長所と短所

 人は、自分がやったことに対して人から評価されることはあまり望みません。それは、肯定的な評価であればいいのですが、否定的な評価ではなおさらです。もちろん、より良いパフォーマンスを発揮するには、耳に心地よい情報だけでなく耳に痛い情報も必要であることは知っているのですが。しかし、自発的学習のための発見の2番目にあげられる「現実を見極める」という点では、「自分が自分をどう見ているか」ということと同時に、「他人が自分をどう見ているか」を知ることが重要になってくるのです。特にリーダーとして、自分のリーダーシップの長所と短所を理解する必要があると言います。すなわち、理想と現実が一致している点と乖離している点を理解することが出発点であるとゴールマンは。言っています。

 自分が評価し保持したいと望む部分と、改善したり変えたいと思う部分を整理することが必要であるとしています。そうした自己認識を持つことによって、人間は変わることができるというのです。保持したい部分と変革しなければならない部分は、たがいに照らし合わせて考える必要があるのです。それは、長所が短所の原因となっている場合もあるからです。例えば、イニシアチブが強すぎて、時に感情のコントロールが不十分になってしまう場合などです。また、短所が長所に起因する場合もあるからです。例えば、インスピレーションが豊かで特定のビジョンに熱心過ぎるあまり順応性を欠いてしまう場合などです。

 このことは、私も常に気を付けているところです。長所と短所は表裏一体で、良い場面で発揮されれば長所になり、悪い場面で発揮されれば短所となってしまうからです。これは、自分自身に対して気をつけるだけでなく、他人への評価にも気をつけています。では、リーダーによってどのような場面がよい場面で、どのような場面が悪い場面かというと、良い場面とは、現実と理想が重なる部分で、現実が理想に届かない部分は悪い場面と言えるのでしょう。

そして、短所ばかりに目がいかないことも大切です。多くの人はどうしても短所の方にばかり目が行ってしまいます。特に実用派の経営哲学を持つリーダーは、達成意欲が非常に強く、そのために短所に注目するきらいがあると言われています。しかし、自分の能力を過小評価しているせいで、肯定的なフィードバックを信用しなかったり、避けてしまったりします。このように短所を強調すると、前頭葉前部の右側が活発になりやすく、モチベーションが下がり、自発的学習が阻害され、変化のチャンスを逃がしてしまうことになると指摘されています。

この指摘は、リーダーシップ論での自分自身への評価についての心得ですが、職場におけるチームワークの中でのお互いの評価、また、保育者が子どもに対しての評価にも言えることです。そして、より質を向上させるための評価には、「多面観察調査」ということを提案しています。リーダーは、いろいろな人たちからフィードバックを受けることによって、より完全な自分像を描くことが可能になるからです。見る人の種類や立場が異なれば、見える像も違ってくるものだからです。それは、保育者や教育者が子どもを評価する際にも気をつけなければなりません。長所と短所が表裏一体であるということからも、ある立場からの評価だけでは、真の姿を見えることは困難になってしまいます。

そんなことからも、私は、担当制、一人担任ではなく、チーム保育、ティームティーチングが必要であると思っています。

長所と短所” への14件のコメント

  1. 新たなスタートの季節。初投稿させていただきます。
    自分が自分をどう見ているか。他人が自分をどう見ているか。難しいですが、私の課題でもあります。私の短所は物事をあまりよく考えずに行動してしまうところだと思っていました。、「口足らず」とも言われ報連相が苦手です。しかし、以前ある人に「私の長所ってどんなところですかね?」と聞いたところ「何も考えずに行動するところじゃない」と言われました。環境や人、空間によって「自分」という存在の見方も違ってくるのだと感じました。報連相が必要ないということではありません。ただ、長所を見てくれている、活かそうとしてくれているという安心感は人を「やる気」にさせます。その「やる気」は「生きがいに」変化していくのではないか、そう思っています。私も、人が活きている場面をたくさん発見し、周囲に発信していきたいと思います。

  2.  特に実用派の経営哲学を持つリーダーは、達成意欲が非常に強く、そのために短所に注目するきらいがあるとのことですが、組織を預かるものとしてのミッションのあり方が共に働くメンバーの評価に大きく影響しているのでしょうねえ。利益や効率をもとめるリーダーなのか、社会の幸せ、ひいては働く仲間の幸せを追及するのかで、評価もかなりかわってくるのだと思います。
     リーダーの評価も多面的に分析することも必要かと思いますが、自信のないときは特に他者からの評価を恐れ、自分自身を見失うこともたびたびです。最近自分に言い聞かせていることがあります。他者と比較しながら自分のあり様を見つめるのではなく、自分の内から湧き上がってくるなりたい自分にてらして、自分のあり様を見つめることだと。そうすれば、ぶらない自分をつくることができ、他者からの評価も恐れずに受け入れることができると思うからです。

  3. 私はどちらかと言えばこう見えておとなしくて内気な方だ(笑)。人に会うより、こうやってコメントを書くために思索にふけることのほうが好きである。普段口数が少なくてもいざという時、信念を持って話ができれば十分だと思っている。「私は内気だ」と思って萎縮するより「私は聞き上手だ」と自信を持つ方が価値的なのだ。話し上手は聞き上手というではないか。

    「短気」は、何をやっても速くてスピーディーという立派な長所になる。「おとなしい」性格は、人の和を大切にする長所に。「感情の起伏が激しい」のは「情熱的」ともいえる。「おおざっぱ」はよくいえば「おおらか」。「神経質」は「細やかな」心配りにもなる。性格によって人生が決まるわけではない。性格をどう生かすか。自分を信じて自分らしく誠実に生きること。いつもそう言い聞かせている。

  4. 長所と短所をどう捉えるかは、考えれば考えるほど難しい問題ですね。長所と思っていることも見方を変えると短所になり得ますし、何事も過ぎるのはよくありません。その辺のバランスをとることも、理想と現実の差をきちんと把握することも、様々な目があった方がいいのは明らかです。自分に対しても他者に対しても、評価をすることで次の行動への意欲につながった方がいいに決まっています。チーム保育の意味を保育の中できちんと定着させていきたいと思います。

  5. 以前、福田元総理が「私は自分自身を客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです」というような発言をされていたのを思い出しました。
    現実を見極める、自分自身を知るということの大切さを特に最近感じています。それは、私自身にその力が足りないと思うからです。なかなか自分を客観的に見るというの難しいですね。自分に自信がないということの表れかもしれません。自分よりも周囲の人たちの方が客観的に見てくれていますね。そんな周囲の人たちの意見をしっかり受け入れる姿勢というものも持ち続けていたいと思います。
    それにしても、短所を強調…自発的学習が阻害…ぞっとしました。

  6. 「長所と短所は表裏一体」ということが、最近よく身にしみます。

    どんなに良いことでも、悪い面を言われれば悪くなってしまう。
    そのためには、物事の本質を理解することが大切だと感じています。

    そして自分の「理想と現実が一致している点と乖離している点を理解すること」、そのことができないと「不安」が生まれてくるのではないかと感じました。常に自分自身を評価することを心掛けていきたいと思います。

  7.  人に長所と短所があるのは当たり前の事です。確かに人に評価されるのは望まないというか、やはり構えてしまいます。もちろん自分の長所が評価されればよいのですが、短所を指摘されてしまうと良い気分にはなりませんね。しかし自分の事を知るために、自分の長所と短所は理解しておく事は大切なことかもしれません。また人を判断する時も、自分ひとりで判断してしまうと偏った判断になってしまいます。そんな時こそ「多面観察調査」のように色々な人からの意見を聞くことはとても重要です。長所と短所は表裏一体と言うように、人の姿も同じように思います。どんな時に長所が出るのか?常に長所が出ていれば分かりやすいと思いますが、そう完璧な人間はいないように思います。子どもの姿を見るときと同じように、職員や仲間を見る時も、そういう視点から見る事が重要です。

  8. 面接であなたの長所と短所を言ってくださいと言われ、長所は言えましたが短所を言おうとしたときにこれを言ったら捉え方によっては短所なのではないかと頭の中がぐるぐるしたことを思い出しました。長所と短所は表裏一体というのが納得できました。確かに自分にとって短所を聞くことは抵抗があります。かといってずっと聞かないままでは偏ってしまいます。子どもを評価する際に一人で評価するのではなく多数で子どもを見て多面観察調査を行っているので色々な視点からの子どもの像が出てきます。大人も同じで色々な人から意見を聞くことで自分像が出来ていくのですね。恐れず自分自身のことに意見をしてくれる人に耳を傾け、吸収し自分からも他の人に自分なりの視点で意見を言えることが重要になってきますね。

  9. 今回のブログはまさに自分が陥りがちなことがいわれており、自分の認識の仕方や考え方を整理するいい機会になりました。「長所と短所は表裏一体」ということや「それが場面によって、生かされる場合とそうではない場合」「立場によって評価が変わること」ある程度それらのことを整理した上で、自分の感情や自己認識をより正確に判断できればと思います。私の場合、いい情報より、悪い情報のほうに気が向いてしまい、ブログにあるように、モチベーションを下げてしまうような状態になることが多々あります。短所にとらわれるがあまり、長所についての自己認識がおろそかになっているのかもしれません。それではなかなか自信を持つこともなければ、チャンスをつかむことも難しくなります。自分を含め、周囲にいるひとが全体的に自信をもって保育や仕事ができる環境を作っていくためにはどういったことが必要かより深まるための一つの要因が見えてきました。

  10. 「長所と短所」で思い出すのは、昨年園で行われた新人歓迎会の時のアトラクションで、新人さんの「長所と短所」が紹介された時のことです。その新人さんのひとりはアメリカ生活が長く、英語はネイティブです。ところが、飄々としているというか、どこかずれているというか、そんな感じを受けることが時々あります。その人の長所は「常識にとらわれないこと」、まず私はこのことに感心してしまいました。そして短所は「常識がないこと」、これには思わず快哉を叫んでしまったような記憶があります。そしてこのことは長所と短所が表裏一体ということになるのかどうかわかりませんが、少なくとも「常識」と言われることを巡って長所と短所が挙げられたことにとにかく感心したのでした。そして今回のブログを読みながら、あぁ、長所は短所にもなるのだ、ということを再認識したしだいです。ということで、この長所と短所について、自分自身でも気を付けなければならない、と自戒しました。私の長所はおしゃべりなところと自認していますが、このおしゃべりはすぐに短所に転じます。長所と短所、どちらもほどほどがいい、ということに気づかされます。

  11. ゛「現実を見極める」という点では、「自分が自分をどう見ているか」ということと同時に、「他人が自分をどう見ているか」を知ることとあり、自分自身を知ることの中で他者からはどう見えているのかを知る、社会的な立場からの見えかたとの自己分析したものがあることによって、新たな自己を知ることができますよね。
    長所と短所、長所がばかりあった方がいいのではなく、短所との裏表一体といった関係性は、日々の中で感じます。
    短所は単純なところですと言っても、シンプルに考えたいときにその人がいることで、話がスムーズに進んでいくことがあると思います。このときは、短所といっていたものが長所化されていると思います。
    そして、チーム保育の中でも、短所を補えるという、担当制にはない、お互いが協力し合える、助け合える環境が作りやすいと思います。短所だと言える環境は、ある意味、お互いが協力しあっていることにも繋がりを感じてます。

  12.  〝リーダーは、いろいろな人たちからフィードバックを受けることによって、より完全な自分像を描くことが可能になる〟勇気をもって、近くぜひ、この機会を設けたいと思いました。
     この日のブログからコメントが一気に増えますね。そういうことに出会える嬉しさというのが臥竜塾ブログコメントの醍醐味の一つです。この度のリーダー論の連載から学ぶことはあまりにも多く、また改めて読む時には違った感じ方になるであろうことは予測でき、何度も読み返しては、自分を振り返る機会にしたいと思います。
     営業会社に勤める際に研修がありましたが、その研修がその時の自分にとってはとても壮絶なもので、その研修の最後が、一週間を共にしたチームの人達からのあまりにも直接的なフィードバックでした。その時突き刺さった言葉のいくつかが今も胸に残っていて、もしかしたら、そういう言葉を、今の自分はきちんと聞いて、その上でしっかりと自分を見つめ直さないといけないのかもしれません。長所も短所も、人に喜ばれるものにしたいと思いました。

  13. 「人は、自分がやったことに対して人から評価されることはあまり望みません」という出だしの文章が印象的でした。自分は、他人からどう思われてるのだろうというところばかりを気にしてしまい「気にしすぎ」と言われることがとても多いです。しかし、なんでも「できます」とか「自分がやります」とか言ってしまう所もあり、どちらもバランスよくなれたらと思うことがよくあります…。
    新宿せいが子ども園に来て感じるところでもありますが、文中にあった、短所にばかり目がいかないようにすることは、先生をはじめ他の職員の方々が実行してくれている部分だと感じます。現に、3年目に入りますが向上心は年々増すような感覚です。
    リーダーシップ論とありましたが、自分が将来、年数を重ねていくうちに教える立場になっていきます。その時に、新宿せいが子ども園の先輩方のような関わり方ができたらいいなと感じています。そのためにも、新人として新宿せいが子ども園で学べた時期を忘れないでいたいと思いました。

  14. その子のある行動に対してそれを叱咤する先生もいれば、激励する先生もいて、子どもは多様な価値観の中で自分の行動を振り返っていけるものなのかもわかりません。子どもたちにとっての両親、夫婦もまたそのような存在で、仲が良いことはもちろんなのでしょうが、価値観が一緒だから仲が良いわけではないし、むしろその違いを互いに認められる程に相手のことが好きだし、だから不一致を受け入れられるのかもわからないと思いました。子どもは大人の矛盾を子どもなりに受け止めて、自分の価値観を捻出していくのであれば、仲良く、でもそれぞれはそれぞれのままで、と、家族の在り方についても少し気楽な気持ちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です