理想のビジョン

 ゴールマンは、「EQの高い組織を育てるために」三つの重要なルールを提案しています。その一つが、「感情的現実を発見すること」であり、その具体的な方法として、「集団の価値観と組織の信頼性を尊重せよ」ということで、組織のみんなが大切にしてきたことに共感し、それを尊重したうえで、改革に向けて自主的に取り組むような働きかけをすることであることの必要性を提案しました。次に「急がば回れ」ということで、いったんペースを落としてでも、人々の言うことによく耳を傾け、よく話し合う努力をしていかなければならないことを言っています。そして、「始動は上から、戦略は下から」というように、上から下へ、下から上へと共鳴に向けてスタートを切ることの重要性を訴えています。

 次に、二つ目のルールとして、「理想のビジョンを描く」ことを挙げています。何度も言っていますが、理想のビジョンと言って、机上の、絵に描いた餅では意味がありません。また、リーダーの独りよがりでも、それは理想で終わってしまいます。周囲と共鳴するビジョンでなければ、組織はついてきません。そのためにリーダーは、まず自分の気持ちを知り、さらに他者の気持ちを知ることから始めなければならないと言っています。本当に自分はそうしたいのか?私は、よく他人からその打ち立てた理想を聞くときに、「本当にそうしたいのか?」「一体、そうすることで何がしたいのか?と思うことがためにあります。そこに、「メンツ」とか「見栄」とか「体裁」とかの気持ちがあると、人々はその理想に向けて進むことをためらいます。他人の心を動かすのは、熱意であったり、信念であったり、心の底からの思いでなければならないのです。

 また、組織の皆にその思いを語るときでも、数字だけでは、心に響くビジョンを構築するには不十分だと言います。リーダーは、感情のレベルで「見る」ことができなければならず、人々が深く個人的なレベルで、一体感を抱けるビジョンを作り上げるのだと言います。逆に感情がこじれてしまっては、どんなに素晴らしいビジョンであっても、うまく機能していきません。特に、保育、教育のように人との関係においての理想は、感情を考慮に入れなければ、うまくいきません。均一な「ネジ」を作るのではないからです。また、数字、データだけでなく、表に出ている行動だけで判断することも危険です。自分の、そして、他人の内面をよく見つめることからリスのビジョンが見えてくるのです。

 「理想のビジョンを描く」ために、「整列ではなく、同調させる」ことが大切です。ビジョンは、人々を動かす原動力になります。そのためには、人々の心に響く、魅力的なものでなければならいのです。実際に見て感じて、触れてみることができるものこそ、価値観やビジョンのような抽象概念が意味あるものになると言います。人々をビジョンに同調させるためには、根幹に信頼がなくてはならないのです。自分の夢や信条や価値観を犠牲にしなくても組織の夢に手を伸ばすことが出来ると感じるものでなければなりません。そして、初めて絵に描いた餅ではなく、現実味を帯びてくるのです。みなが、実感を持ってそれを受け入れることができるのです。

 そして、「まず人があり、次に戦略がある」と言います。リーダーは、命令したり、指示したりして人を動かすのではなく、自ら実践することが必要です。それは、コミットメント、参加、ビジョンの追求、健全で生産的な人間関係などの規範を自ら実践して見せることが必要です。他人との関係において、他人を悪く言ったり、愚痴を言ったりする人間関係からは何も生まれてきません。

理想のビジョン” への8件のコメント

  1. 「人々をビジョンに同調させるためには、根底に信頼がなくてはならないのです」大切にしたい言葉です。人の意見に耳を傾け、尊重し、自ら実践しているリーダー(人)の姿は信頼につながっていきますね。それまでのリーダーの姿があるからこそ、信頼がうまれ、組織が一体となって物事に取り組んでいける土台になるということは忘れてはいけませんね。例え、いい提案だったとしても、信頼がないリーダーからの提案では周りの人の動きも違ってくるのは当然ですね。また、組織のためというより、自分のために動いている姿というのは案外、周りの人は気がついているような気がします。そこからはやはり、信頼というものはうまれないのかもしれませんね。急がば回れ、日々、意識していきます。

  2. ビジョンに向けての構想を示す際に数字をたくさん並べて「こうすればこうなります!」というのが今でも流行っているようです。プレゼン力とかがもてはやされていることもあるんでしょうか?確かにプレゼン力は大事かもしれませんが、そこでも数字とかを超えた感情が相手に伝わるかどうかが重要な要素なんだろうと、心に響くプレゼンを見ていても思うことです。この人は本気だなとか、この人についていってみようと無意識のうちに思ってしまうときは、感情でのやり取りが行われているときなのかもしれません。また、実感をもって受け入れてもらえるようにするには1人ひとりがイメージできるものでないといけないですし、その思いが本物でないといけません。そして他者を信頼することです。自分がやってきたことを振り返ってみると、ずいぶんここから逸れているなあと、またまた思ってしまいました。

  3. これまでの自分のコメントを読み返していると、こんなことを自分は思っているのかと自己理解していると同時に一つの疑問が浮かび上がりました。「たくさんの学びを得て、自分は何か実践をしているのか?」という疑問です。知識は、経験が足されて初めて知恵となるはずです。いくらいいものに触れていても、そこに学びの精神や、実践がなければなんの意味もなくなってしまいます。これでは、組織からの信頼は得られません。そこでまず、組織のみんなが大切にしてきたことに共感し、尊重し、自主的に取り組むような働きかけをしていくために、組織や人の内面を見つめ、強みや長所に気づき、それを周囲の人たちに伝え、自分も実践するという流れを習慣にしていきたいと思います。そこから、自分の持ち味も見えてくるはずです。そして、「他人の心を動かすのは、熱意であったり、信念であったり、心の底からの思いでなければならないのです。」という言葉。理由は分かりませんが、鳥肌が立ちました。

  4. 藤森先生のEQ講座が始まってかれこれ3ヶ月になります。臥龍塾開設以来のロングランです。その奥深さに感嘆し、時には難しさに頭を抱えながらの毎日でした。EQこそが人がこの複雑な人間社会を賢く生きるための人間力であり、一言で「幸福力」とも言える大切な行動特性だということを確信できました。幼児教育の目的とは人生のスタートに立つ乳幼児にこの幸福力を養う環境を用意してあげることに尽きます。

    またその幼児教育を担う保育者集団も、リーダーのEQの力によって子どものモデルとなるようなEQの高い職員集団である必要性が出てきます。子どものEQ力は大人のEQにかなり影響を受けるからです。ひょっとしたら”保育の質”とは畢竟、保育者のEQで決まってしまうのでは?そんなことを考えながら読ませていただきました。EQ人間学を基にしたEQの高い保育者集団による子どものEQ力を養成する保育。僕の考える理想の保育像です。

  5.  人に自分の思いを伝えるときに、私自身を見つめ直して足りないものは「行動力」だと思います。「理想のビジョン」を考え、どういう風に進んでいけば上手くいくのでは・・・ここまでは何となく組み立てが出来るのですが、いざ行動に移すまでが遅いと思います。更に自分を見つめ直すと、「勇気」が無いため遅いのかもしれません。良いか悪いか分かりませんが人の気持ちを考えすぎてしまう癖があり「嫌な気持ちにさせるのでは?」「反対するのでは?」色々と考えてしまいます。まずは人を信じること、自分が信念を持ち、熱意を持って話せば、ちゃんと聞いてくれるだろう、と信じる事がまだまだ自分には足りないのかもしれません。ブログの最後に書かれていますが人間関係において人を悪く言ったり、愚痴を言ったりする関係からは何も生まれないように、信頼関係が無ければ何も生まれませんね。

  6. プレゼンをするときに数字というものがとても説得力があるのはわかります。一見それが正しいように思うこともありますが、その反面、実際にそこにある「もの」「人」のことが考慮されていないことがあります。本当にそれが正しいのか、それが理想かと考えたときに、それは「数字」では測りしれないものが多いように思います。特に組織となると人間はロボットではないだけに十人十色ですし、「感情」というものによって、モチベーションや結果、成果は大きく左右されることが多いです。「まず人があり、次に戦略がある」感情のレベルで「見る」ということがリーダーに求められるのは組織が「人」でできているからです。このことを忘れてはいけないですね。このリーダー論に出てくるリーダー像は自分もそうありたいと思う以上に「こういう人と働いたら楽しそう」と思うことが多かったです。

  7. 私たちが従事している仕事は「均一な「ネジ」を作るのではない」仕事です。保育や教育の現場にいるのは子どもたちです。そしてその子どもたちと共にいる「先生」と呼ばれる大人たちです。子どもが100人いれば100通りの育ちがあります。先生たちが50人いるとEQのレベルも50通りあるだろうと思います。このことを意識するだけでも「均一なネジ」づくりとはわけが違うことがわかります。何とも奥の深い仕事です。よって保育も教育も「人間学」をベースにしなければならないと思うのです。「人間とはそもそもいかなる存在か?」という人類に「哲学」という学問が授けられて以来ずっと問い続けられてきた問いです。そしてこれは「そもそも」を常に問う作業でもあるのです。そして、やはり、常に人間の関係性の中で問われ続けることです。集団の目標を達成するための人間関係に「他人を悪く言ったり、愚痴を言ったり」する関係では良くありません。このことを戒めとしなければなりませんね。

  8.  〝そのためにリーダーは、まず自分の気持ちを知り、さらに他者の気持ちを知ることから始めなければならないと言っています。〟この他者というものを考えた時、そこに携わる人全てのことを指すということを改めて肝に銘じなければならないと思っています。人の心情を理解し、企てたことが順調に成長していく過程において生まれがちな〝「メンツ」とか「見栄」とか「体裁」とかの気持ち〟を排除し、純粋に人に喜ばれるものへと昇華していくその様子を、見守っていきたいと思います。
     今年は楽しみなことがいっぱいで、明日からの仕事も、とても楽しみです。今日を存分に味わって、明日からの保育にまた励んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です