求められるEQリーダーシップ

 EQの提案者であるゴールマンは、これからの時代におけるリーダーシップにおいてもEQ力が必要であることを説いています。そこで「いまこそEQリーダーシップを」と呼びかけています。EQリーダーシップは非常に重要であり、これ次第でリーダーのその他の努力が成功するかどうかがほぼ決まるのです。共鳴を起こすことこそ、すべてのリーダーの根本的な仕事であり、その考えの基礎をなす神経学的側面、とくに感情の開回路からの根拠についてもそれを裏付けています。そんなゴールマンの提案するEQリーダーシップ論を考察してきましたが、それを再度まとめ、確認してみようと思います。

 EQは、共鳴型リーダーシップの最も重要なコンピテンシーであり、個人レベルでも集団レベルでもこうした能力を養い、強化することは可能です。共鳴的リーダーシップは、組織全体に広めることができるだけでなく、豊富なデータが証明するように、組織の効率や業績にも確かな利益をもたらします。そのために、新しいリーダーシップ論が必要になるのです。それに不可欠なEQコンピテンシーを向上させ、維持させるためのステップが必要になるのです。

 次に、グループ、チーム、ひいては組織全体をより共鳴的に変革する必要があります。集団全体のEQレベルを向上させることは、集団内の特定の個人のEQを向上させるよりはるかにビジネス・インパクトが大きいのです。しかし、そのためには、集団の感情を読み取り、規範や文化を正しい方向へ導く明敏なリーダーが必要になります。最終的には、組織そのものが共鳴的リーダーシップの孵化場になれば、組織で働く人々にとっても、組織の採算にとっても、非常に良い結果を招くことになるのです。

 なぜ、こんなことがそれほど大切なのか?しかも、今日だけでなく、将来にわたって大切なのでしょうか?今日、世界中のリーダーは、社会的、政治的、経済的、技術的な変化がもたらす現実の急務に否応なく対応が迫られています。ビジネスだけでなく世界全体が時々刻々と変化しており、新しいリーダーシップを求めているのです。ビジネスの世界では、コンピューターが日進月歩で進化し、eコマースが拡大し、労働力が急速に多様化し、経済のグローバル化が進み、仕事のペースが速くなっています。しかも、その変化は加速しています。

 こうしたビジネスの現実を見ると、EQリーダーシップは今後ますます重要になるとゴールマンは言います。今日役に立っている戦略が、明日は時代遅れになっているかもしれないのです。「ビジネスモデルの半分は、2年ないし5年後には使い物にならないでしょう。」と言います。ある情報サービス企業のCEOが「わが社のケースでは、いま売っている情報が、数年後にはインターネット上で、無料でやり取りされているかもしれないのです。したがってわが社では常に情報を売る新しい方法を模索しています。」と嘆いています。また、投資銀行の行員は、「ほとんどの企業は、経営陣が恐怖で凍りついている間に消えていきますよ。」と言っています。

 企業が近未来の激震に耐えて生き残れるかどうかは、リーダー、特にトップ経営陣が激烈な変化に直面して感情をコンロトールできるかどうかにかかっています。保育園や幼稚園は経営ではないかもしれませんが、そのために危機感を感じることは遅れてきます。そして、その危機を乗り切るための変革は、決して政治的、経済的ではなく、感情をコントロールするEQ力にかかっているのです。

求められるEQリーダーシップ” への8件のコメント

  1. もう一度、しっかり確認していきたいので、とてもありがたいです。一つのことを丁寧に深く考察される藤森先生の姿からはいろいろなことを教えられています。断片だけを知って、全体を知ったような気持ちになってしまうことが自分にはあります。様々なことに興味があり、知りたいという気持ちも強い方だと思うのですが、深めるというような本当の意味での知るや分かるという道を歩んでいないのでは、と思うこともしばしばです。これからはこの深めるという部分を大切にしたいと思っているので、藤森先生のお姿は私の指針になっています。保育というのも、時代の変化によって変わっていくものですね。変えてはいけないものは変えない、しかし、変わらなくてはならないものは、しっかり変えていく。そんな姿勢は忘れずに持っていたいと思っています。

  2. これからは、地位や肩書といった学歴ではなく、人間的な魅力が大切になる『人柄の時代』になっていくと、様々な場所で耳にします。「あなたの仕事上の役職は何ですか?」から「あなたはどんな人ですか?」「あなたは、どんなことをしてきましたか?」と聞かれる時代です。まさに、新しい価値観の時代がやってきたという感じでしょうか。改めて、EQリーダーシップの話を聞き、感じたことは「工夫」と「人を動かす力」です。組織の理想と個人の理想をつなぎ合わせる工夫。個人だけでなく、組織そのものが共鳴的リーダシップの孵化場になる工夫。EQコンピテンシーを向上させ、維持させる工夫。これら「工夫」の裏に『ワクワク』がなければなりません。TV番組「プロフェッショナル」麻薬探知犬育成者・菊池昭洋氏から『ワクワクが才能を呼び覚ます』と学びました。“こうしたらもっと楽しく有意義に仕事ができそうじゃない?”や“こっちの方がこの先きっとみんなの喜びになって役に立ちそうじゃない?”などのワクワクが工夫を生み出します。それらの工夫は、変化に直面して感情をコンロトールすることにかかっているのですね。急速な変化には誰でも戸惑うと思います。待ったなしで過ぎていく時代に、新たなリーダーを求めるのは自然なことかもしれません。最後に「人を動かす力」です。この意味は、昔は「命令で人を動かす」だったかもしれませんが、藤森先生の話を聞いてると、現代では「共鳴で人を動かす」ということになると思います。共鳴を支えるのも“ワクワク”であり、その原動力は、『EQリーダーシップ』という、その人が様々な努力で培ってきた“魅力”なのかもしれません。
    『ワクワクが才能を呼び覚ます』。自分にも投げかけていきたい言葉です。

  3. 変化が求められるときこそEQが必要になってくるということは、まさに今の世の中がその時ですね。そしてその変化は、多くの政治家さんたちが言っているように過去の形を目指せばいいというものではなく、全く新しいものを作っていかないといけないのが今なんだと思います。極端な格差を生んでしまうような社会ではなく、みんなが互いに支え合うような社会への変化が求められているんだろうと感じています。そのような変化を感じ取り、では保育園では何をしていけばいいのかを考えることも大事な役割だと受け止めています。そのような大きな視点と、日常的に周りに人と感情レベルでのコミュニケーションを交わすような丁寧で小さな視点、これらをうまく絡めながら組織の舵取りをしていくといった捉え方になるのかなあと、今のところは思っています。

  4. 日本で唯一のEQ理論専門の人事コンサル会社が、「EQ Global Alliance」社。この会社のサイトではEQをわかりやすく解説している。EQ理論で職場を変革し、業績を向上させるために、専門家による検査や研修をという触れ込みです。臥龍塾のおかげで、EQ理論の理解が進んできましたが、私の組織をより強くするために、リーダーの私やチームスタッフのEQをどう向上させていったらいいのか?そう考えた時に、こんな便利なコンサルサービスを受ければ、果たしてうまくいくんでしょうか?

    釈尊一代の説法を別名 八万四千の法門ともいいますが、この呼称は八万四千の煩悩を解決する法という意味に由来しています。人間が抱える煩悩(情動)は数えきれないくらいあるというのです。喜怒哀楽、そんな単純なものではないのです。存在自体が矛盾に満ちた、また悩み多き存在なのです。所定のコンサル料さえ払えば、悩みは解決!今日からあなたはEQ満タンになります!務める会社も絶好調に!そんなうまい話があるのでしょうか。

  5.  今回のブログでリーダーに求められる能力を改めて学びましたが、正直言うと私の能力を遥かに超えているので「大変」という言葉しか思い浮かびません。自分達の中だけでなく、外の社会にも目を向け、時代の流れに沿っていけるようにアンテナを張っておく必要があるなど、特に利益を必要とする会社に関して言えば、少しの遅れも命取りになる可能性があります。自分の感情をコントロールするEQの力は時代の急激な変化にも対応できる力になるのですね。しかいながら利益に縁の無い保育園は時代が進んでも子どもはいるので危機感を遅れて感じるか、若しくは感じないのかもしれません。だからと言って何も変えようとしないのは子どもに影響がでます。保育園など人が大きく影響している施設は政治でも経済でもなく、やはり感情という物が危機を乗り切るために必要な能力になるのですね。

  6. 保育園や幼稚園は確かに企業とは違い危機感を感じることは少ないかもしれませんね。保育の結果や教育の結果といわれるものも決してすぐに結果がでるものではありません。しかし、そこにおける重要性は私はとてもあると考えています。そして、もっと自分自身考えていかなければいけないものであると思います。「ビジネスモデルは2?3年で使い物にならなくなる」という時代に、保育は時代に合わせることをもっと意識していかなければいけないのではないでしょうか。こういった変革において、EQはとても重要な時代になってきています。また、それが今の時代に取り上げられているということはやはり今の時代に足りないものがそこにあるからなんでしょうね。コミュニケーションが保育の課題で出てくることもありますが、子どもだけではなく、社会全体においてもそういった課題はあるのだと思います。組織が成長し、活気があるようにしていけるようなリーダーシップ、EQといわれるコンピテンシー、心がけること、学ぶことが果てしなくあることをとても感じます。

  7. EQ力を培うには、やはり人格の形成を旨とすべきだろうと思いました。そして、人が他者からの共鳴を得るには、その人が人格者として他者から認められていることが基本になるのでしょう。人格者とは就中、己の感情をコントロールできる人ということになります。「集団の感情を読み取り、規範や文化を正しい方向へ導く」役割を担える人、こうした人が集団を形成するとやがてその集団は「共鳴的リーダーシップの孵化場」となりゆくのでしょう。そして、これまでのブログを読みながら、自分自身を考え方や行動をその都度その都度振り返りながら、自分の感情をコントロールできたか、そのことに心から共鳴できたか、自分の行動は集団や組織への貢献となり得たか、自分の今を省みると共に他者をそれ以上でもそれ以下でもない仕方で理解したか、みんなが楽しく幸せに暮らせるように話したり、行動したりしたか、そして自己のEQ力を高めることを意識したか、などの反省が私には必要なのだと気づきました。よくよく考えながら発言し行動したいと思いました。

  8.  「保育園や幼稚園は経営ではないかもしれませんが、そのために危機感を感じることは遅れてきます。そして、その危機を乗り切るための変革は、決して政治的、経済的ではなく、感情をコントロールするEQ力にかかっているのです。」現在、臥竜塾ブログは心の理論について展開されていますが、改めてリーダー論に触れると、やはり心の問題がその大部分を占めているように思えてもきます。考えてみればEQという言葉自体、心のことです。思いやりのある企業、組織を築き上げるには思いやりのあるトップがなければならず、それが伝染して下まで降りていくような、そんな印象を改めて持ちます。テクニックや方法論ではなく、人格者として自分を磨いていく、その過程の中で理解者を得、共感してくれる仲間が増えて行くのですね。自省の中で答えを見つけていくことも、トップの大きな仕事の一つであることを改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です