上から下から

 人は、変えることに抵抗します。長い間蓄積されてきたものを否定された気になるからです。その気持ちや信条を尊重し、共感するところから始めなければなりません。私の園は、公立園からの民営化です。当初、前の園の保護者から反対がありました。その時、私は、その保護者の気持ちを共感するところから始めました。子育て中で大変な時期にその大変さを共有してきた園がなくなるのは、当然さびしいことです。柱1本にも思い出があります。部屋の隅で子どもが泣いている姿を思い出すかもしれません。

それが、壊されていくのです。涙が出るほどさびしいのは当たり前です。できれば、変えたくないでしょう。まず、変えることを説得するのではなく、変えたくない気持ちに共感したのです。しかし、時代は変わり、園舎は古くなり、耐震診断でも危険な建物になってきました。永遠と建物を残すことはできません。子どもの成長と同じで、かわいい子ども時代はいつまでも続くことはできないのです。私が次にしたことは、「さびしいのは決して悪いことではありませんが、それよりも前向きにものを考えましょう。」といって、新しい園舎、新しい保育に期待と夢を持たせたのです。

ゴールマンは、変革には、希望や夢によるモチベーションが必要だと言っています。当事者の気持ちや信条を尊重し、一方で夢に向かって前進することの利点をはっきり示して見せることによって、変化のプロセスに良いインパクトを与えることができるのです。そして、その手順は、「急がば回れ」だと言います。変革するのには、いったんペースを落としてでも組織のシステムや文化についてよく話し合う努力が必要です。リーダーだけで突っ走るのではなく、当事者を変革のプロセスに巻き込んで、コミットメントを形成していくことです。EQの高いリーダーは、こうしたスタイルを用いて変革のスピードを緩め、人々の能力を開花させていくうえで何が必要なのかをはっきり見極める努力を惜しまないのです。

しかし、それだけでは不十分であると指摘します。共鳴は、全員が変革に同調しなければ起こりえないものだからというのです。下から上への戦略も必要になってくるのです。ゴールマンは、「始動は上から、戦略は下から」と助言します。それは、組織全般にわたって公式、非公式のリーダーを巻き込み、何が機能していて、何が機能していないのか、機能している方向へ向かって組織が発展できたらどれほど素晴らしいか、といったテーマについて話し合うことだと言います。こうした問題をじっくり議論する努力は、貴重な教育の機会です。これによって、人々に考えさせ、議論させ、進むべき方向を悟らせることができるのです。人々を興奮とやる気の渦に巻き込んでしまえば、説法から行動へと移りやすくなると言います。熱意は、モーメンタムを生みます。
ここでもリーダーの役目があります。それは、方向を示すのはリーダーの役目です。舵取りです。夢に向かって、全体の価値観に向かって、新しい協調体制に向かって、透明な目標、オープンな変革プロセス、最大多数の参加、そして新しい行動の垂範によって、上から下へ、そして下から上で、共鳴に向けたジャンプスタートを切ることができるというのです。

リーダーと組織は、その相互作用によってそれぞれの存在が生かされてくるのです。

上から下から” への8件のコメント

  1. どうしても結果を早く求めてしまう傾向にある自分にとっては「急がば回れ」は、まだまだうまく実行できないことでもあります。しかし、その急がば回れといった、じっくりと丁寧に取り組む姿勢を様々な人達から教えられ、少しずつ意識が変わってきたように思います。ですので、急がば回れの意味もなんとなく具体的に分かるようになってきました。今回のブログのおかげで今まで私の持っていたリーダー像がどんどんと解体されています。エネルギーに満ち溢れ、どんどん強引に突き進んでいくというリーダーではなく、周りの人々のことを尊重していくリーダーの姿が構築されてきています。リーダーというポジションではありませんが、参考になることばかりなので、できることはしっかり実践していきたいと思っています。

  2. 変革時において、プロセスを柔軟に変更していく事は理解していましたが、その“スピード”を調整する事が大切であるという考えは新鮮でした。停滞や後退ではない、前向きなスピード減速は、組織の基盤を再構築し、結果的に今後のさらなる加速へとつながっていくということですね。という事は、話し合う努力があるという前提において、現在スピード感がなく、目指している方向は一緒なのに、その過程での問題に悩まされている組織というのは、リーダー論を活用し、歯車がかみ合い始めれば、感じたこともないような組織の充実感という“加速”を感じることができるかもしれないということです。熱意とは、誰にでもあるものだと思いますが、経験という存在がその熱を冷ましてしまうこともあります。その熱を再び呼び起こすのが、“下”の存在であると思います。これまで、“上”からの影響がとても大切であると思っていましたが、最近は“下”からの影響の大切さも感じます。「始動は上から、戦略は下から」というように、互いに学びあう『真摯さ』が“相互作用”には不可欠です。

  3. 全国各地で進められている保育所の民営化。保護者などの反対で計画通り行かないケースが多いようです。行政の合理化という目的が前面に出ると、父兄との感情的な対立が起きて、問題を複雑化させています。役所の論理を基にした説明と父兄の公立園への愛着ではかみ合うはずもありません。行政の長もここはEQ力を発揮して、父兄や住民の素朴な感情に共感して、夢と希望を与えることが問題解決の第一歩かな。杓子定規の役人根性を捨てて住民の心に寄り添うこと。そんなリーダーが地域をよくしてくれるのだと思います。

  4. 急がば回れ。昔からずっと残ってきた言葉は、やはりそれだけの意味がある言葉なんですね。大事な時は気持ちを穏やかにしてのんびりと待つ、なんてことはなかなかできないものですが、だからこそあえて慎重に、じっくりとやるべきことをやっていくことが必要なんでしょう。効率の良さを考えてしまうとスピードは優先されるのかもしれませんが、優先すべきなのはどんな保育に向けて舵取りをしていくか、ですよね。そのときそのときで判断を間違えないようにしなければいけません。そして、いくらリーダーが立派なことを唱えても、周りの人がそれに賛同し動き出してくれないことには意味がありません。となると、感謝の気持ちも変革には必要になってきますね。フォロワーにどんな渦を巻き起こすか、重要な視点をいただきました。

  5.  どうしても物事がうまく進むと、ペースを上げて色々な新しいことにチャレンジしようとします。しかし気が付くと一人で突走っているという状況があります。そうではなく、少しずつ確実に変化していく事が重要で、そのスピードを調整するのがリーダーの役目。ペースを上げる時と下げる時のタイミングをしっかり計るのは難しいですね。違ったタイミングで減速してしまうと、せっかくのペースが乱れてしまいますし、ややペースが落ちている時にリーダーがペースを上げてしまうと回りはついていけません。そういう意味でリーダーは仲間の気持ちや、空気、雰囲気を読み取り、柔軟に対応していき、リーダーと仲間が上下関係を越えることで、最高のチームが作り上げられるのですね。

  6. 組織を変革するときに「急がばまわれ」という言葉は心にとめておかなければいけない言葉なのかもしれません。つい変化させたいところが見えるばかりに急いでしまうことがあります。しかし、そういう時に限って、全体にその意図は伝わらず、ふたを開けてみると「やらされている」という感情をもたれているところがあります。それでは上と下との関係が正常とは言えず、「共鳴」という状態でもないというのがおこるのだと思います。そのため、いったん勢いを緩め、変革の渦に全員を巻き込んでいく努力をすることが求められますね。「始動は上から、戦略は下から」リーダーとそのほかの人とは役割が違うというのもあるのだと思います。組織は一人で動かすことはできません。だからこそ、そこにコミュニケーションや信頼関係といった「共鳴」を持たせるプロセスが必要になってくるはとても納得いきます。自分自身まだまだ、学ばなければいけないことが多いですね。意識して少しずつ自分に活かしていければと思います。

  7. まずは、相手を受け入れる、受容するところから始めなければなりません。時折、自分を前面に出してしまうことがあります。その前に、相手の話に耳を傾け、相手を受け止め、そこからその問題に対する自分の考えを披瀝する必要があると思います。そして「前向き」にもっていく。相手を責めたり否定したりすることは愚の骨頂ですね。やはり改革には「夢や希望」というモチベーションがなければならないとするゴールマン氏の考え方には賛同できます。「いったんペースを落としてでも組織のシステムや文化についてよく話し合う努力」は必要だと机上ではわかっていても、変革を迫られるとスピード感をもって、ということが求められます。求められなくても、自分でそう思い込んでしまうケースがままあります。これは普段から意識して気を付けることでしょう。ゴールマン氏の「始動は上から、戦略は下から」というのは極めて重要な助言ですね。そして「始動した上」の人たちは始動の責任を強く感じながら改革に努める必要がありますね。

  8.  〝人は、変えることに抵抗します。長い間蓄積されてきたものを否定された気になるからです。その気持ちや信条を尊重し、共感するところから始めなければなりません。〟〝その時、私は、その保護者の気持ちを共感するところから始めました。〟歩み寄ることの重要性を感じます。それも自分から歩み寄ることが大切なのですね。〝そして、その手順は、「急がば回れ」だと言います。変革するのには、いったんペースを落としてでも組織のシステムや文化についてよく話し合う努力が必要です。〟この言葉は胸に突き刺さるように、そして視界が開かれたような感覚になりました。この度の連載は特にそうなのですが、読む日読めない日とあるにも関わらず、読んだその日が吉日という位、とてもタイムリーに胸の中に、心の中にその内容が飛び込んでくるような思いがします。いつだってそうですが、学んだ全てを結集して、こう書くとガツガツした感じですが(笑)そうではなく、このリーダー論で学んだことを基盤にして、僕のやるべき仕事をゆっくりと着実に進めていきたいと思いました。〝いったんペースを落としてでも組織のシステムや文化についてよく話し合う努力が必要です。〟僕は今、この部分、この段階にいるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です