内なる声

 改革のためには、「広角設問法」を用いて、スタッフや組織の現実の姿を見極めることが必要です。それは、ポイントを絞った会話と自由回答式の質問によって、組織の人々の気持ちを引き出すのです。設問をする作業にみんなを巻き込んでいきます。それに巻き込まれることによって、スタッフは仕事に対する情熱や夢を取り戻していきます。そうなると、ビジョンを明確に持ったリーダーに皆がついて行くようになります。そうなると、最後の仕上げとして、新しくなった習慣や働き方を維持するための制度を作らなければなりあm戦。これは、変化を定着させる上で不可欠な手順だとゴールマンは言います。それは、EQを佐田輝人事慣行を作ることが共鳴と健全な感情風土を維持するカギになるというのです。

 EQの高いリーダーは、自分が第1に取り組むべき課題は、組織の現実を見ることであり、主要な人材を巻き込んで問題点を特定することであることがわかっています。そして、その一方で、個人や集団に将来への希望を語らせます。優れたリーダーは、組織の長所と短所の双方を考えさせ、そのうえで現実に対する共通認識を引き出し、集団のエネルギーを未来のビジョンへ向けてやることができるのです。

 文化的現実が把握できたら、EQの高い組織を作るための次のステップは、個々のメンバーの希望や夢と矛盾しない組織のビジョンを打ち立てることだとゴールマンは言っています。実際に動くのは組織のメンバー個々です。そこで、個々の夢の実現が、組織の夢の実現と矛盾しては、どう動いてよいか分からなくなりますし、内心不満が出てきてしまいます。EQを発揮して、模範を示すリーダーの姿を見て、組織のメンバーは理想とするビジョンを支持するようになっていきます。メンバーたちが共通のビジョンに焦点を合わせて前進していく組織は、調査によると、「働きたい企業」リストにも登場するようです。しかし、組織の理想的ビジョンをはっきり提示するために、リーダーは何をすればいいのでしょうか。

 まず、最初は、リーダー自身が自分をよく見つめ、自分自身の夢や組織に求める理想的ビジョンについて深く考えてみることだとゴールマンは指摘します。自分の内面に目を向けるところから始まるのです。何かが変だと思うとき、何かが欠けていると感じるとき、計画を見直す必要があると感じた時、自分の内なる声に耳を傾け、自分の不安感がどこからきているのか考えます。自分たちのやっていることは、どこも間違っているように見えなくとも、自分の感覚を信じ、変革をもたらすために、新しい文化、新しい思考様式、新しい行動規範を創造していくことが必要なのです。

 企業文化を共鳴へ導くことのできるビジョンを見つけるために、EQの高いリーダーは、自分の内面を凝視することから始めます。自分がどう感じ、何を考え、組織にどんな印象を抱いているかを自問ですのです。彼らは、研ぎ澄まされた感度で企業の理想的ビジョンやミッションを把握し、理想と現実のギャップを認識します。EQを発揮して、現状からかすかな手掛かりを読み取る作業であって、決して直感ではないのです。こうして、リーダーは企業に関する様々なデータのはるか先まで見ることができるとゴールマンは言います。

 さらにゴールマンはこう言っています。「このような洞察を得るには、静かな環境に引きこもって熟考する機会を定期的に持つのがよい。深い思索は、真夜中に訪れることが多い。一人きりの暗く静かな夜に沈思黙考する時間を持つことによって、リーダーは心の片隅に引っかかって消えない疑問に答えを見いだせるようになる。」

内なる声” への9件のコメント

  1. 「何かが変だと思うとき、何かが欠けていると感じるとき、計画を見直す必要があると感じた時」というのがまさに今感じていることです。以前はこの感覚を「まあいいか」とやり過ごしてきたこともあったのですが、「何かがおかしい」と感じる自分の感覚を信じられなかったら、その感覚は衰えてしまうと教わったので、時間をかけて向き合う習慣を作ってくることはできました。でもその次にどう行動すればいいのかがまだ曖昧なままでした。ここから新しい思考や行動規範を作っていく作業を地道にやっていくことが必要なんですね。内なる声をちゃんと受けとり、理想と現実にどんな差があるかを掴み、新たな行動規範を作っていくという今すべき道が見えました。今自分がやろうとしていたことは少しここからずれていたので、早速修正です。

  2. 自分の内面に目を向けることの大切さ、重要さを改めて感じます。全ての基点のようなものですね。大切だからこそ、この自分の内面を見つめるということの難しさもまた、感じています。出来ているようで、しているようでも、なかなか難しいものですね。心理学用語で内観という言葉があります。この内観によって心身がリラックスするということをよく聞きますが、もし、この内面に目を向けるということとその内観とがつながっているのなら、きっと自分の内面に目を向けれる人というのはどこか情緒が安定している人だったりするのかなと勝手に想像してしまいました。まだまだ、自分にはこの内面に目を向ける力が足りないのも感じています。

  3. 私の内面はどこにあるのでしょうか。普段の姿が外面だとすると、内面は姿を現さず、じっと黙って私を見つめているもう一人の自分ということでしょうか。これまでの環境や遺伝の影響によって、外面まで上がってこないもう一つの感情なのでしょうか。そのような存在を認めなければ、内なる声を聞くこと、つまり自分との対話は難しいのかもしれません。内なる自分の場所が分かれば、常に声を聞いてられるのですが、なかなか姿を見せてくれないのが現状です。
    私は困っている人がいると無性に悲しくなります。そして、その人のために何かしなくてはという気持ちになります。その理由が最近わかりました。祖父は昔、民政委員をしていたり、父は頼まれたら断れない人です。つまり、そういう環境で育ったことで、内なる私が作り上げられてきたのだと考えることができます。そう考えると、内なる声というのは、これまでの経験から来るものだということになります。内なる声の質と経験の質は比例するのかもしれません。「一人きりの暗く静かな夜に沈思黙考する時間を持つ」とは、これまでの経験を振り返り、そこから今現在に結び付けられる事象を見つけ出し「自分がどう感じ、何を考え、組織にどんな印象を抱いているか」を掘り起こす作業をしているということなのでしょうか。ということは、このブログコメントは、自分の内面を凝視させてもらっているのかもしれません。

  4. 人気のディズニーランドが開園30周年である。昨年度は開園以来最高の来場者を記録。「働きたい企業」ランキングでも毎年上位にある。運営するオリエンタルランドのCSRの中には『お客様と社会にハピネスを届ける』とある。

    ≪ディズニーテーマパークが提供するハピネスは、アトラクションやショー、パレードのクオリティの高さ、全身でディズニーの世界を感じ楽しんでいただくことのできる魅力的な空間、安全で清潔な環境、施設などハード面へのこだわりのみでは生み出すことができません。欠かすことができないのは、テーマパークで働く従業員、キャストのホスピタリティです。キャストのホスピタリティとは、ゲスト一人ひとりがどのような期待をお持ちなのかを把握し、理解するとともに、その期待に応え、さらには上回るサービスを提供できるよう努めるおもてなしであり、気配りの精神です。多くのゲストにハピネスを感じ、笑顔になっていただきたいという思いが生み出すキャストのホスピタリティは、テーマパークが提供するハピネスの大きな源となっています。≫

    「ハピネスを届ける」という企業理念をキャストに共鳴させることで、おもてなしの心(すなわちEQ)を引き出し、それによって生きがいと夢の実現につなげる。その相互作用でオリエンタルランドは企業理念を独自の企業文化にまで昇華させたのです。EQを企業にうまく取り入れた好例といえます。

  5.  自分の「内なる声」を聞くというのは、どういう感覚なのでしょうか。時々、仕事中に胸騒ぎがしたり、嫌な雰囲気が流れるときがあります。実際にその後の結果はあまり良くない時が多いです。やはりリーダーとして先を読む力が必要になります。その中で少しでも不安要素を感じた瞬間に取り除き、スムーズにことを運ぶ必要があります。直観ではなく少しの手掛かりから先を読み、ビジョンやミッションを作り上げていく作業・・・なんだか格好良いですね。しかしゴールマンが言う「一人きりの時間を持ち、沈思黙考する」というのは少し寂しい雰囲気ですね。リーダーと言うのはやはり役割が違う分、孤独な部分も少しはあるのですね・・・。

  6. 「個々のメンバーの希望や夢と矛盾しない組織のビジョン」、または、「こう思わせられるほど魅力ある組織」は働いている人にとってはとてもやりがいのある仕事になるでしょうね。リーダーは「内なる声」に耳を傾けたうえで、新しい文化、新しい思考様式、新しい行動規範を見直し、そこからスタッフや職員にその展望を伝えることで働いていく人と同じ目線になっていくのだと思います。私の場合、変化やかけていく部分について考えることがありますが、その反面、その伝え方が悪く、人とぶつかることも多いです。それはその場における現状をしっかりと捉えきれていない自分がいるからなのだろうとブログを読んでいると反省します。内なる声に耳を傾け、理想と現実のギャップをしっかりと熟考したうえで、新しい文化、新しい思考様式、新しい行動規範にどうつなげていくか、また、それはどういったものなのかをしっかりと考えていくことは必要だと思いました。つい、悪い所を手っ取り早く変えてしまおうとしてしまい、そのビジョンや展望において、長いスパンで物事を見れるほど見通しがたっていない自分がいます。そんな自分がなにもできていないのが歯がゆくもあり、もっと勉強することや意識していくことが多いというのを改めて考えさせられます。

  7. 「内なる声」・・・今まであまり意識をしていなかったように思う反面、自分に自信がなかったために何か違和感があっても気のせいかなと思ったりしていました。「何かが変だと思うとき、何かが欠けていると感じるとき、・・・」とありましたが、そう感じたら自分の不安感がどこからきているのか考えなければならいのですね。と同時に以前、藤森先生に教えて頂いた「優先順位」の話を思い出しました。何か違和感を感じることがあったら、内なる声を聴きそれをどうのようにして解決していくかを優先順位を考えて対処していかねければなりませんね。

  8. 少し的ハズレなことになってしまいますが、はじめの方の文を読んでいるときに以前職員で夢を語った時のことを思い出しました。様々な夢を聞くことができました。クレープ屋さんだったり、居酒屋の店主だったりとあり、それに対してリーダーが助言をしてくれました。保育園という職場ではクレープ屋さんでも店員でも保育園で実現ができますと言っていました。確かに考え方を変えれば子どもに対してそこでイベントとしてやることでいつもと違う雰囲気を味わい夢も叶えられます。ある意味夢を実現にし更に組織の夢の実現にも意欲が沸くのではないかとふと思います。
     自分の内面を凝視するというのはすごいことですね。なにか不安を感じて物事が進んでいるとき、何が原因なのか、なにが欠けているのか、冷静に考えなければいけないのですね。ただ今まで生きてきた経験から色々とヒントを得ていかなければいけないことだとも思いますね。そんな時、静かな環境に引きこもって熟考する機会を定期的に持つのがよい、深い思索は、真夜中に訪れることが多い。というのは意外でした。

  9. このコメントより1年前の4月15日、お誕生日おめでとうございます。この日がyamayaさんのコメントにもありましたように、ディズニーランドが開園した日、それからレオナルドダヴィンチの誕生日、ワールドワイドなバースデイ。さて、今回のブログは「内なる声」ということでしたが、この内なる声はおそらく天の声」でもあるのでしょう。特に、リーダーといわれる人に求められるのは、自らの内なる声に耳を傾けながら、そのことを通じて実は天の声、すなわち、人間存在の理由、宇宙の真理、に迫り、そこから方向性を示される、ということでしょう。私たちには使命というものがあります。その使命が真実の場合、それはイコール、天からの指示ということが言えるでしょう。そして、その指示によるなら、組織のEQ力が高まり、よって、組織の使命が達成される方向に組織全体が動いていくことになるのでしょう。「現実に対する共通認識を引き出し、集団のエネルギーを未来のビジョンへ向け」ることができるようになるのでしょう。そして同時に「自分の感覚を信じ、変革をもたらすために、新しい文化、新しい思考様式、新しい行動規範を創造していくこと」が可能になるのですね。内なる声に耳を傾けながらピュアの状態で天の声も聴けるように私たちは精進努力する必要があると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">