貢献

 人を悩ませるさまざまな感情があります。それは、人類が生き抜くための力でもあり、人類を滅ぼしてしまうほどの感情でもあります。そのために、人類はそれをコントロールし、それを乗り越える感情や知恵を持ってきました。その知恵は、人類が生き延びるための生存戦略であり、その知恵をもう一度見直す必要があります。というのは、その知恵は、必ずしも、誰でも持っているものではなく、生まれつき備わっているものでもなく、生きている中で、学んでいくものもあるのです。最近、うつ病患者が多くなったというのは、うつになる原因が世の中に多くなったということと同時に、それを乗り越える力が弱まってきたということもあります。その例からだけもわかるように、自ら自らの感情、情動をコントロールする力が弱まってきていることから、さまざまな現象が起きています。

 私の園の理念は、「共生と貢献」です。実は、この二つは、人類が感情をコントロールするときに有効的な行動でもあるのです。今まで様々な感情をコントロールするために気晴らしそするなど具体的な例を出しました。それは、タイスなどの調査で分かっていることですが、私は、その中のキーワードの一つに「一人」よりも、「他の人と」の関係で軽減されることがあります。自分自身を見つめることも他者との関係の中で行われますし、また、人からの多角的な評価が必要であり、一人きりでいるよりは、人の中で癒されることも多く、逆に、ストレスが多いけんかなどでも、子どものころから体験することで、それを調整する力が付きます。人は、他と共生していく生き物であり、それゆえにたと共生することで感情をコントロールすることができるのです。この共生は、私の園では、「他のものとの共生」ということで、共生する相手は他の人だけでなく、自然とか、身の回りのとの環境との貢献も含まれます。ですから、自然の中で癒され、木漏れ日の中での散歩は気分を落ち着かせます。

 もう一つ、「貢献」がありますが、これもとても人類にとっては重要な行為です。例えば、抑うつ状態からの脱出策として効果があるものとして「助けを必要とする人々に手を差し伸べる」ということがあるようです。抑うつは、自分についてくよくよ考え込むことがよくないのですから、苦悩を抱えている他人に共感を寄せて、自分自身から関心をそらす活動が効果的だからだと言います。リトル・リーグのコーチをする、ひとり親家庭の子どもを援助する、ホームレスのための炊き出しをする、タイスの調査の中では、こうしたボランティア活動に身を投じる行為は、気分転換として非常に効果的だったそうです。ただ、これを実行している人は非常に少なかったようです。

 以前、ブログでも紹介しましたが、なぜ人類は高齢者を生かしているかというかということが研究されています。多くの生き物は、生殖機能がなくなった時には、死んでしまいます。それに対して人類は、その後も何年も行きます。その主な理由は、高齢者に子どもの面倒を見てもらっていたからだという説が有力です。それは、「おばあちゃん説」とも言われる考え方で、そのために、面倒を見、感謝されることで免疫力が高まるということもわかっています。人は、他人に貢献することで、自らの免疫力を高めるのです。それは、情動をコントロールするうえでも、非常に効果的だったのです。

 これらの力を、知恵をつけることが教育の目的であり、それはEQという知性であることが提案されているのです。