衝動

 ミッシェル教授がスタンフォード大学付属幼稚園で行った「マシュマロテスト」と呼ばれるものは、4歳の子に対して衝動を抑える力を調査するもので、「大人が戻るまでに目の前のマシュマロに手を出さなければごほうびとして2個あげるが、待てなかったら目の前にあるマシュマロを1個食べてもいい。」と言っていなくなるとどうするかと調査です。そして、その子たちの追跡調査をして、衝動を抑える力は、将来どう影響してくるかを研究したものです。その結果、衝動をおさえる子たちの成績が高かっただけでなく、衝動を抑えることのできなかった子の3分の1の子たちは、次のような姿が浮かび上がってきたそうです。

 青年期を迎えた彼らは、対人関係を避けようとする姿勢が目立ち、強情な反面優柔不断で、小さな挫折にも心の動揺を見せます。自分自身のことを「だめ」な人間、あるいは無価値な人間と考える傾向があります。ストレスを受けると、動けなくなったり、後退しやすく、疑い深く、自分が「恵まれていない」ことを恨み、嫉妬心を抱きやすく、感情の起伏が激しく、いらだつと過激に反応しやすいので、言い争いやけんかになりやすいなどの傾向にあったそうです。また、10年たっても、やはり彼らは、欲求の充足を先へ延ばすことができなかったそうです。

 この結果から見えてきたことは、この幼い時に少しだけ見えた特質は、年齢がいくにしたがってより広範な社会的・心理的能力となって開花するようです。衝動を抑える力は、あらゆる努力の基礎となり、目標を達成するのに必要な忍耐を維持しつつ目の前の誘惑から意識をさらす能力も持っていたのです。さらに、その後の調査でも、SATと呼ばれる大学進学適性試験の結果において、IQ値の高低よりも、2倍も忍耐強く待てるかどうかの方が影響していることがわかったのです。そして、衝動をコントロールできない子は、大きくなって非行に走る確率が非常に高かったそうで、この点でもマシュマロテストの方が、IQテストよりも正確に予言していたそうです。

 そして、何よりも大切なことは、IQは生涯変わることがなく、その人間の限界を表わすものだという説がある一方、衝動コントロールや社会状況の正確な読み取りなどに代表されるEQに関しては、学習可能と考えられています。目標を達成するために欲求を我慢する能力は、衝動の自己規制における本質的要素だと考えられているのです。

 このことが、以前ブログでも紹介した、飛行青少年を200人余り面倒見てきた裁判所の調査官が講演で話した、「彼らは、全員、一家団欒での食事をしてこなかった。一家団欒の一番の効果は、全員がそろうまで待つという力が付くことである。」ということに通じます。世の中が便利になり、何でも欲しいものが手に入り、少子化で親の子どもに対して手が届きやすくなり、子どもたちが我慢することが少なくなっています。だからと言って、ただ我慢させればよいかというと、そうではありません。食べたいマシュマロを眼の前に、おあずけをしているような、我慢させることをしつけるというようなことは、忍耐力という力にはなりません。目標を達成するために欲求を我慢するとか、衝動的行動をコントロールするという意味です。

 もう一つ、私の園で食事を、みんな揃うまで待ってから食べるというのは、待った結果、みんなで楽しく食べるという、いいことが待っているという希望があることです。ですから、食べ終わってから待つということはしません。「希望」というものは、人にとって、とても重要なことです。