維持する

 東北大震災の時に、人々は「絆」の必要性を感じ、いろいろなところで「絆」が語られるようになりました。その絆は、組織においても必要なことです。人と人との関係には感情の絆が形成されることが必要ですが、それは、リーダーの力が必要です。リーダーは、人々が何を欲し、何を必要としているかに注目し、集団の健全性を維持する文化を意図的に作る努力をする必要があります。この努力を通じて人のつながりを育てるのです。そうして生まれた絆という土壌の上に、共鳴という種をまくことができるのです。土壌がよくないと、種を立派な芽を出しません。土壌には、たくさんの絆という肥料が必要なのです。

 そして、人々は良いときも悪いときもリーダーについていくようになると言います。共鳴は、仕事や仲間に対する信頼を基礎にして、目には見えなくとも、絆は強力なものになっていくのです。これを実現するためには、職場でリアルタイムの人間関係を育てる必要があります。このリアルタイムの人間関係は、仕事中だけでなく、オフタイムの時にも共に語り合い、笑い、話を共有し、夢を育てていくことが大切であるとゴールマンは言います。私は、今、職場内にそういう仲間に巡り合え、彼らと夢を語り、笑う関係があります。それは、もはや戦略や、ビジョンのためというよりは、他人としていく手いくうえでの力をもらっている気がします。私たちホモ・サピエンスという人類は、そうすることで免疫力が高まるのではないかと思っています。反対に、人間関係のストレスは、建設的でないだけでなく、お互いに寿命を縮めます。

 最後のルールは、「組織のEQを維持する」です。そのためにまず、「ビジョンを行動に発展させよ」です。リーダーは、あらゆる機会をとらえてビジョンがどのように見えるものか、どのように感じられるものか、どのように将来へつながっていくものかというようなことを示さなくてはならないと言います。そのために、リーダーは、自らが発見と変革の手段となり、プロセスを進め、目標に到達するまで決してあきらめてはならないのです。それは、いつまでも頭の中でこねくり回しているのではなく、行動することです。その行動指針は、対話や決断において、リーダー自信の価値観や、組織内に形成しようとする価値観に沿った行動であることが理想であると言います。そして、リーダーは、指導とビジョンと民主主義と人間に対する敬意をもって集団を導いていかなければなりません。

他者に対しても、リーダーは価値観と組織のミッションに恥じない行動を呼びかける必要があります。ビジョンを行動へと発展させていくためには、他にも必要なステップがあるからです。組織構造と職務設計を変えること、人間関係の規範を変えること、制度とパフォーマン期待をビジョンに合致するように練り直すこと、そして、仕事の内容を組織のミッションに近づけていくこと、などが課題となります。それらのことが行動へと発展させていくのです。一つの組織だけが浮き上がってしまっては、それはビジョンに近づいてはいきません。周りも巻き込んでいくことが必要になるのです。それがなければ、行動は発展していきません。それを考慮に入れながら様々なものを変えていく必要があるのです。

 維持するということは、そこに留まるということではありません。常に行動することです。そこに留まること、変化しないということは「次第に衰退していく」「次第に後退していく」「次第に時代遅れになってくる」ということを意味します。

維持する” への9件のコメント

  1. 絆ということについて、多くの場で語られるようになりましたね。でもこの絆は勝手に生まれてくるものではなく、誰かが声をあげ、誰かがそれに共鳴し共感して形になっていくものだと思います。やはりそこにはリーダーが必要なんですね。しかも集団の健全性を維持する文化を意図的に作る努力が必要と、なかなか簡単な話ではなさそうですが。そして行動が必要だということ。その行動も、仕事の内容を組織のミッションに近づけていく、そんな行動であること。そして周りも巻き込んでいくような行動であること。それらを考えると、やはり多くの人に共感してもらえるビジョンをもち、それを理解してもらえるように行動することしかないんでしょう。そのように保育園の役割を捉え直したうえでの保育園を取り巻く議論が、今こそ必要なんでしょうね。

  2. 土壌が良くないといけないという話はよく分かります。それは馴れ合いとはまったく違う関係ですね。対立からはいいものがうまれないという感覚が以前より分かってきたように思います。私自身も職場の環境には恵まれていると感じています。人間関係における過度のストレスがないからこそ、いろいろなことをやってみたいという気持ちが湧いてくるということを体感しています。日々、過ごしているなかで変わるべきではないかということがあります。その思いをそのまま抱えて過ごすのではなく、その変化は本当に必要なのか、理念に基づいて変化しようとしているかをしっかり考えて、思いを実現していきたいと思います。現在、目の前にいくつか課題があります。大きな変化を必要とすることでもあります。職場の中の一員としての行動の仕方も学ばせていただいています。

  3. ある方が、藤森先生を独楽に例えた事を思い出しました。その意味が少し理解できました。独楽はぶれないためには動かなくてはなりません。維持するために行動しています。中心や内面に近づくほど一本の筋が通っており、外側は内側に巻き込まれ、吸い寄せられます。しかし、浅はかな外からの刺激は、簡単にはじかれてしまします。それはまるで、本気や熱意を見透かされたように。独楽の中でも「富士見独楽」がぴったりです。回すと、富士山の形が浮き出る不思議なこまです。この独楽は、回すのが目的ではありません。美しい富士山を見ることが目的なので、その情景が見える時には、すでに独楽は回せる状態になっているということです。また、ある方は藤森先生を、先んじて道を覚知するという「先知」な人だと言いました。富士山を見るためには、独楽の回し方を知らなければなりません。独楽を回すためには、「富士山ってきれいだよね。一緒に見てみたいよね。」などとビジョンを示し、その方法のほうが面白いし楽しいということを知らなくてはなりません。目標の先にある目標を示し、その過程を自発的なものにします。保育に置き換えると、心情に寄り添い、子どもの一つ先の環境を用意し、語りかけ、ビジョンという発達をいかに引き出すか。生きていくうえで、いかに充実した発達・成長をしていけるか。
    私の部屋にも富士見独楽が飾ってあります。今日からこの独楽には、これからも藤森先生を、見つめていきたいという願いをこめて、『藤見独楽』と名付けようと思います。

  4.  今日のブログを読んでいて、生物学の世界でいわれている「赤の女王仮説」を連想しました。これは「生物が生き残っていくためには、常に進化し続けなければならない」ということを意味していて、その由来は「鏡の国のアリス」に登場する「赤の女王」のせりふにあります。それは「その場所に留まるたまには、全力で走り続けなければならない」です。頭では理解していても、実際は「現状維持イコール守りに入る」になってしまいます。何かを維持するにも相当のエネルギーが必要なのでしょうね。
     最近、住んでいるマンションの自治会役員なるものを引き受けています。築40年以上なので建物だけでなく、入居者も高齢化し、完成当時からある自治会組織の活動が出来なくなりつつあります。組織を維持するためには、いろいろ変えていかなければなりません。

  5. 『進まざるは後退』とも『転石苔を生ぜず』とも言われます。
    組織で改革の歩みを止めてはいけないのと同じように、人においても昨日よりは今日、今日より明日へと前向きの行動で、人生のバージョンアップをしていきたいものです。ロシアの文豪トルストイは述べています。

    「自分の人生は完成をめざすことであると決めた人は、前方だけを見つめている。自分がやったことをふり返るのは、足をとめた人だけである」

    ついつい、人は過去の思い出に囚われがちなものです。時に、成功体験は惰性の原因となり、失敗体験は前進の足枷になります。なかでも失敗をどう乗り越えるかー。鎌田實先生は自身のブログの中でこのように語っておられます。

    「人生に失敗はつきものである。いくら失敗してもいい。しかし、常に格好いいことが大事なのだ。」

    真の楽観主義者には、失敗を笑い飛ばすだけの余裕があります。人生を達観した強い意志の力で、格好よく生きることができるのです。

  6.  よく「現状を維持しよう」と言います。維持すると聞くと今のままでいいと判断してしまい特に変化もせず、とにかく今の状態をキープすることに集中し、悪く言えば回りが見えなくなってしまう場合があります。それがブログの最後に書かれている「衰退していく」「後退」「時代遅れ」となるのですね。スポーツの世界で置き換えてみると、ある種目でチャンピオンになった瞬間に次に期待されるのは、その強さを維持することです。少しでも気を抜くと簡単に追い抜かれてしまいます。維持していく為には今まで以上に練習も重ね、回りからのプレッシャーにも耐える必要があります。立ち止まっていては簡単に追い抜かれます。保育園の中でも見守る保育に向かって、様々な問題を乗り越え、一つの形になるまでは職員一丸となりますが、形が何となく出来ると、今度は維持していく必要があります。ここで現状に安心し慣れて適当になると大きな問題が起きて、今まで作り上げてきた形が簡単に壊れてしまうかもしれません。維持する為には、より深みと厚みを出し、みんなのモチベーションをキープするには、やはり常に行動していくことです。その為にもやはりリーダーが常に指針となり先頭に立っていく必要があるのですね。

  7. 昔、職場での人間関係について話が及んだときに「人間関係は職場だけではなく、普段からの関わりも重要なことで、毎日の積み重ねが職場や職務にも関わってる」とある先生にいわれたことがあります。最近でも、普段からいろんな先生方と話をする機会が減っていたこともあって、どこか不協和感が出ていたような気もしたので、とくに今回いわれていた「人間関係はオフタイムだけではなく〜」という一文は身に染みて感じているところです。よく気心のしれた仲という言葉がありますが、相手のことが分かるからフォローや相手の行動を受容することができることがあります。その目的や理念が同じであれば決して、それは馴れ合いになることはすくなく、前に向かっていけることが多いのではないかと思います。そういった土壌を作ることはリーダーの役目ですね。
    ?今の私は維持するというところまで至っておらず、たくさんの課題を一つ一つ変えている状態です。しかし、「「維持する」ためにはつねに行動をしていかなければいけない」ということは常に心に止めておきたいことです。「時代に合わせて変えるものを変えないものをよく見る。」このことはブログでもよく取り上げられてます。いろんなところにアンテナを張ってつねに行動できるよう心掛けたいと思います。

  8. 最近好きなフレーズに「向き、不向きより、前向き」があります。これは前に向かって行動するということです。この「行動」には身体的な活動のみならず、思考の進化あるいは深化の意味も含めていると了解しております。「変えてはならないものを変えないために、変わる」というのは私たちの身体内で常に起こっていることでもあります。それは血液です。私たちの体内を流れている血液は生命を維持するために2,3日で総て変わるのだそうですね。ということは、変えないのは身体機能に反応することですね。思考は容易に固定化します。私たちがその定型化傾向の脳の思考作用に頼っていてはストレスが増すばかりです。保育者が昔の保育にしがみついてばかりいると、常に変化に変化を重ねて成長していく子どもたちの障碍になる可能性が大ですね。寝ている時でも行動する子どもたちに寄り添うためには私たちも常に行動していることが肝要なのでしょう。「そこに留まること、変化しないということは「次第に衰退していく」「次第に後退していく」「次第に時代遅れになってくる」」、このことを肝に銘じたいと思います。

  9.  〝リーダーは、人々が何を欲し、何を必要としているかに注目し、集団の健全性を維持する文化を意図的に作る努力をする必要があります。この努力を通じて人のつながりを育てるのです。〟リーダー論を読むことは心が締め付けられる程に自分を省みさせます。自分のとってきた行動、態度が丸裸にされていくようで、もう何も着るものがなくなってしまいましたが、この身一つはしっかりと残っていることを思うと、それが真我なのではないかと思ったりします。それはどうしようにも変えられないものというよりは、灯火のような微かでも吹き消されない強さをもったもので、その火を頼りに、次はもっと多くの人に喜んでもらえるように、身なりを姿勢を整えようと思う次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です