共感

 保育所保育指針に中の「情緒の安定」の内容?には、「一人一人の子どもの気持ちを受容し、共感しながら、子どもとの継続的な信頼関係を築いていく。」と書かれてあります。この「共感」というのは、とても大切なことであり、子どもたちの「フロー」という状態に対しても、「共感」が必要になります。子どもと一緒になって、常に今起きていること、子どもが現在直面していることに、一緒になって興味・感心を示すことが必要です。他人がどう感じているかを察する能力は、子育てや教育だけでなく、セールスや経営や恋愛、あるいは気配りから政治的行動にいたるまで、人生のありとあらゆる場面で必要になるとゴールマンは言います。

 この「共感」についてゴールマンは、「情動の自己認識の上に成り立つものである。」としています。「自分の情動に心を開ける人ほど、他人の気持ちも理解できる。」というのです。それは、当然のような気がします。自分に気持ちもわからない人に、人の気持ちを察することができないだろうということは容易にわかることです。ということは、EQという社会的知性のない人は、共感はできないということになるのです。それは、思いやりのもとになるすべての信頼関係は、こころの波長を合わせる共感から生まれるものだからと言います。

 では、相手の感情をどのようなことから知るのでしょうか?人間は、言葉や文字を使います。それによって、相手に感情を伝えているかというと、多くは、言葉以外のしぐさで表現される方が多いのです。声の調子、身振り、表情などの非言語メッセージから読み取っているのです。では、その能力はどのように発達するのでしょうか。それは、私の園の職員が動画をとって観察しているのですが、まさに、乳児のころからこの共感をしたかのような行動を示します。生まれてすぐ、泣いている赤ちゃんに隣の赤ちゃんが動揺するのを、共感の初出であると考える研究者もいます。そして、泣いている赤ちゃんにつられて泣き出すのを、周囲の人間の不安を自分の不安として感じる能力を持っていると言います。

 現在、それらの行為は、脳の中の神経細胞であるミラーニューロンの役割であることは分かり始めていますが、最初は、他人の苦痛に対する一種の「肉体的模倣」であり、その模倣によって自分の中にも同じ感情が起こると考えたのです。また、行動自体も、まだまだ自分と他人とも区別がつかず、相手の泣いている姿を見ることで、自分の目の涙をふくしぐさをするということから「運動模倣」と言いました。そして、その行為を「同情」するということと分けて、「共感」としたのです。子どもは、他人が困っているときに周囲の大人がどう反応するかを見て、共感学習していくだろうと考えました。そして、子どもたちは見たことを模倣しながら、共感のレパートリー、特に困っている人に手を差し伸べる感受性を育てていくのだと考えたのです。

 コーネル大学医学部の精神科医であったスターンは、子ども自身が、「自分の感情は、共感を持って受け止められている。自分は受け入れられ、相手にしてもらっている。」と感じるプロセスを、自己感の発達理論の概念として「情動調律」ということを提唱しました。。この情動調律は、養育者(特に母)と子どもとのやりとりのなかで無意識のうちに行われる相互行動としました。母親は子どもの内的な状態や情動を読み取り、子どもに対する刺激を調整するとともに、子どもの情動や注意水準を調整しその欲求を満たしつつ(情動準備性)子どもの不快を取り除くとともに子どものネガティブな情動を調整していきます。

 これは、ケアの内容でもあり、教育のベースにあるべきものです。