の子供の気持ちを映し出すだけでなく、子供の想像力をかきたて、自分の好みの顔を頭に描いたのです。それは、人形だけでなく、子どもたちが作るおもちゃにはいろいろな創造力が込められていました。それは、多くの有り合わせの材料を用いて作るものが多く、特に自然物を用いることが多いため、それをいろいろなものに見立てて遊んだからです。

宮本さんは、こんな光景を描いています。「麦刈りのころになると、みなきまったように麦わらをとって、それを編んで平たいひも状のものを作り、それを縫い合わせて帽子など作ったり、またカゴのようなものを作ったりする。ホタル籠なども麦わらで作った。わら蛇もこれで作る。」麦は、他にも麦笛などの楽器になったり、「男の子たちは麦わらで水車を作り、流れの上にそれをかけて、くるくるまわるのをたのしんだ。」麦わら一つでもいろいろな遊びに工夫しました。
自然にあるものは、子供たちは何でも遊びにします。「つくしの節のところにははかまがついている。そのある節をぬきはなして、もう一度さしこむと、どこで切れているかわからぬものである。そのきれたところをいいあてるあそびは、つくしつみに行った子たちが申し合わせたように行うあそびだ。」そのほか、ほうずきなど植物を使う遊びの中から、木や草にも深い愛情を持たせる動機になっていると宮本さんは言います。

子どもは、なんでも遊びの対象にします。植物だけでなく、小さな虫などは、子どもにとっては、楽しい遊び相手である者が多かったようです。カブト虫に糸をかけ、牛に見立てて耕作のまねごとをしたり、太郎蜘蛛にけんかをさせたり、せみとりなど遊びは多く、遊んだあとは、たいてい野に放ってくるのが普通だったようです。それは、「いじめたり殺したりするとたたりがあるとか、不幸なことがおこるとか信じられていた。」からのようです。それにしても、「これらの遊びが、子供たちに深い観察眼を与えたことは大きかった。」と宮本さんは書いています。

これらの遊びは、子どもたちにとっての大いなる学習であったことが、大人になって初めてわかります。

人形考2” への6件のコメント

  1. 木片を赤ちゃんに見立てて、両手で優しく抱きながら話しかけている子どもの姿をよく見ます。きっといろいろな想像をしているんでしょうね。また、「子どものその時の気持ちを受け止められるようにということからです」という言葉は大切ですね。確かに、子どもたちだっていつも楽しい気持ちで遊んでいるとは限りませんよね。そのためにもそういうおもちゃは必要ですし、そのことを大人がしっかりと理解していないといけませんね。それを考えると今後のおもちゃに対する考え方にも幅がでてきそうな気がします。私もそんなことを想像し、考えながらおもちゃについてもっと考えて、試していきたいと思います。虫はいいですね。私はどちらかというと観察型の虫取り屋だったように思います。とにかく捕まえてはじーっと見ているのが好きでした。小さな虫かごにとてつもなく広い世界があったあの感覚は今でも覚えています。虫を触った時のあの力を加えたら潰してしまうんじゃないだろうかというなんともいえない感覚って大切なのかもしれませんね。すみません、興奮してしまいました。

  2. 深い観察眼を与える『大いなる学習』が、大人になって初めてわかるものであるという事から、取り返しのつかない時期に携わっているという責任感を感じさせます。つくしの例えが出てきて、とても懐かしくなりました。小学生の時、よく友だちとクイズを出しあっていたものです。数年前、自然教室の研修に2泊3日で参加し、『ミクロとマクロ』の話を聞いたことを思い出しました。ある小さな一部に焦点を当てて、微視的に観察するミクロの世界と、ある大きな部分に焦点を当てる巨視的なマクロの世界。これらは、子どもと関わるうえで、子どもを理解するうえで、助けになるポイントだと言われました。草原をずりばいで進み、草についた朝露の輝きに感動したり、虫の視線を感じるミクロの世界であれ、自然の大きな“まる”を探してみようというクイズでは、木々に囲まれた草原の中で仰向けになって空を眺め、周りの木が縁(枠)になり空が大きな円を描いている事に気がつくというマクロの世界。どれも観察眼がポイントになると思います。なんでも遊びの対象として見たり、植物であっても人形にしてしまう想像力は、観察するポイントが大人とは違うことを教えさせてくれます。

  3. 目鼻のない人形を見てどんな表情を思い浮かべているんだろうと想像することがあります。以前は自分の気持ちに合わせて表情を思い浮かべられるように…ということを知らず、人形には顔があるものだと思っていたので、そのことを教えてもらったときには人形やおもちゃの奥深さに驚かされたことを覚えています。おもちゃの意味やものの持つ特性に強く興味を持ち始めたのはその頃からだったかもしれません。
    模倣し、工夫し、想像する、の工夫が始まったときの子どもの集中力はすごいです。遊びがどんどん深まっていくのが見ていても分かりますし、だからこそそこでの体験や感情は身についていくんだろうと思います。子どもの遊びはほんとうにスゴイです。

  4. 今回のブログを読んでいて思うことは今の子どもたちがこういった自然のなかで遊ぶ場合、そこでこんな創造力溢れる遊びができるのだろうかと思いました。森の幼稚園では一日中外で遊ぶことが多いと聞きますが、そのなかで自然を大切にすること、生き物を慈しむことも同時に学んでいるのを感じると言っていました。自然のなかで学ぶことはとても多いのでしょうね。そう考えると今、私の周りではどんどん自然が少なくなっているのがとても残念でたまりません。また、大人との関係、遊びを発展させる取っ掛かりとしての関わりも考えていかなければいけませんね。昔はこういったことは家庭でも普通にあった姿から子どもたちは観察し、模倣し、独自に発展させていったのだと思います。

  5.  シュタイナー教育で使う人形は普通の人形と違って特徴があるのですぐに分かります。人形に目鼻をつけない理由は以前、学んだことがありますが、確かにほとんどの人形は表情が笑っているように思います。ブログに書いてあるように植物を使って人形を作って遊んでいた子ども達は写真のような服も髪の毛もない人形を自分の頭の中で創造しながら人形と向き合って遊んでいた話しを聞くと、今の子ども達にそのような人形を渡すとどういう反応を示すか気になります。昔は今のようなおもちゃが無いので身近にある自然物から自分たちで創造して遊んでいたのですね。その中から多くの事を学び、将来の糧にしていたのかもしれません。

  6. 今回紹介のシュタイナー理論に基づく「ヴァルドルフ人形」、目鼻を明確につけないのは「子どものその時の気持ちを受け止められるように」という考え方が背景にあることを確認できました。子どもはその時において様々な想念のもとに活動する存在ですね。今NHKで放映されている連ドラにもそのことが見て取れる場面があります。「想像の翼をひろげて」がキーワードでしょうか。この「想像の翼」こそが子どもという存在に保障された能力なのでしょう。宮本常一氏の紹介する子どもの遊びはまさに彼らの想像の産物であり、私たち大人がその価値をプライオリティの下位に置いてしまったものです。子どもたちは「見立て」遊びの天才、さらに戸外の様々な自然物を自分たちの想像力でいかようにも変えてしまう魔術師、です。同じ人間なのだけれど、大人と子どもはある部分で異なる存在、という認識を私たち大人は持った方がいいのでしょう。虫の変態、を思ってしまいました。私たちの遺伝子にはこの地球上のすべての生物の情報が組み込まれています。さなぎか幼虫か成虫かはわかりませんが、私たち大人の存在と子どもの存在についてはある種異なる存在という認識も必要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です