子どもにおけるフロー

ハーバード大学の心理学者であるハワード・ガードナーは、「フロー」に代表される心理状態を最も健全な教育方法の一つとして評価しています。その方法は、体罰に代表されるような脅しや、成績が上がったらゲーム機を買ってあげるというような褒美のような手段を使わずに、子どもたちを内面から動機付ける方法だからです。ガードナーは、「私たちは子どもの積極的な状態を利用して、それぞれの子が自分に向いている分野で学習に熱中するように導いてやらなくてはなりません。」と提言しています。そのために、「フロー」の状態を利用します。

 「フローは、子どもが自分に向いた課題に熱中して取り組んでいるときにあらわれる心理状態です。自分の好きなことを見つけて努力するのは大切なことです。子どもたちが学校でけんかしたりふざけたりするのは、勉強が退屈な時です。不安になるのは、課題が難しすぎる時です。でも何か興味を持てる対象があって、それに取り組むのが楽しく思える時、勉強はいちばんよく進むのです。」退屈する授業を我慢してじっと座っていることで忍耐力が付くのではなく、面白いことに取り組んでいるときに、その過程で我慢をしたり、待ったりすることで忍耐力というのが付くのです。

 ガードナーは、「知性の多重性理論」を展開したことでも有名です。この理論に基づいた教育を実践する学校があります。その学校では、一人一人の児童が持って生まれた能力を見つけ、強い部分を伸ばす一方で、弱い部分を強化する方針をとっています。音楽や身体動作の才能に恵まれている児童は、他の分野よりもこの分野で「フロー」を経験しやすいのです。児童の特性がわかっていれば、教師は教育テーマの出し方をその子の興味に合わせて微調整できるし、補習から難問にいたるまで、その子に最適なレベルの課題を与えることができるのです。そうすれば、勉強は恐ろしいものでもなく、退屈なものでもなく、楽しいものになると言います。その楽しさから、フローの喜びを体験することによって、新しいことにも挑戦しようとする意欲が生まれるのではないかと期待しています。

 私は、この「フロー」状態は、乳幼児期では子ども自らの欲求に含まれていると思っています。その欲求を適切に満たすことで、子どもたちはフロー状態を体験することになり、その体験から発達をしていくと思っています。しかし、いわゆる学校教育に組み込まれ始めると、子どもたちは学校ではなかなかフロー体験をすることはなくなっていくことが多いような気がしています。それは、いま行われている多くの授業は、子ども主体ではなく、大人からの押し付けが多いからでしょう。しかし、「フロー」を目指す教育は、情動を教育に活用する、より人間的で、より自然で、効果的な方法なのです。それは、情動を生産的な目標に向けて活用していく力こそ才能の総元締めになるとEQの提案者であるゴールマンは言います。

 ゴールマンは、「情動をコンロトールし、欲求の充足を我慢する能力も、自分の感情を志向の妨げでなく助けになるよう調整する能力も、目標から後退した時に自分を励まし耐えて挑戦し続ける能力も、自分自身を「フロー」状態へ導く方法を見つけて才能の向上を目指す能力も、すべて人間の努力を実りある方向へ導いていく情動のパワーを物語っている。」と言っています。

 情動という感情は、人を今まで生存させてくるために取った生存戦略としてとても大切なものです。同時に、それをその情動をコントロールする力も持っているようです。それを、どう引き出していくかが課題になるのです。