自己管理のEQ

 子どもたちは、生活の中で「負の状況」に陥った時に、愛着存在がそれを支えてくれます。というより、子どもたちが負の状況に陥った時に、それから立ち直るために、母親を中心とした身の回りの大人はその子と愛着形成をする必要があるのです。以前、その王な話をしたときに、リーダーが負の状況に陥った時にはどうすればいいのかという質問を受けたことをブログで取り上げましたが、実は、リーダーが不満や怒りや不安やパニックなど負の感情に支配されてしまうことは、非常に困った状況を引き起こします。

 それは、負の感情は、圧倒的に支配力を持っているからです。脅威を感じたときに注意を促すため、脳はそのように働くようにできているのです。その結果、負の感情が「考える知性」を圧倒してしまい、経営戦略であれ、株価下落への対応であれ、目の前の課題に集中できなくなってしまうとゴールマンは言います。

 怒りや不安に駆られた状態の脳をCTスキャンで観察すると、扁桃体と前頭葉前部の右半分から扁桃体へつながる神経回路が活発に働いていることがわかるようです。快の気分を生み出す脳の回路は、前頭葉前部の左半分に集中しており、これが苦痛を増幅させる扁桃体やそれにつながる部分の活動を禁じているのです。人を苦痛の虜にする扁桃体の働きを抑制するうえで重要な働きをしているのは、前頭葉前部の左半分なのだと多くの科学者たちは考えているようです。この神経回路のおかげでリーダーは感情を静め、自信と熱意に満ちた雰囲気を保つことができるとゴールマンは言います。

 この負の状況に関して、ゴールマンはリーダーシップ論として述べていますが、実は、リーダーに限らず、負の状況に陥った時の対応は、すべての人に言えることです。そして、それは人との関係においてもいえることです。例えば、前頭葉前部の左半分の働きが特に活発な人、いつも明るい人と、意見が異なる相手にけんか腰で突っかかる性癖のある人を対峙させると、明るい人がけんか腰の人をなだめてしまうケースが多いと言います。怒りぽい人は、相手をイライラさせて、そのうちに相手まで怒らせてしまいます。言い換えれば、開回路のせいで、イライラしている扁桃体は、相手の扁桃体にも動揺を与えてしまいます。ところが、相手が同じような攻撃性を示さず、あいかわらず明るい空気を保っていると、興奮した扁桃体は鎮まるチャンスを与えられるのですが、少なくともそれ以上興奮することはなくなるのです。

 プレッシャーのもとでも、楽観的で明るい気分を維持できるリーダーは、前向きの気分を発散し、共鳴を起こします。自分の感情や衝動をコントロールできるリーダーは、信頼や安心や公平感に満ちた環境を醸成することができます。しかも、自己管理をするリーダーの姿勢は、下の者たちに伝わっていきます。いつも沈着冷静な上司のもとで、短気のレッテルを貼られたいと思う部下はいないはずです。

 このように、自己管理は人間の感情を縛り付けるものから解放するEQだとゴールマンは説明します。リーダーシップに必要な明晰な思考力や集中力を可能にするには、自己管理のEQだと言います。破壊的な感情に襲われて脱線する危険を防いでくれるのも、自己管理のEQだと言います。自己管理のEQを身につけたリーダーは、明るく楽観的なエネルギーを発散し、人々を前向きに共鳴させる力があるのだというのです。

 これらすべて、EQにとって不可欠な要素なのです。

自己管理のEQ” への6件のコメント

  1. 読んでいて頭に浮かんでくるのは反省ばかりです。この「リーダー論」のカテゴリーは何度も何度も読んで、しっかりと反省しないといけません。感情を制御できていない自分自身のことが書かれているように思えて、今回は特にコメントを書くのを控えようかと思ったほどです。私も何人かの上司のもとで仕事をしてきましたが、どんなに考え方に共感できたとしても、どんな感情表現をする人かでこちらに影響があったことを今でも思い出せます。みんなが安心して保育に向き合っていけるように努めることができれば、それ以外のことはたいしたことではないのかもしれません。いつも反省ばかりしていてなかなか改善につなげることができていないのですが、どこかで本気で変えていかないといけませんね。

  2. 大山巌という将軍ほど魅力的な将軍はいない。日露戦争の時、『勝ち戦は児玉大将に、負け戦は自分の責任』という言葉を言っていたのを本で読んだことがある。

    彼は今でいうEQ行動特性に優れた将軍であった。
    日露戦争の際、大山率いる日本陸軍が沙河会戦でロシアに苦戦。総司令部の雰囲気も殺気立っていた時、昼寝から起きて来た大山巌が『児玉さぁ、今日もどこかで戦(ゆっさ)がごわすか』と他人事のように言ったのである。その一言で、一気に作戦本部の雰囲気は明るくなり、皆が冷静さを取り戻したという逸話がある。昼寝から起きた『ガマどん』は作戦や指揮のほとんどを天才・児玉源太郎大将に任せていたのである。そして、信頼しきっていたのであろう。その度量は本当に大きいものである。

    大山の生まれた鹿児島の郷中教育はまさしくEQ教育そのものだと思う。薩摩の北の守りの拠点である出水地方には、『出水兵児修養掟』という教えが残っている。

    ≪士ハ節義を嗜み申すべく候。節義の嗜みと申すものは口に偽りを言ハず身に私を構へず、心直にして作法乱れず、礼儀正しくして上に諂らハず下を侮どらず人の患難を見捨てず、己が約諾を違ヘず、甲斐かいしく頼母しく、苟且にも下様の賤しき物語り悪口など話の端にも出さず、譬恥を知りて首刎ねらるゝとも、己が為すまじき事をせず、死すべき場を一足も引かず、其心鐵石の如く、又温和慈愛にして、物の哀れを知り人に情あるを以て節義の嗜みと申すもの也。≫

    「たとえ首をはねられるようなことがあっても、弁解したり恐れたりしてはならない。死の恐怖にも動じない強い心をもつこと。広い心で相手の心の痛みがわかる人物たれ!」というのは自己管理のEQそのものですね。西郷、大山、東郷。薩摩は多くのEQリーダーの揺籃の地です。

  3.  自分の感情を自己管理するのは、とても大切な事です。とくにリーダーの感情というのは不思議と部下に伝わりやすいことです。切羽詰った状況でみんながピリピリとした雰囲気の中で、リーダーもピリピリしてしまっては仕事の効率も上がらず、余計にプレッシャーをかけてしまい、質も上がりません。そんな時こそ明るい気分を周りに振りまく事で、部下にも影響し、共鳴します。これはリーダーもそうですが、保育士としても大切にしたいと思います。子どもも大人の表情や行動をよく見ています。少しでも体調や気分が悪いと聞いてきます。サービスのように笑顔を振りまくのも少々おかしいですが、やはり子ども達には明るく、楽しい雰囲気の中で生活して欲しいと思います。

  4. 自己管理のEQを持つことはリーダーとして、とても大切なことですね。しかし、こういった能力を持つことは自分自身なかなか意識していないと難しいことだということを読んでいて、感じました。「いらいらしない」ということ、いつも明るくいれるためにはやはり正確な自己認識と多方面からの物事の見方が求められているように感じます。また、切り替えなんかも必要でしょうね。それにしても、リーダーの相手に与える感情の流れは組織にとってとても影響のあることなんでしょうし、人とのつながりにおいても、その影響ははかりしれません。どうせなら、周りにいる人全員が明るく楽しく仕事や生活を過ごしてほしいです。自己管理のEQは生活の中でもできるだけ意識していきたいと思います。

  5. いらつくこと、頭に来ること、はしばしばあります。これを別な感情に持っていくにはどうしたらいいか。今回のブログでは「リーダー論」について書かれていますが、私はこの内容はリーダーに限ったことではなく、およそ対人関係のすべてに共通していることだろうと思うのです。いらいらしたり、プリプリしたりする時、私は常にどうしてそういう感情に陥っているのか、自省することを自分のルールとしています。基本は、黙ります。カッコいい言葉で言えば、沈思黙考、です。そして、結論は、その場から自分をどこか別なところに移す、それから時間の経過を待つ、ということだけです。そしてこのことが重要ですが、相手にどう思われているか、は決して考えない。仮に考えたとすると、おそらくその相手のことを強く意識し批判するか非難することになるでしょう。そうなると、負の感情スパイラルに陥ります。それにしても、日々、様々な問題課題となるシチュエーションについて自問自答する癖をつけておきたいと思いました。つまり、様々な考えがあれば、何かの事態が起こった時、その考えの一つを引き出して、おそらく問題の解決へと導いて行けるだろうと思います。この「導く」ことができる人が「リーダー」でしょう。「長」がついているからイコールリーダーではないですね。

  6.  〝子どもたちは、生活の中で「負の状況」に陥った時に、愛着存在がそれを支えてくれます。というより、子どもたちが負の状況に陥った時に、それから立ち直るために、母親を中心とした身の回りの大人はその子と愛着形成をする必要があるのです。〟とても勉強になります。立ち直る力を育む上で重要な存在になっていることを改めて知り、まだ起きていない子どもたちへ無言の約束をした日曜日の朝です。
     〝いつも明るい人と、意見が異なる相手にけんか腰で突っかかる性癖のある人を対峙させると、明るい人がけんか腰の人をなだめてしまうケースが多いと言います。(中略)相手が同じような攻撃性を示さず、あいかわらず明るい空気を保っていると、興奮した扁桃体は鎮まるチャンスを与えられるのですが、少なくともそれ以上興奮することはなくなるのです。〟これは、とてもいいことを聞きました。〝プレッシャーのもとでも、楽観的で明るい気分を維持できるリーダーは、前向きの気分を発散し、共鳴を起こします。自分の感情や衝動をコントロールできるリーダーは、信頼や安心や公平感に満ちた環境を醸成することができます。しかも、自己管理をするリーダーの姿勢は、下の者たちに伝わっていきます。いつも沈着冷静な上司のもとで、短気のレッテルを貼られたいと思う部下はいないはずです。〟抜き出してばかりで申し訳ないのですが、藤森先生のリーダー論は、本当にマーカーで線を引きたいところばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です