あと伸び

 発達は、知識と違って、早くすればいいというものではなく、人生におけるその時期時期が大切であり、何もないところに何かをつけていくということではなく、遺伝子に組み込まれた発達の要素が、その時期の表出してくるものを、より確実なものに環境を通してしていくものです。ということで、それが現れる時期に、その発達を促す環境を用意する必要があります。

 かつて学力を左右するものとしてIQという知性が長いあいだ幅を利かせていました。それに対してダニエル・ゴールマンは、「こころの知能指数」としてEQに注目しました。そして、EQについていろいろなことを解明しました。「EQの形成は、学童期を通じてずっと続くが、EQの基礎を身につける機会は、生後間もない時期から始まる。後年になって身につくEQは、生後間もない時期に身につけた基礎の上に積み重ねられていく。しかも、EQは、あらゆる学習行為に欠くべからざる基礎だ。」子どもたちは、人生において、様々な人と出会い、人々の中で学んでいきます。特に、小学校に行くと、社会人としての知性を学んでいきます。そのために学習があります。しかし、このような学びには、基礎が必要なのです。土台が必要なのです。それがしっかりできていないと、その後の学習が身に付かないのです。その基礎は、生後間もなく学び、築かれていくのです。しかも、こんな報告書を紹介しています。

「国立臨床幼児教育センターが発表した報告書は、“学校の成績が伸びるかどうかは、知識の蓄積や早熟な読解能力よりも、むしろ情緒的・社会的能力による。”と指摘している。自信や興味があること。自分にどのような行動が期待されているかを知り、衝動をコントロールできること。待てること。命令に従えること、教師に助けを求められること。自分の要求を表明しつつ、他の子どもと仲良くできること、こうした能力の方が重要だ、と指摘しているのである。」

「あと伸びする力」ということがよく言われます。就学前教育は、就学後の教育を先取りして早くやることではなく、就学後に伸びるような基礎を学ぶことが必要であるということです。このあと伸びする力は、知識の蓄積や早熟な読解能力ではないのです。幼児期に、子どもが多くのことを知っていると喜びます。大人顔負けのことを知っているとなおさらです。また、難解な文字、文章を読解できると、すごいと感動します。「うちの子、天才かしら?」と思ってしまうことも。しかし、それらは、学校に入ってからの成績にはあまり関係ないようです。多くのものを知っていること、難しい文字を読むことができる能力は、のちの成績には結びつきません。小学校に入学して、成績に関係してくる力は、情緒的な能力とか、社会的能力だということが、研究の結果わかりました。乳幼児期に子どもたちにつけなければいけない力は、情緒的能力とか、社会的能力なのです。

さらに、この報告書は、こんなことも指摘しています。学校生活がうまくできない子どもは、もし学習障害のような認知面での問題があるかないかには関係なく、EQの1項目あるいは複数項目が欠如していたのです。この指摘に、ゴールマンは重要な問題があると言っています。それは、アメリカでは、州によっては小学校1年の段階ですでに5人に一人近くが落第し、学年が進むにつれて他の生徒との格差が広がっているからです。落ちこぼれた子どもたちは、意欲を失い、世の中を恨み、破壊的になっていっているのです。

そんな状況の中で、EQの力が必要であることが改めて認識されたのです。