学ぶ機会

 皆さんは、プライベートの時間に仕事のことを考えますか?または、プライベートの時間では仕事のことは一切忘れますか?買い物をしているとき、映画を見ているとき、旅行に行っているとき、どうしても、仕事のことを思い出してしまっていやですか?もちろん、それは仕事のないようにもよりますが、仕事のことを忘れるために余暇があるということもあります。しかし、私は、仕事のことを忘れようとしないタイプです。以前、ブログに書いたと思いますが、頭がどうもふらつくということで脳外科へ診察に行った時に、医者から「あなたは、24時間同じことを考えています。しかし、あなたに少しは違うことを考える時間を作りなさい!といっても、それがストレスになるタイプです。ですから、助言できるのは、脳は大丈夫だから、安心して24時間同じことを考えなさい!」と助言されました。この時の医者が、先日テレビで世界に進出している医院として紹介されていた北原先生です。確かに、名医ですね。

 いつも同じことを考えると言っても、必ずしも仕事そのもののことではありません。仕事につながることです。仕事を厚くすることです。先日、園のお別れ遠足に国立科学博物館に行った時も、人類の起源の展示が非常に面白く、書かれている内容について、帰ってきてからすぐにパソコンに打ち込みました。また、このブログを書いているときには、仕事と離れている時間ですが、どうしても仕事に関係のある内容になってしまいます。というよりも、自分が仕事上で立てている目標に関する内容に対して、あらゆるところからヒントを得ているという感じです。その意味では、毎日が、どこにいても学習の場になっているのです。

 習慣というものは、何年もかかってほとんど無意識の行動パターンになっているため、いつも意識の上において努力することが、変化を達成するうえで非常に大切なことであるとゴールマンは言います。意識をしていれば、ショッピングしていても、旅行に行っても、ボランティアをしていても、すべてが古い習慣を打破して新しい対応を身につけるための機会になるのです。

 習慣を変える手がかりは、神経と知覚の両方に関係していると言います。ピッツバーグ大学とカーネギー・メロン大学の共同研究では、人間が頭の中で課題に立ち向かう準備をするとき、前頭葉前部が活発化することがわかりました。この準備段階がない限り、前頭葉前部が前もって活動を始めることはないそうです。したがって、事前の準備がしっかりしているほど、課題がうまく達成できるのです。習慣化した反応を克服しようと準備するとき、前頭葉前部が特に活発に働くと言います。前頭葉前部の興奮は、これから展開する事態に脳が焦点を合わせていることを示します。これがないと、従来通りの反応が出てしまうというのです。

いつも狭い視野の中だけでいると、時代の変化、環境の変化に気がつきません。変化しようとするためには、大きなエネルギーが必要です。そのエネルギーを出すためには、強い動機がなければなりません。日々、何となく過ごしている決まった日常だけからでは、どうしても変化することから目を背けたくなります。そして、いよいよ変化せざるを得なくなると、大きな改革が必要になってしまうのです。日々、あらゆるところから学ぶ姿勢を持ち続けることが必要でしょう。