気持ちや信条を尊重する

 よく、変えるべきことと変えてはいけないものをよく見極めることが必要であると言いますが、それは、分野ごとにあります。例えば、乳幼児教育の中で、時代や世の中の変化があっても、決して変えてはいけないもの、例えば、子どもの育ちとか、発達の保障ということは変えてはいけないのです。しかし、それをゆがめてしまっている環境や時代によって、その方法は変えていかなければなりません。この変えてはいけないものは、個人の中にも持っています。これだけは譲れないというもの、これを頼りに行動してきた個人レベルでの思いもあります。リーダーは、組織を変えようとして、この個人の思いを踏みにじってはならないのです。それは、それを変えてはいけないということではなく、その思いを尊重してあげるということです。ゴールマンは、EQの高い組織を育てるために、「集団の価値観と組織の信頼性を尊重せよ」と助言しています。

 例えば、ビジョンというものは変わるものですが、ビジョンが発展していく際に、リーダーは「神聖不可侵な中核」すなわち全員が何よりも大切だと思ている部分に不用意に手を付けてはならないと言います。そこで、第1の課題は、神聖不可侵な中核がなんであるかを把握することが大切です。変化しようとするときに、皆が変化を拒む原因は何かをまず見つけることが必要だと言っているのです。その際に、自分の視点からだけだと見つけにくいものです。他者の視点から見ることが大切になります。

 第2の課題は、たとえ人々が大切に思っていることであっても、変えなければならない部分があるならば、それをはっきり見極めることです。そして、その認識を他者にも理解してもらうことです。中核的な信条、考え方、文化などをどうしても変革しなければならない場合には、人々に自主的に変革の努力をさせることが大切だと言います。上から強制することはできないのです。そのような変革プロセスに着手するには、当事者たちが個人的に強いモチベーション、できれば恐怖でなく希望や夢によるモチベーションを抱いていることが必要です。

 私は、リーダーによる職員への対応は、保育者が子どもに対して譲渡を安定させることと近い気がしています。保育所保育指針の中で「情緒の安定」の「内容」に、まず、「一人一人の子どもの置かれている状態や発達過程などを的確に把握し、」とあります。まず、状態の把握です。何が情緒を不安定にしているのか、子どもは何を求めているのかということを的確に把握して、その欲求を満たしてあげなければなりません。しかし、その欲求を適切に満たすことをかなえられないときがあります。その時には、「一人一人の子どもの気持ちを受容し、共感しながら、子どもとの継続的な信頼関係を築いていく。」とあります。子どもが何かすることを拒否しようとしているときに無理矢理にそれをやらせるのではなく、まず、拒否しようとしている気持ちを理解し、その気持ちに共感してあげることです。そして、次の段階として、「信頼関係を基盤に、一人一人の子どもが主体的に活動し、自発性や探索意欲などを高めるとともに、自分への自信を持つことができるよう成長の過程を見守り、適切に働きかける。」とあります。保育者から強制するのではなく、子どもに自主的に活動する努力をしようとすることを見守ることが必要だと書かれてあります。

 もう少しで、リーダー論は終わりに近づいてきていますが、何度も言うように、リーダー論は、保育者論に近いものです。