情動の学習

 園での相談に、「仲間外れされている子をどうしたらよいか?」というものがあります。子どもにとって、人気のある子がいます。子どもたちは、何を基準にして選んでいるのでしょう。研究の結果、情動のメッセージや人間関係のサインに気づき、解釈し、反応できる能力が人間社会でうまくやっていくために買いに重要な役割を果たしているかが明らかになったそうです。子どもがグループの遊びに加わろうとして、拒絶される光景を見ているのはかわいそうな気もしますが、これはよくあることだと言います。人気のある子どもでも、遊びに入れてもらえないことはあるのです。小学校の2年生と3年生を対象に調査した結果によると、仲間から一番好かれている子どもさえ、すでに遊びが成立しているグループに加わろうとすると、26%の確率で拒絶されたそうです。

 EQという能力は、人とのかかわりの中で大きな役割を持つようです。それは、かかわりに対しての役割であるだけに、その本人だけの問題だけでなく、周りの人への影響もあるようです。例えば、苦悩している人間を慰めるのが社会的試金石だとしたら、怒りの頂点にある人間を静めるのは究極の社会的技術であろうとゴールマンは言っています。それは、そこには様々な能力がかかわってくるからです。そこで、ゴールマンは怒りの制御や情動の伝染に関してそれを慰めるとすると、次のような能力が必要になってくると言っています。「怒っている人間に対処するにはまずその人の意識をそらし、次にその人の気持ちや視点に共感し、それからもっと生産的な気分になれる別の話題に関心を引き寄せるという方法が有効です。」これは、いわば情動の柔術のようなものだと言っています。

 この情動の柔術は、人間が社会の中で生きていくうえでは、その関係を良好にするためにはとても有効的なものです。そして、それは、友達同士だけでなく、夫婦の関係、親子の関係、職場の同僚との関係などでも言えます。また、生活の中での多くのストレスは、人との関係においての場合です。人との関係においてストレスがあまりないと、勉強や仕事がはかどります。免疫力も高まります。この能力の高さが、知能の高さよりも重要であるというのが、この話題を始める時のきっかけである「こころの知能指数」という、IQの高さからEQの高さがより良い人生を送ることができるキーなのです。

 では、どのような時期に、どのようなことから子どもたちはEQを学んでいくのでしょうか。それは、子どもが生まれて初めて出会う社会である家庭の中で、初めて人とかかわり持つ母親との関係の中です。家庭は、人間が最初に出会う情動学習の場であると言われています。親しい人間関係の中で、私たちは自分自身に対する愛情を形成し、他人が自分の感情にどう反応するかを学習します。そうした感情をどう考えるべきか、反応してどんな選択肢があるのかを学びます。希望や恐怖をどう表現し、どう読み取るかを学びます。それを、子どもは自分に向けられた言葉がけや行動から学び取るのですが、それと同時に、大人が自分自身に向けられた感情からも学んでいきますし、直接的なかかわりからだけでなく、目の前で行われる他人同士の人間関係からも学んでいきます。子どもたちが、やはりその最初に出会う他人は、両親であり、親自身が自分の感情をどう処理するのか、両親の間ではどのような会話が交わされているのかなどから学んでいきます。

 確かに、親が子どもをどう扱うか、例えば厳格なしつけをするか、共感を持って教え諭すか、無関心か温かい交流があるか、それらが子どもの人生に情緒的側面に深く永続的な影響をもたらすことは、幾多の研究が指摘しています。