調律

 基本的に、弦を使った楽器では、日が経過すると、その弦の張り方が少しずつずれていきますので、音を調整しなければなりません。それをピアノでは「調律」と言いますし、ギターなどでは「チューニング」すると言います。ほかにも、マンドリンやウクレレなどでもチューニングが必要になります。その調律が、「コミュニケーション用語集」の中に、「情動調律」という言葉が出てきます。その用語集によると、「相手の行動や状況から、相手の感情を推察し、その感情に対して反応する行動を情動調律といいます。」とあります。しかし、このような行動をなぜ情動調律というのでしょうか?それは、共感と違うのでしょうか?この言葉は、普段は聞くことがありませんが、心理学では、親が幼児に対して積極的に情動調律を行うことにより、幼児の人間関係における発達を促すと考えられています。また、何度も繰り返される情動調律によって、成人後の親しい人間関係に期待する情動の形を決めていくと言われ、その影響力は、たぶん子供時代のどんなドラマティックな出来事よりも強いだろうと考えられています。

 乳児は生後一年間の親(養育者)との交流から,自分の要求を親がどのように理解し、応じたかをもとにして親の特徴や対人情況のパターンに基づく世界像を発達させます。例えば、赤ちゃんがうれしそうな声を上げると、母親は赤ちゃんをやさしくゆすったり、何かささやいたり、赤ちゃんに合わせて高い声を出したりして、赤ちゃんのうれしい気持ちを確認し、肯定します。赤ちゃんの悲しい気持ち、不安な気持ち、怒りの気持ちを母親が調律してあげることがとても大切なことなのです。それは、子どもの興奮レベルに母親が合わせてやることが肯定のメッセージになっています。すなわち、赤ちゃんの気持ちに合うようにチューニングするのです。ささやかな情動調律の積み重ねが、母親と情緒的につながっているという安心感を赤ちゃんに与えます。

情動調律の反復によって、乳幼児は他人が自分の感情を共有してくれるという意識を発達させていきます。その意識は、乳幼児が他人と自分を区別できるようになる生後8か月ころから現れ、近親者との関係を通じて形成されていきます。この関係において、逆に、親の気持ちがイライラしていたり不安定な時は子どもにも大きく影響するということでもあるのです。特に、親子の間の欠如した状態が長期間続くと、子どもの情緒に重大な障害が現れると言われています。例えば、子どもが悲しんだり、喜んだり、抱きしめてほしいと思ったりしたときなどに、全く共感を示さない態度を続けると、子どもはやがてそうした感情を表に出さなくなり、感情を抱くことさえ避けるようにあります。
こうして、子どもは、近親者に抱く感情のレパートリーから様々な感情が欠落していくのだろうと考えられています。また、発達の節目の時、何らかの理由で発達の軌道が乱れた時子どもは自分の感情に振り回されるように大荒れすることがあります。しかし、子どもがコントロール不能状態に陥った時、周囲の身近な大人が情動調律をしてあげることで子どもは落ち着きを取り戻します。子どもにとって、もちろん母親との関係は大切ですし、その影響を大きく受けます。しかし、それは、母親しかだめなのか、逆に母親だけでいいのかというとそれも違います。

スターンは、こう語っています。「人間関係のモデルは、一生を通じていろいろな人間との付き合い、友達とか、親戚とかの中で修正されていくものです。ある時点でバランスが崩れても、後で修正がききます。人間関係は現在進行形で一生続くプロセスなのです。」