育てられ方

 私たちホモ・サピエンスは、大きな脳を支えるために直立で立つようになりました。そのために産道は小さくなり、難産が余儀なくされました。それを少しでも軽減するために、小さく生まれ、出産が脳を急激に大きくします。脳は、新生児のサイズから、生後3?4歳児までに大人の3分の2のサイズにまで成長し、内容的にも一生で一番急速に発達します。この時期、人間は大切なことを、一生で最も多く学習し、吸収します。その中でも、最も重要な学習は、情動の学習だと言われています。情動の学習は人生の中でも最も早い時期に行われるべき「早期教育」と言われているものです。この時期に、強いストレスを受けると、脳の学習機能の中心が損傷を受け、知能に障害が残る可能性があると言われているのです。これは、成長後の経験によってある程度まで回復することもできるのですが、人生が始まって間もない時期に経験した学習のインパクトは甚大であると言われています。

 次に挙げるような子は、4歳までに学習する情動に何らかの問題があった子であると言われています。「注意を集中できない子、人を信頼せず疑ってかかる子、悲しみや怒りにとらわれていて楽天的になれない子、ルールをわきまえず破壊的な子、不安に押しつぶされている子、恐ろしい空想にとらわれている子、いつも自分自身に不満な子」こういう子どもたちは、世の中に満ちている可能性を他の子どもたちと同じように手にするどころか、可能性に手を伸ばすことさえできないだろうと言われています。

 最近の体罰事件は、私はその教師なり教官にEQ能力欠如があるように思うのですが、この怖さは、体罰を受けている人のストレスなり苦痛はもちろん、そのれを受けた人が次の世代へ伝承してしまうことです。よく、虐待を受けた子は、自ら虐待をしてしまうケースが報告されていますアメリカのニューヨーク州北部に住む870人を対象に、8歳から30歳まで、EQに欠ける親が子どもの一生にどのように影響を与えるかという追跡調査をした結果、次のようなことがわかりました。「集団の中で特に好戦的な子ども(最初にけんかを始める子、自分の欲求を通すためにいつも暴力を使う子)は、学校を中途退学する確率が高く、30歳になるまでに暴力行為の前科がついている確率も一番高かった。また、暴力的な性質は、次の世代にも伝わるらしく、彼らの子どもたちもやはり親と同じようにそう学校で暴力問題を起こしていた。」

 この調査は、アメリカで行われたものですので、私は、少し日本では事情が違う部分がある気はしますが、暴力や、攻撃的性質が次の世代へと伝承されていってしまうのは日本でも多い気がします。アメリカでは、自分に厳しくあたったのが父親でも母親でも同じで、幼い時に攻撃性を持っていた女の子は、気まぐれで子どもを厳しく罰する母親に、攻撃的な男の子は気まぐれに厳しく子どもをしかる父親になっているようです。子どもに血も涙もない厳罰を加えるくせに、こうした親たちは怒るとき以外は子どもにほとんど関心を示さないのです。子どもは、親から生々しい、そして、荒々しい、攻撃的な手本を見せられ、家庭で身につけたことを学校や遊び場で実行し、一生暴力をふるうようになります。こういう親は、必ずしも意地が悪いわけではないとゴールマンは言います。子どもの幸せを願わないわけでもないと言います。ただ、単純に自分が受けたとおりの子育てを繰り返しているだけなのです。

 「子どもは、育てられたように育つ。」という相田光男の言葉に続いて、「そして、育てられたように自分の子どもを育てる。」ということなのでしょう。