情動の自己管理と共感

 私がよく講演で見てもらう動画に、1歳4か月児が、7か月児が泣いているのを見て慰めるシーンがあります。泣いているのを見て、その子のお気に入りのタオルを渡そうとしたり、抱きしめて背中を叩いてあげたり、ティッシュで涙を拭いてあげようとします。こんなに幼い時期から、このような行動ができるのです。しかし、だからと言って、誰もができるわけではないのです。知らん顔をしている子、逆に面白がって見ている子など様々です。ひどい場合には、もっと泣かそうとする子さえいます。これらの行動は、まだ小さい子ですので、まだ大人のような悪気があるわけではないのですが、どの行動にしても相手の行動によって、自分もある行動をとっているのです。「他人の感情を理解し、その感情を何らかの方向に発展させるための行動をとる」という重要な情動能力が芽生えている証拠に変わりないのです。この能力は、ゴールマンは、「他人の感情にうまく働きかける能力は、人間関係を処理するうえで中心となる能力だ。」と言っています。

 さらにゴールマンは、「対人能力を発揮する前に、幼児はまず自分の情動をコントロールできる段階に達していなければならない。上手にはできないにしても、ともかく自分の中にある怒りや苦痛、衝動や興奮を静めようと努力できる段階だ。他人の感情に波長を合わせるには、自分の二面が多少なりとも平静でなくてはならない。自分の感情を操縦する能力の芽生えも、この同じ時期に認められる。幼児は泣かずに待てるようになり、自分の主張を通すにもいきなり実行行使をせず、相手を説得したりおだてたりといった手を使えるようになる。また、何回かに1回は癇癪を起さずに辛抱できるようになる。共感の兆候をも、2歳までには見え始める。」と言っています。

 まさに、私の園の1歳4か月児の園児が見せた姿ですし、他にもこのような光景を多くみることができます。大人になって、他人の感情を操縦するといった高度の対人関係を結ぶためには、まず、このころから情動の自己管理能力の獲得、そして、情動の共感が必要になるのです。この基礎の上に、「対人能力」は成熟するとしたら、最近の若者に対人能力の未成熟さが目立つのは、この基礎ができていないからであり、その基礎を学ぶ環境が失われているからなのです。それは、2歳までに他児と触れ合う環境なのです。

 対人能力の成熟は、他人とうまくやっていくために必要な社会的能力で、この能力が足りないと、社会生活がぎこちなくなったり、対人関係で大失敗を繰り返すことになります。社会的能力には、人間関係を築き、人の心を動かし、親しい人たちとの関係を豊かにし、他人に影響を及ぼし、周囲の人間をくつろがせる効果があるのです。

 もう一つ、社会的能力の優劣を決めるカギがあると言います。それは、共感したり、様々な感情を持っても、その自分の気持ちをうまく表現できるかどうかがあります。どのような感情をどのような場面で表出させるのが適切かに関する社会的合意が必要であると、それをエイクマンは「表出ルール」と呼びました。この表出ルールは、便化によって大きく異なる場合があると言います。いわゆる気持ちを「顔に出す」ということですので、時に日本人は、相手によって表情を顔に出すかを変えることが多いと言われています。このような表出ルールが文化によって違うのは、このルールはモデリングによって学習される場合が多いからです。子どもは、他人の行動を観察してルールを覚えるのです。

 子どもと相手をするときに、いつもポーカーフェイスでいるとか、または、いつも笑顔だけで接すると、表出ルールを学ぶことができなくなるのです。