待つ

 以前、不安の気持ちと成長の関係を調査したことがありました。その時に、子どもが何か不安を抱えているときには発達に影響するということがわかっただけでなく、職場にいる母親が不安を抱えたときには、園にいる子どもの発達に影響しているだろうということがわかりました。この関連は、成長に影響するだけでなく、俗にいう勉強にも影響します。情動ストレスが知性の明晰さをいかに阻害するかがわかっています。心に不安や怒りや憂鬱を抱えている生徒は、勉強が頭に入らないのです。これは、たぶん誰でも経験したことがあると思いますが、強い不快情動は意識を自己の関心ごとに向けさせ、それ以外のことを見えなくしてしまうのです。何をしていても特定の感情が顔を出して他のことが考えられない、注意を集中できないのです。

 認知科学で、当面の課題に関連する情報を頭にためておく知的能力である「作業記憶」という能力があります。作業記憶という能力は、電話番号の数字を一時的に記憶するというようなありふれたものから、小説家が思い描く物語の構想のように複雑なものまで、様々あります。この作業記憶は、人間の知的活動を取り仕切る最高の管理機能で、完結した文章で話したり、ややこしい論理的命題に取り組んだりするような、すべての知的活動を可能にしている働きをしています。この作業記憶が、情動が乱れて注意が集中できなくなるとうまく機能しなくなるそうです。それは、作業記憶を担当するのは、前頭葉皮質で、そこには情動が集まっている場でもあるからです。

 逆に、熱意や地震などプラスの動機づけは、目標を達成するうえで大きな役割を持ちます。試行し、計画を立て、高い目標にむかって訓練を受ける、問題を解決する、といった知的な能力を情動が阻害するか、助長するかによって、生まれた才能をどこまで発揮できるか、人生でどこまで成功するかが決まると言います。また、自分のやっていることに熱意や喜び、あるいは適度の不安のような情動による動機づけがあるかどうかによって、目標達成の度合いも違ってきます。

 私の園では、何かを始める前に子どもを待たせることをします。食事も、ほぼ全員がそろうまで待つことをします。それは、かつての一家団欒での食事の効果に、みんなが揃うまで待つということがあるからです。最近、子どもを待たせることを避ける傾向があります。子どもを待たせてはいけないということで、自分で準備ができた順に食事をしたり、ある人数がそろい次第食事を始めることが多いようです。しかし、情動をコントロールし、衝動を我慢する能力が人間にとっていかに基本的であるかが研究でわかり始めています。

 1960年代に、スタンフォード大学の心理学者ウォルター・ミシェルの研究によると、4歳の園児の時に待つことができた子は、青年となった時点でより高い社会性を身につけていたことがわかったのです。その研究は、4歳の園児の前に大好きなマシュマロを置いておき、それを食べないで一定時間我慢させるというものでした。その結果、我慢して待っていた子は、対人能力に優れ、きちんと自己主張ができ、人生の難局に適切に対処できる力がついていたのです。少々のストレスで破綻したり行き詰ったりすることが少なく、困難な課題にも進んで立ち向かい、難しそうだからといって投げ出したりしません。自分に自信を持ち、信頼に足る誠実さを持ち合わせており、いろいろなプロジェクトに率先して参加します。

 逆に待てなかった子には、いろいろな問題点が見つかったのです。