学習計画

ゴールマンは、リーダーにおけるEQ能力の必要性について述べています。それは、部下をうまく動かし、高い業績を上げるマネージャーは、どのような資質や特徴を持っているのかということを、企業幹部への調査結果から明らかにしました。それは、彼らには六つの「EQリーダーシップ・スタイル」を使い分けていることが判明します。その中で、4つ以上のリーダーシップ・スタイルを使い分けることが望ましいとしていますが、そのためには、それぞれのスタイルの基礎となるEQを強化することが大事だとしています。この六つのスタイルについては後で説明しますが、まず、EQを強化するための「5つの発見」を提案しています。

その第一の発見が、「理想の自分」の発見でした。そして、第二の発見は、「現実の自分」の発見です。そして、第三の発見は、「学習計画を作る」ということです。リーダーとして新しい力をつけるための具体的計画を作る必要があります。計画は、本人が改善したいと考える項目に焦点を当てると同時に、実行可能な内容でなければならないと言います。また、短所を補う一方で、長所を生かす工夫も必要なのです。

この作成ほど、広い視野が必要なものはありません。私は、アイディアが詰まると、よく職員と買い物に出かけます。いろいろな店を見て歩くことで、いろいろなヒントを得ます。それは、アイディアだけでなく、改善方法や学習方法を見出すことがあります。その時に、自分だけで考えるだけでは、それはその時点で止まってしまいます。誰かに話すことで、その計画の矛盾点や欠点を見出すことができるのです。そこで、いつも誰かと一緒に出掛けます。その相手がコメントを言うか言わないかには関係なく、口に出すことに意味があるのです。

ゴールマンは、ある重役が、娘のサッカーチームのコーチを引き受けたり、地域のボランティアをしたり、活動領域が広がったおかげで、新しい眼鏡をかけて世界を眺めたおうに、自分のが改善すべき点がよく見えるようになった例を挙げています。人生のいろいろな場面を学習目標に結び付けて考える人ほど、練習を積む機会を多く得られると言います。ケース・ウエスタン・リザーブ大学のホイーラー教授の研究によると、学習目標を立てた人たちの中で、職場だけでなく、家庭や教会や地域社会などより多くの相手や状況において練習に励んだ人ほど著しい向上を示したそうです。しかも、向上した能力は、2年を経過してもはっきり認めることができたといいます。

あらゆる機会をとらえて練習に励むほど、向上も早いのは、人生すべてが学びの場だからです。そして、特定のパフォーマンス水準に目標を定めただけの単純な学習計画よりも、理想と現実を勘案して決めた学習目標の方が効果的であるということも言うまでもありません。そのために、学習計画は変化の可能性に重点を置き、その変化が最終的には、仕事のパフォーマンス向上につながるとゴールマンは考えています。

 よく、夢と現実は違うということが言われますし、部下が夢を語ると、経営者は、「そんな夢みたいなことを言っても、現実は違うのだ!」ということがあります。しかし、真にすぐれた学習計画は、自分がどうなりたいかという理想像を考えさせます。他人が決めた目標を押し付けるのではなく、具体的な習得目標を立てる場合には、個々人が、モチベーションをかきたて、才能を燃え立たせるような夢と関連付けることができることが必要なのです。

学習計画” への10件のコメント

  1. 「具体的な学習目標」と聞いて、以前『マイチャレンジ』という自分研鑽シートを書いたことを思い出します。そのシートには、今興味があることや、挑戦したいことを計画し振り返りに使用することが目的だと書かれています。私は―?定期的に絵を描くことで細部を見つめる目を養い、子どもの「面白センサー」に気づけるようにする。?子どもの写真に詩をのせて、その状況を客観視し“子どもとは何か?”を紐解いていく。―と書いています。そして、それを実践したことで、子どもを受け入れる範囲が広くなっていったのと、自分はこう感じているんだという自分理解にもつながりました。『学習計画は変化の可能性に重点を置く』と書かれています。もしかすると、私は変わりたかったのかもしれません。興味や挑戦は時に人を冒険させます。私も不安定の中に安定を求めていく人間でありたいと思いました。

  2. 何か特定のことをするだけが学びではないというのはとても納得がいくことです。そもそも学びとは限定的なものではないですし、また何かを創造するのは一見合いそうにないものを組み合わせることで生まれると思っているからです。得意なことではないのですが、様々な場に所属することで得られるものは大きいですし、その姿勢は人には必要なんだと思います。また、頭で考えていることを口にする作業を通して自分の考えを検証することもできますし、その時の相手の表情から得られるものと合わせて考えることで新たな気づきもあります。そのような自分なりの学習方法を持っておくことで、視野が狭くなるのも防ぐことができるのかもしれません。

  3. ご本人は謙遜されると思うが、我が師匠は、四つの共鳴型リーダーシップを体現され、時と場合に応じて使い分けていらっしゃる。見守る保育という高い保育理念を掲げ(ビジョン型)、職員の個性や経験に応じて的確なアドバイスを与えられ(コーチ型)、折を見ては食事を囲んで個人的な悩みに傾聴し(関係重視型)、保育の提案を大いに歓迎し(民主型)、チーム保育の向上に努めておられる。そんなボスの下で日々保育に従事できる職員の方々は本当に幸福だと思う。

  4. 理想の自分を発見し、現実の自分を発見できた先にある「学習計画の作成」はとても理にかなっている順序ですね。一つひとつのことを丁寧に積み重ねることで先のこともより鮮明に見えてくると思うと、何も大きな課題だけではなく、日常の仕事をする上での姿勢にもつながっていくような気がして、引き締まる思いです。
    「人生の全てが学びの場」というのは本当にそうですね。そして、そのように考えられる人は同時にその場、状況といった全てのことを楽しめる人なのかもしれませんね。

  5.  小学校、中学校の頃は勉強しなければいけない教科があったため、何となくの計画は立てることができていましたが、社会人になり実際に働くと学ぶ事がたくさんありました。今でも変わらず学ぶことがたくさんあります。ただ計画と言われると、具体的に計画をたてている訳でもないので、分かりませんが、おそらく自分の夢を描くことのように思います。そして現在の自分を見つめ、その為に何が必要なことか具体的に考えて、行動に移す。とコメントを書きながら自然と学習の計画を立てていましたね。しっかりと自分の夢を実現する為に、ゴールマンのように視野を広げてみようと思います。

  6. 計画することが苦手な私にとって理想の自分を発見することは容易なことではない気がしていますが日々生活していく上でこんな風になりたいと思うようになってきたことは明らかです。そのそんな風になりたいという理想を自分なりに考え、そして自己理解を深めた上で道のりを想像していきたいと考えています。また人生の全てが学びの場というの本当にそうだなと思っています。どこに行くにもどんな人に会うにもそれは大切な学びの場であるのですね。今の職場にいるからこそ私はモチベーションをかきたてられやってこれているのだなと実感しています。

  7. 社会にでると、学習というもののあり方が変わってくるように思います。今までは「教科」というものがありましたが、社会に出るとその学びや問題提起を自分で考え、学んでいかなければいけません。今、自分の周りにあるものはすべて学びにつながるものだということを改めて感じます。広い意味で学習計画を立てていかなければいけませんね。いうなれば、生涯の学習計画といいますか・・。そのためには理想像や希望、夢というものはそこに向かう一つの目標になりますし、そのために具体的な道筋を見つけていかなくてはいけません。保育だけではなく、いろんなことを体験、経験することも視野を広げることにつながりますね。一つのことに固執するのではなく、いろんなものに目をむけ、自分を高めることは自分のモチベーションをあげる一つの方法なのだと思います。

  8. 私は将来に向かって自分がこうなりたい、という目標みたいなことはありませんが、とにかく、私たちが住む社会が少しでも善くなっていくことに貢献できたらいいなと思っています。私は趣味が多いのですが、それらの趣味=遊びがその貢献のための材料だろうと思っています。読みたい本や雑誌が積読状態で私が読むのを待っています。ブログありメルマガあり、あるいは聴きたい音楽がCDやMP3あるいはストリーミングの状態で待っていて、さらに観たいDVDやVIDEOもたくさんあり、それから行ってみたい場所もたくさんあり、会いたい人もこれまた大勢いて、・・・そうそう、本物を見てみたい切手もこれまたゴマンとあり(カタログで眺めてとりあえずその場をしのぎ・・・)これらすべてが私の「学習計画」です。美と善を求める生き方をめざし、自分と真実と近未来が知りたい、こうした考え方で生きています。「そんな夢みたいなことを言っても、現実は違うのだ!」とは思いません。おしなべて、人は美と善を求め、自分と真実と近未来を知るために、他人とネットワークをつないでいくのだと思っています。いつでも今が最高ベストなのです。そして「学習計画」は「すべては必要、必然、ベスト」がわかる計画でなければならないと思っています。

  9. 理想として、こうなりたい、現実はこういう状況にあるという2つの理想と現実があることによって、今からの自分にも向き合えるのだと思いました。゛、アイディアだけでなく、改善方法や学習方法を見出すこと゛とありましたが、色々なアイディアを考える前にその事柄について考えてみる、ということは頭に入れておかなければなりませんね。
    そして、様々な状況下に自分自身を置く、そのなかで様々な場面に出会い、理想の自分を考え、そして、現実の自分を見る機会が増えると思います。やはり、新しい環境下に自分自身が入ることは、人生体験として必要なことだと思います。
    ゛あらゆる機会をとらえて練習に励むほど、向上も早いのは、人生すべてが学びの場゛と゛理想と現実を勘案して決めた学習目標゛の重要性を感じてます。

  10.  〝私は、アイディアが詰まると、よく職員と買い物に出かけます。(中略)いつも誰かと一緒に出掛けます。その相手がコメントを言うか言わないかには関係なく、口に出すことに意味があるのです。〟五木寛之氏著『親鸞』の中の一文に先日感動し、メモを取りました。その文章と藤森先生の仰ることが重なり、改めて人と人の間に生きてこそ人間なのだということを感じました。ー「そのとき親鸞は、人に語ることは、自分に問いかけることなのだ、と、はっきりと感じた。人に語ることは、教えることではない。それは、人にたずねることなのだ。」ー自分への問いかけ。多くの人の場合、それは相手があってこそなのかもわかりません。自分の傍にいる人を大切にしようと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です